仮想通貨

第三世代の仮想通貨Cardanoを理解する

cardano crypto banner

Cardanoは、ビットコインとイーサリアムの両方の機能を組み合わせた第3世代の仮想通貨と考えられています。その独自のブロックチェーン技術は、一度に同時取引を行うことができるプルーフ・オブ・ステークプロトコルを利用しており、現在市場に出回っている他のアルトコインとは一線を画しています。さて、Cardanoは他には何を仮想通貨業界にもたらしてくれるのでしょうか?

仮想通貨Cardanoの詳細と、それがブロックチェーン技術にどのような革命を起こそうとしているのかについては、こちらをご覧ください!

Cardanoとは?

他の仮想通貨と同様、Cardanoは安全なネットワークを介してユーザーがシームレスに資金を送受信できる、金銭取引に利用できるブロックチェーンプラットフォームです。

このブロックチェーンが競合他社と異なる点は、数学的原理とコンセンサス・メカニズムに基づいた独自のマルチレイヤー・アーキテクチャにあります。この仮想通貨を支えるチームは、ビットコインやイーサリアムのスケーリング問題を解決し、改善することを目指しています。

この仮想通貨の2層構造のブロックチェーンを通じて、ユーザー同士の取引、分散型アプリケーション(dApps)の開発、スマートコントラクトの実行を同時に行うことができます。スマートコントラクトとは、ブロックチェーンに直接書き込まれた条件や合意事項を持つ自己実行型の契約のことです。また、dAppsとは、ブロックチェーン上に存在し、実行されるデジタルプログラムのことです。

Cardanoのはじまり

2017年にリリースされたカルダノは、2年分の科学的研究に基づいた、初の査読付きブロックチェーンです。この仮想通貨の開発者には、エジンバラ大学や東京工業大学を含むさまざまな大学の学者、科学者、ブロックチェーンの専門家が含まれています。

これはイーサリアムの共同創業者であるチャールズ・ホスキンソン氏が、ビットコインやイーサリアムが抱えるスケーラビリティの問題を取り除いた、より優れたブロックチェーンとスマートコントラクトのプラットフォームを作るために構想したものです。イーサリアムの運用管理を担当していたジェレミー・ウッド氏の協力を得て、専門のエンジニアや暗号技術者とチームを組み、Cardanoのホワイトペーパーを作成しました。

現在、Cardanoはプロジェクトを俯瞰する、The Cardano Foundation、Input-Output Hongkong、そしてEMURGOの3つの組織によって支えられています。しかし、これらの組織は、Cardanoを所有しているわけではなく、マーケティング戦略、プロトコルの研究開発、資金援助などを通じてプロジェクトをサポートしています。

Cardanoブロックチェーンの仕組み

Ouroborosプルーフ・オブ・ステーク・プロトコルによって実現されたCardanoブロックチェーンには、2つのコアコンポーネント、ユーザーがADAコインを相互に取引する口座の単位として機能する「Cardano決済層(CSL)」と、スマートコントラクトを実行する「Cardano計算層(CCL)」が存在します。

Ouroborosプルーフ・オブ・ステーク・プロトコル

Cardanoの公式サイトによれば、Ouroborosは、仮想通貨分野の専門家による査読付きの研究に基づいた「初の証明可能な安全なプルーフ・オブ・ステーク・プロトコル」です。ノード運用者は、ブロックチェーンのマイニングや取引の検証などのネットワーク活動を行うことで、ADAコインという形で報酬を受け取ります。

さらに、Ouroborosのプロトコルでは、ブロックチェーンを「エポック」と呼ばれる時間的に重要な期間に分割します。ネットワークは、ステークプール内のノードまたはスロットリーダーを選択して、特定のエポックのトランザクションを作成または確認します。

理論上、Cardanoのブロックチェーンは、各エポックを無限に分割することができるため、スケーラブルです。これにより、ブロックチェーンは、プロトコルでネットワークに負荷をかけることなく、様々なユーザーからのトランザクションを一度に処理できる柔軟性を備えています。

このコードでは、さまざまなプロトコルを同時に実行できるため、ブロックチェーンの機能性が向上します。その結果、仮想通貨コミュニティの高まるニーズに、より注意を払って対応することができます。

このシステムでは、プルーフ・オブ・ワーク・プロトコルに必要な過剰な計算能力を必要とせず、安全でエネルギー効率の高いプロセスによってバリデータを選ぶ客観的な方法が保証されています。

2層構造ブロックチェーンアーキテクチャ

Cardanoのブロックチェーンは、他の暗号ネットワークとは一線を画しています。ADA取引の決済とスマートコントラクトの作成を、2層構造のブロックチェーン上で同時に行うことができるため、ネットワークの処理速度が高くなっています。

ブロックチェーンの第1層では、CSLがユーザー間のADA関連取引をすべて検証し、記録します。この層は、すべてのADAの取引とトレードを記録するバランス台帳として機能します。

第2の層は、ネットワークのすべての開発を扱います。この層では、開発者がスマートコントラクト、プロトコル、ネットワークのサービスを多様化する分散型アプリケーションを作成することができます。

ビットコインとイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決する

ビットコインなど、Cardanoに先行する他のアルトコインはいずれもスケーラビリティの問題に直面していました。ほとんどの第一世代、第二世代の仮想通貨のブロックチェーンは、コインをマイニングしたり、1つのトランザクションを実行したりするために大量のリソースとエネルギーを消費します。

プルーフ・オブ・ステーク・プロトコルは、慎重な選択プロセスによってこれを解消します。つまり、Cardanoネットワークは、長期的には暗号産業に利益をもたらす、よりエネルギー効率の高い持続可能なネットワークを提供しているのです。

この独自の設計により、ブロックチェーンプロトコルのセキュリティ、スケーラビリティ、互換性が向上し、金融業界や機関に対応できるようになっています。これは、レガシーの金融システムと同等に、グローバルな規模で利用できることを意味しています。

Cardanoは、先行するアルトコインが開発した伝統的なプロトコルを実行することで、金融機関やFacebookやGoogleなどのデータインフラ提供者からの大規模な取引に対応することを目指しています。

ただし、Cardanoはまだ黎明期にあるため、具体的な活用例は限られています。ブロックチェーンの本格的な展開は、バイロン、シェリー、ゴーグエン、芭蕉、ヴォルテアという5つの時代に分けて予定されています。

現在、Cardanoは2020年7月にバイロンからシェリーの時代に完全に移行しています。これは、ブロックチェーンがプルーフ・オブ・ステークシステムのネットワーク実装に成功したことを意味します。

Cardanoが進歩するにつれ、より多くのノードが運営され、コミュニティで活用されるようになります。ゴーグエン時代の展開が決まった今、ネットワークはスマートコントラクトやdAppsをブロックチェーン上に統合し始めます。

さらに、Cardanoのブロックチェーンプロトコルは、様々な分野、特にビジネスや金融の世界に金融サービスを提供することを目指しています。これは、政府が様々な規制を求める中で、金融機関と暗号産業の間のギャップを埋めるのに役立ちます。

Cardanoは、その野心的な計画のために多くの課題や批判に直面してきましたが、この仮想通貨が将来的に変化と革新の波を起こすことは間違いありません。

Cardano仮想通貨の最新情報は、BTC Postでお届けします!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 20,189.00 4.24%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,144.45 4.57%
  • tetherTether (USDT) $ 0.997936 0.16%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999712 0%
  • bnbBNB (BNB) $ 238.10 6.44%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.09%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.322858 2.63%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.457634 2.29%
  • solanaSolana (SOL) $ 36.22 8.22%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.067706 2.8%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。