仮想通貨

ポリゴン、およびポリゴンが提供するすべてを理解する

BTC Polygon

イーサリアムに代表されるブロックチェーンプラットフォームは、国内取引であれ、国境を越えた取引であれ、あらゆる量のデジタル資産を簡単に移転することを可能にしました。しかし、イーサリアムのスケーラビリティの問題により、人々は費用対効果の高い、効率的な取引ができる代替手段を探し始めました。そこで登場したのが、ポリゴン仮想通貨です。

ポリゴンとは?

ポリゴンは、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために、2.0アップデート以前に開発された代替ソリューションです。ポリゴンは、イーサリアムが導入したオリジナルのブロックチェーン技術の上に構築され、ネットワークをより強固にすることで、よりシームレスで安価な取引を可能にするサイドチェーンまたはレイヤー2と呼ばれています。また、非中央集権的なアプリケーション(DApps)を開発するためのプラットフォームとしても機能します。

ポリゴンの歴史

ポリゴンはもともと、2017年に「Matic Network」という名前で立ち上げられました。インドのブロックチェーン開発者であるAnurag Arjun氏、Sandeep Nailwal氏、Jayanti Kanani氏によってイーサリアムブロックチェーンを中心に構築されました。

開発者たちは、イーサリアムネットワークが抱えていた問題を解決するためにポリゴンを作成しました。膨大な量の取引を処理することができず、ネットワークが詰まってしまい、高額な取引手数料や処理時間の遅延が発生していました。

ポリゴンはどのように機能するのか?

ポリゴンは、イーサリアムネットワークやその他のブロックチェーンと並行して実行することで効率化を図るサイドチェーンとしても知られています。これにより、以前はイーサリアム専用だったアプリの選択肢にアクセスできるようになります。

ポリゴンが機能し、イーサリアムのメインネットワークに効率的に接続するためには、さまざまな種類の技術を利用しなければなりません。これには以下が含まれます。

プルーフ・オブ・ステークコンセンサスメカニズム

あらゆる形態の仮想通貨で行われる取引が正確で透明性のあるものであることを確認するために、ポリゴンはコンセンサスメカニズムを利用して検証を行います。これにより、ネットワークに保存されているウォレットアドレスや送金される資金などの情報を誰も改ざんできないようにします。

ポリゴンでは、プルーフ・オブ・ステークのコンセンサスメカニズムを利用しています。プルーフ・オブ・ワーク(Proof-of-work)は、2009年にビットコインで初めて採用されたオリジナルのコンセンサスメカニズムで、今日までさまざまな仮想通貨で広く使用されています。

この仕組みは、世界中の「仮想マイナー」と呼ばれる人々が、ブロックチェーン上で行われたすべての取引を検証するマイニングによって行われます。特定の送金の検証に最初に成功した人には、あらかじめ決められた数のトークンが与えられます。しかし、PoWは取引の実行に多くのエネルギーを使います。

一方、イーサリアムの開発者は、プルーフ・オブ・ワークの避けられない限界を認識していたため、プルーフ・オブ・ステークのコンセンサスメカニズムが考案されました。このメカニズムは比較的高速で、必要なリソースも少ないため、ポリゴンのようなプラットフォームでは、よりスピーディで安価な取引が可能になります。

PoSでは、取引を検証するノードは、ネットワーク上にステークされているトークンの数に基づいて決定されます。これにより、PoWが持つ大量のエネルギー消費の必要性がなくなります。

プルーフ・オブ・ステークでは、ユーザーはマイニングの代わりにステークを行うことで、取引を検証し、安全性を確保することができます。ステーキングには、以下2種類のユーザーが参加できます。

バリデーター

バリデーターは、ポリゴンネットワークでの作業の大部分を行います。バリデーターは、プルーフ・オブ・ワーク機構の仮想マイナーに相当し、新規取引の検証を担当します。バリデーターには、報酬として所定のMATICが支払われます。

バリデーターはランダムに選ばれます。ただし、出資しているMATICの量や検証した取引の数など、選ばれる確率が高くなる要素もあります。

もしバリデーターが不正に操作されたり、取引の検証中にエラーを起こしたりした場合、バリデーターは貴重なMATICの一部を失うことになります。

デレゲーター

デレゲーターは、信頼するバリデーターを介して間接的にMATICをステークするので、フルタイムでステークする必要はありません。しかし、デレゲーターは単にMATICをステークするだけではなく、特にバリデーターを選ぶ際にはリサーチが必要です。

なぜなら、選んだバリデーターが悪意を持って行動したり、取引でミスをしたりすると、すべての資産を失うことになるからです。

MATICとは

MATICは、ポリゴンネットワークを動かすネイティブな仮想通貨で、100億トークンの有限供給量を持ち、そのうち67%はすでに流通しています。

このトークンは、市場の他の仮想通貨と同様に、以下のような様々な方法で使用することができます。

トレーディング

あらゆる種類の仮想通貨の主な用途の1つは取引です。購入と取引は、長期的に価値が上がることを期待してMATICのようなデジタル資産を所有することの一部です。幸運なことに、この仮想通貨に投資することを決めた場合、それをサポートする取引所を見つけるのに苦労することはありません。

MATICは、以下のような様々ないくつかの主要な取引所サイトでサポートされています。

  • Gemini
  • Coinbase
  • Binance
  • eToro

ステーキング

前述したように、MATICは主にステーキングに使用されます。トークンをPolygonネットワークに貸し出すことで収益を得ることができます。

トークンをステークしてバリデーターになると、利子がついて自分の資産に追加することができます。ただし、このような変動の激しい市場では、レートが頻繁に変わることに留意してください。簡単に上下に変動してしまいますが、それもステークの一部です。

ガバナンス

MATICについて知っておくべきことは、MATICがガバナンストークンであるということです。これは、投資家がプラットフォームの将来に対して発言権を持つことを意味します。これは、トークン保有者が投票する提案を行うことで行われます。

ガス代

ポリゴンのガス代とは、ネットワークが取引のたびにお客様の口座から自動的に差し引く料金のことを指します。この手数料はMITACという形で発生しますが、他の仮想通貨や送金サービスを利用した場合にかかる費用のほんの一部に過ぎません。

今すぐポリゴン仮想通貨に投資しよう!

高額な手数料と長い取引時間の解決策を探しているなら、ポリゴンは投資できる理想的な仮想通貨です。さらに、市場のいくつかの主要な仮想通貨取引所でサポートされているという事実を加えれば、価値のある投資を手に入れることができます。このトークンの詳細と、それを最大限に活用する方法については、BTC Postをご覧ください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,421.49 0.97%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,060.95 2.32%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.07%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0%
  • bnbBNB (BNB) $ 215.10 1.01%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.16%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.314171 0.24%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.446744 0.04%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.41 0.75%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065461 0.02%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。