仮想通貨

ビットコインSV: 注目のビットコインフォークについて

2009年にビットコインが登場して以来、仮想通貨の世界は大きく変わりました。様々なデジタル資産が登場し、世界の通貨システムに変化をもたらしており、そのなかにはオリジナルのビットコインのブロックチェーンから派生したビットコインフォークがあります。

今日現在、最も注目されているビットコインフォークは、ビットコインXT、ビットコインキャッシュ、ビットコインSVの3つの仮想通貨です。BTCポストでは、ビットコインSVの他の仮想通貨との違いをご紹介していきます。

ビットコインSVの概要

2017年、ビットコインのブロックチェーンは2つの別々のチェーンに「フォーク(分岐)」し、オリジナルのものよりも高いブロック制限を持つビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。オリジナルのビットコインチェーンは、マイニングプロセスを高速化するためにSegregated Witness(SegWit)を採用しましたが、ビットコインキャッシュは拡張性の問題を解決するためにブロック制限を8MBに増やしました。

しかし、2018年、ビットコインキャッシュのコミュニティは、ブロックの上限をさらに32MBに増やしたいと考えていました。オーストラリアのコンピューターサイエンティスト、クレイグ・ライトが率いる一派はこの動きに反対し、その結果、Bitcoin Satoshi Visionの略であるビットコインSV(BSV)が誕生したのです。BCHブロックチェーンはブロック増加を進めましたが、BSVは18MBの制限を維持ししました。

BCHとBSVの違い

ビットコインキャッシュは、スケーリングに関する争いを解決するためにオリジナルのビットコインブロックチェーンをハードフォークした結果です。ビットコインコミュニティにとって、SegWitアップデートの実装は、ビットコインブロックチェーン上の処理を改善するのに充分なものです。一方、もう片方のグループは、ブロックサイズを大きくすることでより優れた拡張性が達成されると考えていました。ブロックサイズ以外のビットコインキャッシュの仕組みはビットコインと同じです。

一方、ビットコインSVは、BCHネットワークの技術的なアップデート案をめぐってビットコインキャッシュからハードフォークされた製品です。この提案には、各BCHトランザクションを特定の順序で配置することを要求するCTOR(Canonical Transaction Ordering)が含まれています。提案に含まれるもう一つの更新は、OP_CHECKDATASIGで、これは非現金取引を提供し、BCHにスマートコントラクト機能を与えるものです。

BCHコミュニティは、提案されたアップデートに対して充分なセキュリティが確保されておらず、現金以外の取引を提供することで仮想通貨としてのビットコインの使用方法を変えるだけだと主張しました。

結果、BCHコミュニティの一部がグループから分裂し、ビットコインキャッシュネットワークから自分たちのブロックチェーンを生み出すこととなりました。

ビットコインキャッシュもビットコインSVも、手数料を最小限に抑えた電子決済システムというビットコインの原案に忠実であると主張していますが、時価総額の点ではビットコインに及ばないのが現状です。しかし、仮想通貨コミュニティにとってこれらが魅力的なのは、ビットコインよりも多くの取引を短時間で安価に処理できることです。

ビットコインSVの今

2018年のビットコインSVの立ち上げ以来、ビットコインフォークは、オリジナルのビットコインデザインを復元するという目標に忠実であるためにさまざまな変更を行ってきました。2020年2月、ビットコインSVは、トランザクションサイズ、スクリプトサイズ、マルチシグネチャ使用、ブロックサイズの制限など、ビットコインプロトコルのすべての制限を撤廃するジェネシスアップデートをローンチしました。

ソフトウェア開発者は、信頼性の高いプロトコルと無限のブロックサイズを持つブロックチェーンを特徴とするBSVブロックチェーン上で、さまざまなアプリケーションを開発することができます。

ビットコインSVに期待すること

ビットコインSVのシステムは4つの柱で構成されており、ユーザーに印象的で利用しやすい仮想通貨を提供しています。ここでは、ビットコインSVの特徴をご紹介します。

安定性

ビットコインSVの目的は、ネットワークでの高速な取引を実現するためにユーザーに確実な安定性を提供することです。これにより、企業は安定性の問題なくビットコインSV上で事業を行うことができます。ビットコインの元のプロトコル設計を復元するための変更をいくつか加えることで、ビットコインSVは安定したベースプロトコルを実現するだけでなく、その上でのイノベーションを可能にします。

さらに、ビットコインプロトコルが復活したことで、企業はビットコインSVネットワーク上で運用しながら、スマートコントラクト、トークン化、アトミックスワップなど、数多くのソリューションを実装することができます。

拡張性

世界的な通貨システムとして繁栄するためには大量の取引が必要です。ビットコインSVの場合、1秒間に2,800件の取引が可能であることは、マイナーの取引手数料を向上させ、企業がBSVを利用する上で有利に働きます。また、スマートコントラクトの適用も可能になります。

安全性

世界的な通貨であるビットコインSVは、高度なセキュリティを備えた安全なプラットフォームを仮想通貨ユーザーに提供しています。ネットワーク上で行われた変更が承認される前に検証プロセスを経ることを保証するために、完全なトレーサビリティーを備えた一連のテストフェーズを利用して厳格な品質保証を行っています。

セーフ・インスタント・トランザクション(SIT)

ビットコインSVは、オンライン業者だけでなく実店舗での利用も想定しています。これを可能にし、価格の変動を防ぐために、ネットワークにはセーフ・インスタント・トランザクション(SIT)が実装されています。SITでは、取引は99%の確率で瞬時に検証され、次のブロックにアップロードされます。

ビットコインSVの購入方法

BSVの購入は簡単で、いくつかのステップを踏むだけで迅速かつスムーズに購入することができます。ここでは、以下の手順をご紹介します。

1. 信頼できる取引所を決める

仮想通貨のウォレットと同様に、オンラインで利用できる仮想通貨取引所も多岐にわたっています。安心して利用できるように、セキュリティレベルの高いものを選ぶようにしましょう。

以下はBSVに対応している取引所です。

OKEx

OKexは2017年に設立された香港の取引所です。140種類以上の仮想通貨と豊富な取引ペアを提供しており、プラットフォームを利用することで、より多くのデジタル資産を見つけることができます。

Huobi

Huobiは、現在はセーシェルに拠点を置く中国の取引所プラットフォームです。2013年に設立され、300以上の仮想通貨を提供しています。この取引所のプラットフォームは、どのようなモバイルデバイスでもダウンロード可能です。

2. ビットコインSVトークンの出金

BSVを入手したら、安全性を確保するためにお好みのウォレットに移すのが理想的です。取引所の口座に置いておくのではなく、できるだけ早く移すべきです。

今すぐビットコインSV取引を始めよう

ビットコインSVとその特徴についてご理解いただけたと思います。今すぐ取引を開始して、この仮想通貨の魅力をもっと見つけていってください。ビットコインSVから始めることで、仮想通貨の知識を最大限に活用しましょう!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 37,807.00 3.93%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 2,350.01 4.15%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.18%
  • binance-coinBinance Coin (BNB) $ 354.66 1.99%
  • cardanoCardano (ADA) $ 1.48 3.63%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.304246 2.79%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.843225 1.88%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.28%
  • polkadotPolkadot (DOT) $ 22.34 6.83%
  • uniswapUniswap (UNI) $ 21.68 5.04%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。