仮想通貨

仮想通貨「Beam」を紐解く

beam coin crypto banner

仮想通貨が多くの人々の関心を集めていることから、多くの人が取引に最適なデジタル資産を探しています。ほとんどの仮想通貨愛好家は、ブロックチェーン上で匿名で安全な取引を可能にするトークンを求めており、プライバシーコインと呼ばれています。

その一例がBeam(BEAM)仮想通貨であり、強力なセキュリティシステムとMimblewimbleと呼ばれる革新的なブロックチェーン技術を備えているため、機密性の高い取引に適したデジタル資産となっています。その複雑さについては、BTC Postで詳しくご紹介しています。

Beam仮想通貨の簡単な背景

Beam(BEAM)仮想通貨は、Mimblewimbleという特別なブロックチェーン上で機能する、プライベートで匿名性の高い資産です。これは2018年3月に発表され、オンライン取引の匿名性、スケーラビリティ、トレーサビリティといった様々な問題を解決するために作られました。

Beam仮想通貨の主要な創設者には、Alexander Zaildelson氏、Alex Romanov氏、Amir Aaronson氏がいます。Zaildelson氏はプロジェクトの最高経営責任者(CEO)で、ソフトウェア開発の分野での経歴で知られています。また、P2Pファイル共有サービスを提供するNareosなど、さまざまなスタートアッププロジェクトを率いてきました。

Romanov氏は、CTO(最高技術責任者)で、仮想通貨分野ではまだ経験が浅いものの、多くのスタートアップ企業でソフトウェアを開発した経験を持っています。一方、最高執行責任者(COO)のAaronson氏は、Beamの一員であるだけでなく、イスラエルを拠点とする技術ソリューション企業Fitchなど、他のテクノロジー企業を共同設立した経験があります。

ビーム仮想通貨の現在のパフォーマンスは?

BEAMの時価総額は、執筆時点で6,200万ドルにまで達しています。現在の市場価格は0.62ドルですが、2019年1月28日には史上最高値の3.21ドルを記録しました。一方、その最安値は2020年3月13日の0.1483ドルでした。流通しているそのコインについては、最大で2億6280万トークンが供給されています。しかし、2021年2月の時点で流通しているのは8190万枚だけです。

仮想通貨「BEAM」の主な特徴

仮想通貨「BEAM」の主な特徴を紹介します。

独自のブロックチェーンを採用している

プライバシー機能が欠如しているビットコイン(BTC)と比較して、Beam(BEAM)はMimblewimbleと呼ばれる匿名性ブロックチェーンによってその問題に対処しています。これは、アドレスを持たないブロックチェーンプロトコルで、取引を暗号化して取引外の個人に知られないようにすることで、取引の機密性を保つものです。

Mimblewimbleを介した取引では、送信者が処理したいある資産の金額が、ブラインディングファクターによって暗号化されます。これは、送信者が選んだランダムな値で、受信者もその中から選ばなければなりません。受信者が送信者と同じような値を選択した場合、その取引は有効とみなされます。したがって、送信者は取引をよりコントロールすることができ、受信者に前述の値を通知するかどうかを選択することができます。

高いセキュリティレベル

BEAMでは、ネットワークの安全性を確保するために、大量のデータを一度に処理するEquihashプルーフ・オブ・ワーク(PoW)アルゴリズムを採用しています。その下で行われるすべての取引は、デフォルトではプライベートであり、関係者以外はブロックチェーン上の送信者や受信者に関するデータを見ることができません。アドレスなどの身元に関わる情報はブロックチェーン上に記録されないため、すべての取引履歴をプライベートに保つことができます。

効率的なスケーラビリティを備えている

Dash(DASH)やZcash(ZEC)のようなプライバシーコインの多くは、印象的なプライバシー機能を備えているにもかかわらず、スケーラビリティの問題に遭遇します。しかし、BEAMはPoWプロトコルによってソリューションを提供し、ダウンロードの高速化とデータの検証を容易にしています。BEAMのブロックチェーンは他に比べて小さいので、マイナーが取引に参加するのに便利です。現在、1秒間に16~20回のトランザクション(TPS)を行うことができます。

ユーザーフレンドリー

Beamプラットフォームは、モバイル機器やデスクトップ機器から簡単にアクセスできます。また、iOSやAndroidなど、さまざまなOSに対応しています。デザインは、洗練されたミニマルな外観で、初心者にもわかりやすいものになっています。

第三者を介さずに機密資産を交換できる

BEAMは、注目すべき仮想通貨であるだけでなく、仲介者を必要とせずに機密資産を交換できるため、分散型金融(DeFi)のプラットフォームとしても優れています。BEAMウォレットには分散型アプリケーション(dApp)ストアが組み込まれており、スマートコントラクトを含む様々な金融サービスに簡単にアクセスすることができます。

スマートコントラクトを活用している

Beam Shadersと呼ばれるこのプラットフォームのスマートコントラクトは、Beam Virtual Machine(BVM)を介して、さまざまなDeFiアプリケーションをそのすべてのノードとウォレットで機能させることができます。これは比較的新しい機能であるにもかかわらず、C++のプログラミング言語を一から使用しているため、同業他社の中でも優れています。

BEAM仮想通貨を取引できる場所

以下のいずれかの取引所サイトでBEAM仮想通貨を売買します。

Binance

2017年に設立されたBinanceは、ビットコイン(BTC)やBeam(BEAM)など500種類以上の仮想通貨を取引できる優れたオンライン取引所です。また、すべてのユーザーに仮想通貨ウォレットを提供し、電子資金を安全に保管することができます。 

Gate.io

Gate.ioは、2013年に中国で設立された、世界で最も古い仮想通貨取引所の1つです。その後、2017年にブランド名を変更し、短期間で成長した最大級の仮想通貨プラットフォームとなりました。彼らの最高のサービスは、初期交換公募(IEO)、仮想通貨取引、証拠金貸付です。

BiKi

最も安全な仮想通貨取引所の1つとして知られるBiKiは、現在350万人以上の登録ユーザーを抱えています。2018年に設立され、450以上の仮想通貨が掲載されています。これは入金手数料がなく、出金コストはサービスの種類や使用する通貨によって異なります。

BEAM仮想通貨でデータを安全に保つ

BEAM仮想通貨での取引は、類似のデジタルコインと比較して、より簡単で便利になりました。ブロックチェーン上の他のユーザーに個人データをアクセスさせることなく、よりプライベートで安全な取引を提供します。さらに、あなたはより効率的な方法で取引に関連するすべての詳細を管理することができます。今すぐBEAMへの投資を開始し、それに付随するすべてのメリットを享受しましょう! 

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,013.10 0.23%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,326.79 0.49%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.29%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.2%
  • bnbBNB (BNB) $ 273.10 0.32%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.446665 4.51%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.998673 0.15%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.441978 0.41%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.82 0.56%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.060439 0.43%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。