仮想通貨

リップル:銀行取引の高速化への道を切り開く

新しい10年の幕開けとともに、仮想通貨はこれまで以上に人気を集めています。より多くの人々がこの流れに加わり、デジタル資産に投資したり、日常の取引で使用したりしています。

仮想通貨革命をリードしているのは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、カルダノ(ADA)、リップル(XRP)など、市場でトップクラスの性能を誇るデジタルコインです。これらの資産は、市場で入手可能な他の何百もの仮想通貨よりも優位に立つ特別な機能を備えています。

投資や支払いプロセスなどの主流のアプリケーションで仮想通貨の人気が高まっているにもかかわらず、仮想通貨市場と金融機関の間にはまだギャップがあります。幸いなことに、リップルは今日の伝統的な金融界と近代的な金融界の橋渡しをすることでこの問題を解決します。

政府機関の厳しい規制の中で、リップル社はどのようにして消費者、企業、銀行機関に役立つ決済システムを実現しているのでしょうか?BTC Postがリップルについて詳しくご紹介します!

仮想通貨「リップル」とは

リップルは、Ripple Labsが開発したオープンソースのネットワークで、通貨交換と送金のプラットフォームとして機能します。米国を拠点とする仮想通貨企業が、様々な通貨を扱う金融機関に国境を越えた取引の迅速な手段を提供するために、この決済プロトコルと交換ネットワークを開発しました。

通常の銀行取引では、あなたが他人に送金するお金は、一連の仲介ネットワークを経て、正常に送金されます。特に海外との取引の場合は、処理に日数といくつかの間接費がかかります。これを解決するのが、仮想通貨リップルです。

リップルがビットコインやイーサなどの他の仮想通貨と異なる点は、そのネットワークがデジタル通貨としての役割と、リアルタイムの取引に使用される決済プラットフォームとしての役割を果たすことです。

このネットワークのネイティブコインであるXRPとRippleNetプラットフォームを通じて、銀行機関はシームレスに送金や換金を行うことができます。一方、顧客は、より迅速な送金サービスのために仲介者を介する必要がなくなります。

リップルの始まり

Ripple Labsが設立されたのは2012年ですが、リップルの原型は2004年にRyan Fugger氏が構想したものです。彼はRipplePay社を設立し、オリジナルバージョンのリップルを使用して、最終的に銀行システムに取って代わるピアツーピアネットワークの中核となるアイデアを提案しました。

このネットワークは当初OpenCoinと呼ばれていましたが、2013年にアメリカのプログラマーでRipple Labs Inc.の共同設立者であるJed McCaleb氏とChris Larssen氏に引き継がれました。

現在、Ripple Labs社は、同社の最高経営責任者であるBrad Garlinghouse氏によって運営されています。彼は、有名なテクノロジー企業であるDiffbotやPurestorageに資金を提供したことで、スタートアップ業界ではよく知られています。

XRP:ネットワークのネイティブコイン

2012年には、Ripple Labsと並んで、XRPと呼ばれるネットワークのネイティブコインも発表されました。XRPは、共同開発者であるMcCaleb氏と、開発者のArthur Britto氏、およびDavid Schwartz氏によって開発されました。

このデジタル資産は、ネットワーク上の取引を促進するために使用されます。ユーザーは、XRPを投資資産として、他の仮想通貨やフィアット通貨と交換するためのコインとして、あるいはネットワーク上の取引の資金調達手段として購入することができます。

XRPはそれ自体に価値を持つリップル社のネイティブコインですが、その主な機能は、決済事業者と銀行機関との仲介役です。取引されたお金はXRPに変換され、受取人に届いた後、再びフィアット通貨に交換されます。

XRPは、取引の検証にプルーフ・オブ・ステークまたはプルーフ・オブ・ワークのプロトコルを使用する、市場の他の仮想通貨とは異なり、ブロックチェーン技術に依存していません。XRPの台帳は、Ripple Protocol Consensus Algorithm (RPCA)と呼ばれるオープンソースのプロトコル技術を採用しており、取引を検証するネットワークバリデーターとして機能するノードを備えています。

