仮想通貨

ビットコインキャッシュ便利ガイド

btcpost bitcoin cash

仮想通貨の世界に初めて足を踏み入れる人にとっては、ビットコインXTやビットコインSVなど、名前にビットコインを含むコインが存在することに戸惑うかもしれません。「フォーク」と呼ばれるこれらのコインは、ビットコインのオリジナルのブロックチェーンに由来しており、長年にわたり、数多くのビットコインフォークが出現したにもかかわらず、ビットコインキャッシュがトップを維持しています。

ビットコインキャッシュがその他のビットコインフォークと何が違うのか、ここBTC Postで詳細を確認してみましょう!

ビットコインキャッシュの基礎知識

仮想通貨ビットコインキャッシュは、2017年8月に、仮想通貨の問題であるスケーラビリティを解決したいと考えたビットコインユーザーのグループによって作成されました。彼らは、ブロックのサイズをビットコインの1MBから32MBに増やすことで、ビットコインキャッシュがより多くの取引をより速い速度で処理できるようにするとともに、安い手数料を維持することでこれを実現しました。

ビットコインキャッシュが提案された当時、ビットコインの1ブロックあたりの総取引数は1,000〜1,500程度でした。日々のビットコインの取引量を考えると、この数では不十分で、ネットワークが遅くなったり、未処理の取引が積み重なったりしていました。

そこで、1ブロックに最大25,000件の取引が可能なビットコインキャッシュが開発され、ブロックチェーンのスケーラビリティが大幅に向上しました。

ブロックサイズが大きくなっただけで、ビットコインキャッシュのブロックチェーンは従来のものと同じように機能します。また、「ビットコインキャッシュ」という独自のコインがネットワーク内で稼働しています。

このビットコインフォークは、現在最も人気があり成功していますが、実はこの種のフォークとしては初めてではありません。2010年代前半には、「ビットコインXT」や「ビットコインクラシック」などの他のフォークがリリースされていますが、「ビットコインキャッシュ」ほどの成功を収めたものはありません。現在、BCHの価格は1,434ドルで、CoinMarketCapによると、時価総額では9番目に大きい仮想通貨です。

ビットコインとビットコインキャッシュの違い

ビットコインとビットコインキャッシュの主な違いの一つは、ブロックサイズです。ビットコインはビットコインキャッシュよりもブロックサイズが小さく、ビットコインキャッシュがリリースされた当初のブロックサイズが8MBだったのに対し、1MBしかありません。その後、より多くの取引をサポートするために、ブロックサイズは32MBにアップグレードされました。

ブロックサイズ以外のもう一つの大きな違いは、ビットコインのブロックチェーンで使用されているSegWitで、これによりトランザクションサイズが最大75%削減されました。SegWitが実装されると、1つのブロックに保存できるデータ量が制限されます。つまり、ブロックサイズの上限を増やすことなく、1つのブロックに詰めるデータ量を少なくすることで、取引時間を半分にすることができるのです。

BCHの使用方法

ビットコインキャッシュはビットコインそのものをベースにしているので、その用途も同じです。以下は、仮想通貨ビットコインキャッシュとその用途について知っておくべき詳細情報です。

送受信

ビットコインキャッシュの最も魅力的な特徴の1つは、人と人との間で直接お金を送ったり受け取ったりできることでしょう。銀行と比べて、ビットコインキャッシュは取引を処理するための第三者を必要としないので、より速く、より安く利用できます。

地球の反対側にいる人にお金を送りたい場合でも、低い取引手数料だけで簡単に送ることができます。さらに、相手がお金を受け取るまでに数日かかる銀行に比べ、わずかな時間で取引を完了することができます。

投資と取引

投資が好きな人であれば、ビットコインキャッシュは次の投資の選択肢となるでしょう。現在、仮想通貨の人気が急速に高まっており、ますます多くの人がその人気に便乗しています。しかし、ビットコインキャッシュは、長期的な投資商品としてのみ実行可能ではありません。仮想通貨市場は変動しやすい性質を持っているため、短期的にも利益を得ることができます。

他の仮想通貨と同様、ビットコインキャッシュはボラティリティが高く、多くのデイトレーダーはこれを、お金を稼ぐための絶好の取引と考えています。市場の仮想通貨価格の高値と安値を1時間単位で正しく予測することで、彼らはビットコインキャッシュのようなアルトコインから多くの利益を得ることができます。

しかし、投資の初心者は必要以上にお金を使ってしまいがちで、時には大損をしてしまうこともあります。収入のうち、失ってもよい部分だけを使うことを忘れないようにしましょう。

ビットコインキャッシュの入手方法

仮想通貨ビットコインキャッシュに興味をお持ちの方は、様々な方法で入手することができます。

取引所サイト経由

仮想通貨ビットコインキャッシュに興味をお持ちの方は、様々な方法で入手することができます。

取引所サイト経由

これは、迅速かつ信頼性が高いため、ビットコインキャッシュを入手する最も一般的な方法です。ビットコインキャッシュや、イーサ(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコイン(BTC)などの他のアルトコインを提供する仮想通貨取引所は幅広い選択肢があります。さらに、自国の通貨を使ってBCHを購入したり、他の仮想通貨に交換することもできます。

試すことができる最も信頼できる取引所をご紹介します。

Binance

Binanceでは、ETH、BTC、DOGE、BNB、XRPなど、さまざまな仮想通貨の取引が可能です。取引量に関しては、世界最大の仮想通貨取引所とされています。

Coinbase

Coinbaseは、2012年に設立されたアメリカの仮想通貨取引所であり、取引量ではアメリカ最大の暗号化取引所です。Coinbaseのサポートしているアルトコインには、ADA、EOS、ETHなどがあります。

Through crypto ATM

これは、仮想通貨取引所を利用したくない場合に、BCHを購入する便利な方法の1つです。仮想通貨ATM機は銀行のATMと同様に動作します。銀行カードや現金を使って、BCHやその他のアルトコインを購入することができます。

直接購入

他のアルトコインとの交換でBCHを購入できるオンラインプラットフォームはたくさんありますが、その中の1つに、他の人から直接暗号を購入できるピアツーピアのマーケットプレイスがあります。

ここでは、最も信頼できるP2Pマーケットプレイスをいくつか紹介しますので、試してみてください。

Binance P2P

Binanceは、取引量が最大の仮想通貨取引所であることで知られています。しかし、サイトで利用できる仮想通貨の数とは別に、ビットコイン(BTC)、バイナンスコイン(BNB)、バイナンスUSD(BUSD)、イーサリアム(ETH)、およびその他のアルトコインを別のユーザーと直接取引できるP2Pセクションも提供しています。

Remitano

Remitano取引所は、2016年に南アフリカとナイジェリアの市場に焦点を当てて作られましたが、世界中の誰もがアクセスできるサイトです。送金手数料は1%のみで、仮想通貨の種類ごとの追加手数料はありません。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,311.48 1.07%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,059.37 2.96%
  • tetherTether (USDT) $ 0.999790 0.22%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.07%
  • bnbBNB (BNB) $ 215.36 1.46%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.14%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.312580 0.16%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.446586 0.33%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.50 1.34%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065469 0.51%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。