仮想通貨

アバランチ:仮想通貨業界のスケーラブルなソリューション

avalanche scalable banner image

仮想通貨の領域は可能性に満ちており、それは金融ソースの代替としての仮想資産の創造にとどまりません。また、スマートコントラクトや分散型アプリ(dApps)といった他のデジタルサービスも提供しており、多くの仮想通貨愛好家が取引や投資活動に利用しています。

これらの高度な機能といえば、ネットワークが業界を支配していることから、イーサリアムが思い浮かびます。しかし、それに匹敵するブロックチェーン台帳が出始めており、その中にはアバランチ仮想通貨も含まれています。

BCT Postを閲覧しながら、この新進気鋭のブロックチェーン暗号資産についての情報を見つけてください。 

アバランチを知る

スケーラブルなブロックチェーンソリューションは、2020年に発表されたアバランチの主な焦点です。仮想通貨業界におけるその未熟な状態にもかかわらず、それはすぐに人気が上昇し、プレスタイム時点で68米ドルの価格で各トークンが販売され、約180億米ドルの時価総額へと急成長しています。   

歴史

発売前のアバランチは、2年前にKenvin Sekniqi氏、Maofan Yin氏、Emin Gün Sirer氏を中心としたコーネル大学の研究者グループによって紹介されました。同チームは2018年に「Team Rocket」というペンネームで、ネットワークプロトコルに関する基礎研究をInterPlanetary File System上で公開しました。

2020年3月までにAva Labsを立ち上げ、ブロックチェーンのスケーラビリティの問題を解決するための3ブロックチェーンソリューションを考え出しました。コンセンサスプロトコルもこの間にオープンソース化しました。

アバランチのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)は同年7月に終了し、その後、9月にローンチされました。 

AVAXトークン

ネットワークで使用されるネイティブトークンはAVAXと呼ばれ、手数料やステーキング、その他台帳が行うかもしれないガバナンスプロトコルの支払いに使用することができます。

マイニング可能なAVAXトークンは最大7億2000万個で、メインネットの立ち上げ期間中は3億6000万個のみ利用可能です。 

サブネットワークとプルーフオブステークアルゴリズム

アバランチ仮想通貨は、サブネットワークまたはサブネットによって検証されます。これは、取引のためにブロックチェーンをマイニングする際にコンセンサスを得るために協力するバリデータの動的なセットです。

AVAXホルダーは、いくつかのAVAXトークンをステークすることによってトランザクションを検証することができます。これはプルーフ・オブ・ステーク・アルゴリズムと呼ばれ、ビットコインのプルーフ・オブ・ワークの検証とガバナンスに比べ、エネルギー消費が少ないため、より実行可能なオプションとなっています。

ブロックチェーンの仕組み

ビットコインをはじめとするプルーフオブワークネットワークを含むブロックチェーンの3大問題は、相互運用性の欠如に加え、スケーラビリティとユーザビリティに関わる問題です。そのため、イーサリアムはよりスケーラブルな台帳を実現するためにプルーフ・オブ・ステークプロトコルに切り替えたのです。

しかし、アバランチ仮想通貨は、3つのブロックチェーンソリューションを提供することで、それをさらに推し進めました。これにより、スマートコントラクトやdAppsを含む活動と相性の良い、より高速なトランザクションレートを実現しました。

ネットワークは1秒間に少なくとも4,500件のトランザクションを処理することができます。これは、Avalancheの背後にあるメーカーがそう主張するように、業界で最速のスマートコントラクトプラットフォームの1つになります。 

3つのブロックチェーン

アバランチはブロックチェーン技術に対してユニークなアプローチをしています。そのネットワークは、プロセスを高速に処理するために3つの別々のブロックチェーンで構成されています。これらはすべて、ランダムなチェックを繰り返すことで取引の有効性の確率を高めるという考えで、互いに並行して動作しています。

以下は、AVAXネットワークのメインネットを構成するブロックチェーンです。

X-Chain

X-Chainブロックチェーンは、資産管理に使用される台帳です。コンセンサスプロトコルを用いて、ネットワーク全体の運営・管理を行います。 

C-Chain

スマートコントラクトやdAppsはC-Chainと呼ばれる別のブロックチェーンで管理され、トランザクションがボトルネックにならないように配慮されています。

P-Chain

バリデータは、P-Chainと呼ばれる別のブロックチェーンで調整されます。 

雪だるま式コンセンサスプロトコル

このプロトコルはC-ChainとP-Chainのみが使用します。プルーフ・オブ・ステークプロトコルと同様に機能しますが、チェーンに最適化されたコンセンサスプロトコルでブロックを使用し、完全順序処理のために線形ブロックを使用します。 

特徴

すべてのブロックチェーンは、「分散化」という重要な原則のもとに機能しています。これらの台帳の違いは、機能と暗号ソリューションに関して、何を提供できるかということにあります。 

スケーラビリティ

3つのブロックチェーンソリューションにより、ネットワークの拡張性は非常に高くなっています。1秒間に最大4,500件のトランザクションを同時に処理できるため、ネットワークの速度は議論の余地がなく、マイニングに大量のデータを必要とするスマートコントラクトやdAppsに有益です。 

相互運用性

このような相互運用を可能にする柔軟なプラットフォームを持つブロックチェーンは数少なく、その1つがアバランチです。つまり、相互運用性の機能があるため、異なるブロックチェーンがAVAXネットワークとデータを交換することができるのです。

セキュリティ

アバランチは、仮想通貨技術による強固で効率的なセキュリティを誇っています。ブロックチェーンの構造を損なうことなく、ネットワークへの攻撃にも耐えられる古典的なコンセンサスプロトコルを使用しています。 

最小限の手数料で迅速な取引

プルーフ・オブ・ステーク・コンセンサスを採用しているため、台帳に必要なガス代はイーサリアムネットワークに比べ、比較的に安価です。このため、高速な取引が可能であり、スピードを優先する投資家に適しています。 

アバランチウォレット 

アバランチ資産は、内蔵のノンカストディアルウォレットに保管することができます。これは、主要な取引所からカストディアルウォレットから資産を購入した場合とは異なり、あなたのデジタルAVAXトークンがあなた唯一の財産になることを意味します。

アバランチプラットフォームを通じてあなたのウォレットにアクセスするのは簡単です。コールドウォレットなので、インターネットに接続されている限り、アカウントを開くことができます。 

アバランチエクスプローラー

ユーザーは、アバランチエクスプローラーでAVAXネットワークの最新のブロックトランザクションを見ることができます。これはメインウェブサイトから簡単にアクセスでき、メインネットのトランザクションを追跡することに完全に特化したページにリダイレクトされます。

効率的で便利なのは、ユーザーが必要なものに応じてページをカスタマイズできるように、そのフィルタリング機能です。 

報酬体系  

アバランチネットワークのステーキングプロセスに参加するユーザーは、その報酬構造を通じてインセンティブを与えられます。ノードにはAVAXトークンが与えられ、受動的収入として、またはガバナンス投票に使用できる追加ステーキング報酬として使用できます。 

AVAXトークンはどこで購入できますか?

これらのトークンは、Binance、Gate.io、Uphold、Coinbaseを含むAVAXをサポートするさまざまな取引所を通じて購入することができます。また、アバランチウォレットを作成することにより、AVAXプラットフォームから直接購入することもできます。  

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,840.85 0.35%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,234.43 0.61%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 285.49 0.69%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.07%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.04%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.388696 2.85%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.097516 2.18%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.312371 0.98%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.896687 2.06%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。