RippleNet

「RippleNet」という送金・決済取引をサポートするネットワークを持っています。XRPがリップル社のネイティブコインであっても、ネットワークはXRPとは独立して機能することができます。このネットワークは、銀行機関が仲介者なしでリアルタイムに通貨を交換するプロセスを容易にします。

この国境を越えた決済技術には、xCurrent、xRapid、xViaという3つのソリューションが用意されています。これらのサービスにより、RippleNetは金融機関が顧客の要望に応えることができる集中型ネットワークとなっています。

xCurrent

xCurrentサービスは、リップル社の顧客にグローバル規模の銀行サービスを低い間接費で提供するものです。これにより、一連のガイドラインに基づいて、通貨をXRPに変換する必要なく決済を処理することができます。

xCurrentは、異なる台帳や決済システムが動作し、クライアントにサービスを提供するためのネットワークとして機能するInterledger Protocol(ILP)を中心に構築されています。これは、銀行がある末端から別の末端にお金を送るための暗号的に安全な方法で、迅速で透明性の高い取引を可能にします。

xRapid

このソフトウェアソリューションは、企業や銀行機関が顧客に金銭取引サービスを提供する際に、流動性資産を提供するものです。xRapidは、流動性コストを最小限に抑えたいと考えるプロバイダー、特にサービスを支える金融手段を持たないプロバイダーにとって有益です。

xRapidソリューションを通じて、XRPはプロバイダーとその顧客の間のブリッジ通貨として、送金や再送を含む取引の決済を行います。グローバルな銀行サービスでは流動性コストが高くなりますが、xRapidはこれらの金融機関に流動性に対する低い資本要件を提供することで、仲介業者からの高いオーバーヘッドチャージなしにシームレスにサービスを提供することができます。

xVia

xViaは、RippleNetの標準化された決済機能で、銀行、企業、決済業者が標準化されたインターフェースを介して様々なネットワークで決済を送ることができます。xViaを介して、支払いや金銭取引が世界中でシームレスに送信されます。

リップル:グローバルな銀行取引を改善する

標準的な銀行プロセスとは異なり、RippleNetの革新的な機能により、リップルの取引は迅速かつシームレスです。そのプラットフォーム上で何百万ものアクティビティを処理しても、ネットワークを介した取引の決済には数秒しかかかりません。

リップル社が、時代遅れで高価なプロセスを国際的な規模でさらに近代化することで、そのソリューションによって銀行の未来を変えることができるのは当然のことです。ネットワークがパートナーに提供するすべてのソリューションによって、リップル社は将来的に人々のお金の取引方法にさらなる革命をもたらすでしょう。

現在、200以上の銀行がRipple Labs Inc.と提携し、中世と現代の決済取引のギャップを埋めています。バンク・オブ・アメリカ、アメリカン・エキスプレス、PNC銀行、マネーグラム、DBS、SBIホールディングスなどの世界的な大手銀行・金融機関は、リップル社との提携を継続し、リップルネットソリューションを使って顧客に簡単な取引を提供しています。

リップル社は、東南アジアの決済ハブであるTranglo社との提携により、東南アジアへのサービス拡大を計画するなど、世界的にその影響力をさらに拡大しています。

シームレスでリアルタイムな経済的サービスを提供するという継続的な成長により、リップル仮想通貨が市場で最も重要なデジタル資産の1つであり続けることは否定できません。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 37,854.00 3.72%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 2,343.73 3.92%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.07%
  • binance-coinBinance Coin (BNB) $ 355.01 1.41%
  • cardanoCardano (ADA) $ 1.49 3.07%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.306137 2.09%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.841175 1.88%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.1%
  • polkadotPolkadot (DOT) $ 22.01 7.28%
  • uniswapUniswap (UNI) $ 21.72 4.55%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。