仮想通貨

ライトコイン:ビットコインの金に対する銀

litecoinbannermain

2009年に取引が可能になったビットコインは、従来の通貨システムが抱えるさまざまな問題を解決し、アルトコインと呼ばれる他のオンライン通貨が誕生するきっかけとなりました。初期のアルトコインとして知られているのがライトコインで、多くの仮想通貨が試みたようにビットコインに対抗するのではなく、ビットコインを補完する目的で作られました。ライトコインの生みの親であるチャーリー・リー氏は、「ライトコインは、ビットコインの金に対する銀である」と述べています。

ライトコインの歴史:誕生までの経緯

2011年に誕生したライトコインは、デジタル通貨界で最初に登場したアルトコインの一つです。ライトコインは、ビットコインの自然な実用性を補完するために作られたもので、ビットコインに欠けていたアクセス性や取引プロセスの高速化などを実現しました。

最初の仮想通貨であるビットコインのコードは、いくつかのアルトコインがそれぞれの特徴に合わせて再利用しています。しかし、リー氏はビットコインとほぼ同じプログラムとコードでライトコインを作りました。スピード、ブロックサイズ、取引手数料など、ビットコインに欠けていた部分を補うために、いくつかの機能のみ追加されています。

リー氏は2つの通貨を似たようなものにした理由について、「すべてのコードには理由があり、改善する必要があると考えているので、コードの構造を変えるリスクを冒したくなかった」と説明しました。

ライトコイン:その仕組みとは?

ライトコインの仕組みを理解する前に、まずその基盤となる技術であるブロックチェーンを知る必要があります。このオープンな分散型の台帳は、すべての仮想通貨の取引を記録し、データをブロックに保存して、それを別のブロックにつなぎ合わせて情報の連鎖を作ります。そのため、サイバー犯罪者がデータを改ざんすることは不可能です。

従来の銀行との取引とは異なり、ライトコインをはじめとする仮想通貨は、e-walletを使った暗号化によってユーザーの情報を安全に守ります。ウォレットの公開アドレス以外の個人情報は必要ないため、ライトコインを使ったすべての取引は仮名での取引とされます。

さらに、他の通貨と同様に、ライトコインも複雑な数学的方程式を解くことで採掘されます。あらゆる意味で、ライトコインはビットコインをモデルとした他の仮想通貨と同じように機能します。

ライトコイン:問題解決の糸口を見つけるために

ビットコインには、革命的な側面、形勢を一変させるような機能、最初の仮想通貨としての地位がある一方で、いくつかの分野、特にスピードでまだ課題があります。ビットコインで取引を処理するには、長い時間がかかります。変動の激しい通貨であることを考えると、取引が完了するまでに価格が変わっている可能性もあります。

ここで登場するのがライトコインです。ビットコインのようにブロックタイムが10分ではなく、ライトコインは4倍の速さで、2.5分以内に取引を処理します。このようなスピード感は、ボラティリティーや急激な価格変動の余地を狭めます。

より良い暗号資産: ライトコインを使うメリット

ライトコインをポートフォリオの一部に加えようと考えている方に、納得していただけるようなメリットをいくつかご紹介します。

トランザクションの高速化

ライトコインは、2017年からずっとSegregated Witnessと呼ばれるアップグレードされたトランザクションフォーマットを使用しています。このフォーマットが何を可能にするかというと、情報を2つのセクションに分離することで、トランザクションを高速化します。

その結果、1つのブロックに含まれるデータ数が少なくて済むため、一度に多くの取引を行うことができます。迅速な取引を望む人にとっては、より好ましい選択肢と言えるでしょう。

より安価な選択肢

ビットコインが1回の取引につき2ドルであるのに対し、ライトコインは約20セントの支払いで、迅速かつ簡単に処理することができます。このレートであれば、些細な取引にはライトコインを使い、ビットコインはより大きな投資のために取っておくことができます。

簡単にアクセス可能

ライトコインは、登場以来、暗号資産領域で人気を博しています。この人気を受けて、ますます多くの企業がライトコインの価値を認め、オンライン取引の支払いにライトコインを利用するようになりました。本稿執筆時点では、暗号資産市場で14位にランクインしています。

ライトコインは、バイナンスやジェミニなどの信頼できる取引所プラットフォームで購入することができます。また、ライトコインを使って、CheapAirやCryptopetで商品を購入することもできます。

シンプルなアルゴリズム採用

非常に複雑なアルゴリズムを使用する他の仮想通貨とは異なり、ライトコインはスクリプトと呼ばれるシンプルなアルゴリズムで運用されているため、マイナーが数学的問題を解決して取引を処理することが容易になっています。それはさておき、ライトコインのシンプルなアルゴリズムは、マイナーがシンプルなコンピュータで処理することも可能にします。これにより、ユーザーは高価なマイニング機器でポケットに穴を開けることなく、マイニングプロセスに参加する機会を得ることができます。

ライトコインの投資、取引、購入、保管について

ライトコインCFDで取引する

ライトコイン(LTC)を取引するには、特定の期間におけるコインのパフォーマンスに賭けることができる差金決済取引(CFD)を購入します。つまり、CFDに参加する際には、特定のコインの価値が上がるか下がるかを予測する必要があります。予測が正しければ、事前に合意した金額を受け取ることができ、負ければ、契約に参加している他の人に支払わなければなりません。

安く買って高く売る

ライトコインに投資する最も賢明な方法は、価格が低いときに購入し、市場で価格が上昇するのを待つことです。様々なサイトや取引所プラットフォームにアクセスして、仮想通貨市場の動きを把握しましょう。

e-walletでライトコインを保管する

ライトコインの使用を開始する前に、まずトークンを保管するための電子暗号ウォレットを用意する必要があります。ライトコインに最も適したウォレットは、Ledger Nano S、Trezor T、Electrum LTCです。お好みのウォレットを選んだら、さまざまな取引所プラットフォームでトークンの購入を開始できます。

ライトコインの購入場所

ライトコインは、利用可能な、ほぼ全ての取引所プラットフォームで購入できます。これには、バイナンス、クラーケン、ビットパンダ、コインベース、コインママが含まれます。自分のニーズに合ったプラットフォームを選び、取引を行いましょう。

ライトコイン:あなたにとって正しい投資ですか?

最初のアルトコインの一つであるライトコインは、仮想通貨トレーダーにとって評判の良いトークンとなっています。さらに、このアルトコインの手頃な価格と安定性は、あまり大きなリスクを望まない初心者にとって理想的な投資となっています。さらに、2020年にはPayPalがライトコインを自社のプラットフォームに採用するため、2021年に向けて投資家の期待は増しています!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,196.73 2.25%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,279.36 3.98%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.18%
  • bnbBNB (BNB) $ 289.67 2.17%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999851 0.04%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.02%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.393401 2.83%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.097864 2.22%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.314450 2.01%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.921675 3.66%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。