仮想通貨

ファイルコイン:ブロックチェーンの力をデータストレージに最適化する

Filecoin Power Banner Image Main 1280x720

インターネットの登場とビットコインの発明により、あるもの、つまりデータを支配しようとする技術系企業間の内部抗争が始まっている。おわかりのように、大企業はデータの配布、処理、消費の方法を完全にコントロールしています。その結果、クラウドストレージやファイル共有のような業界は中央集権に振り回されることになります。代替手段を持たないユーザーは、高い料金を支払い、企業の不当な条件やポリシーに従わなければならないのです。

このため、安全でセキュアなファイルストレージの重要性は大きな関心事となっています。しかし、ファイルコイン仮想通貨のおかげで、より良いデータストレージソリューションが手の届くところにあるのです。投資家やインターネットユーザーにどのような機能を提供するのでしょうか?以下、それらについて調べてみましょう!

仮想通貨ファイルコインの定義

ファイルコインは、ピアツーピア(P2P)分散型ストレージ、仮想通貨、デジタル決済システムです。ネットワークユーザーが大金をかけずに未使用のハードディスクスペースをレンタルできる、ブロックチェーンベースのデータストレージプラットフォームを目指しています。

2017年8月、ファイルコインはProtocol Labsによって考案され、ローンチされました。その際、最大規模の資金調達ラウンドとされる200,000,000米ドルを30分以内に調達し、国際的に話題になりました。これに伴い、Andreessen HorowitzやSequoiaなどの企業やベンチャーキャピタルから関心と支持を受けるようになりました。

このネットワークは、IPFS(InterPlanetery File System)アーキテクチャで動作しています。コンテンツ・アドレッシングにより、すべてのデータソースを接続し、ファイル共有とデータ保存のプロセスを高速化する。サーバーにデータを要求するハイパーテキスト転送プロトコル(HTTP)とは異なり、IPFSは暗号ハッシュを使用してブロックチェーン内に恒久的に記録されます。

参考までに、あなたのファイルは、どこでホストされているかに関係なく、利用可能でアクセス可能なままです。 

FILトークンのマイニング:どのように機能するのか?

ビットコイン、ライトコイン、ドージコインなどの人気のある仮想通貨では、そのネットワークはプルーフ・オブ・ワーク・ブロックチェーン上で動作します。ここでは、マイナーが有効な英数字コードを計算し、第三者やカストディアンなしで取引を確認します。しかし、ファイルコインのネットワークでは、マイニングは大きく異なっています。

ファイルコインには、ティッカーシンボル「FIL」を持つネイティブトークンがあります。マイナーになると、ネットワーク内にユーザーのファイルを保存することで、FILトークンの分け前を得ることができます。つまり、データの検索や保存サービス、コンテンツの提供を行えば、報酬としてFILを請求する資格を得ることができるのです。

ファイルコインのエコシステム内では、マイナーはデータストレージの最安値を提供することで互いに競争しています。ネットワークユーザーに提供する信頼性とストレージの価格によって評価され、判断されます。

破損または損傷したファイルに関して言えば、ファイルコインの開発チームは、同様の問題を解決するために修復マイナーを含めることを目指しています。 

ファイルコインのメリット:何に対応しようとしているのか?

ファイルコインの仮想通貨投資家になることは、特に投資とブロックチェーンの可能性を同時に最大化したい場合、大きな利点となります。ネイティブトークンであり、分散型ストレージであるため、リターンを享受しながら、安全で手頃な価格のファイル共有をようやく利用することができます。

FILトークンに投資し、そのプラットフォームを利用すれば、具体的に何が解決するのでしょうか?以下、そのメリットを詳しく見ていきましょう。

オープンな市場にアクセスできる

ファイルコインネットワークでは、検索取引とファイルストレージはオープンマーケットで宣言されています。つまり、ネットワークに参加したい場合、仲介者の許可は必要ありません。ストレージプロバイダーになるには、安定したインターネット接続と予備のディスクスペースが必要なだけです。 

競争力のある価格を利用する

Amazon Web Services、Google、Microsoftといった巨大テック企業に比べ、データストレージの価格は、企業の価格管理によって左右されることはありません。マーケティングやPR戦略を浴びせる代わりに、マイナーは信頼性、スピード、価格など、さまざまな点でユーザーを獲得するために競争することになるのです。 

検閲されない

ストレージプロバイダーは自分たちの都合でサービスを差し止めることができるので、データ漏洩やファイルの削除が可能であることは間違いありません。しかし、FILトークンに投資を始めると、検閲への抵抗力を手に入れることができます。中央当局が存在しないため、誰もあなたのファイルやセンサーデータを許可なく削除する権利を持ちません。

ファイルコインのエコシステムは、世界中の組織や人々によって監督された様々なコンピュータで構成されています。万が一、悪意ある行為やネットワーク攻撃が行われた場合、保存されているファイルの安全性を確保するために、それらは直ちに削除されます。 

セキュリティの向上

2012年、人気のクラウドストレージ企業であるDropboxが、データ流出の被害に遭いました。約3分の2の顧客の個人情報が流出し、顧客の身元や個人情報が危険にさらされたのです。また、同社の従業員が暗号鍵にアクセスし、ユーザーのファイルを解読・閲覧しているとの疑惑も浮上しました。

ファイルコイン仮想通貨に投資することで、このような事態に対処することができます。同社のプラットフォームの分散化された性質のおかげで、同社のブロックチェーンソリューションは、データをより小さなチャンクに分割し、暗号化した後に様々なノードに保存することに重点を置いています。秘密鍵を持つユーザーのみが、それらを組み立て直し、全体としてのデータを閲覧する権利を持ちます。 

仮想通貨ファイルコイン:データの非中央集権化のすべて

様々なクラウド企業の台頭により、ユーザーはデータストレージにアクセスしやすくなりましたが、価格の高さやネットワークの脆弱性は依然として大きな懸念材料となっています。巨大なハイテク企業がデジタル時代の未来を支配し、指示している今、あなたのようなユーザーにはどんな選択肢が残されているのでしょうか?

しかし、FILトークンへの投資を始めると、ブロックチェーンベースのデジタルストレージにアクセスすることができるようになります。そのオープンマーケット、オープンソースコード、マイニングプロトコルにより、参加者は受動的な収入を維持し、二酸化炭素排出量を一度に削減することができるのです。ファイルコインは、その革新性と将来のプロジェクトで、次の年に大規模な発展を迎えることが期待できます。FILトークンに今すぐ投資し、BTC Postで最新情報を追いましょう!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,429.81 3.25%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,058.56 6.3%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.02%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999337 0.16%
  • bnbBNB (BNB) $ 210.96 4.25%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.42%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.318929 3.5%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.451734 3.73%
  • solanaSolana (SOL) $ 31.80 9.76%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065165 0.57%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。