仮想通貨

仮想通貨テラ:DeFiとステーブルコインを一般的に

Terra Crypto Banner Image Main 1280x720

ステーブルコインが初めて仮想通貨市場に導入されたとき、デジタル資産の極端な変動に対する主要な解決策の1つになりました。基軸資産に裏打ちされ、米ドルのような通貨に固定されているため、価格の安定性を提供します。現在では、仮想通貨を通貨交換の媒体として使用する可能性も出てきています。このようなデジタル資産には、テザー(USDT)、バイナンスUSD(BUSD)、USDコイン(USDC)などがあります。

この状況を利用し、仮想通貨の世界をさらに改善するためにテラ(LUNA)が立ち上げられました。このプロトコルを支えるチームは、仮想通貨の主流採用を促すには価格の安定だけでは不十分であることを長い間認識してきました。高度な経済政策により、異なる不換紙幣に固定された価格安定性の高い仮想通貨を確立しています。

テラ仮想通貨についてもっと知りたい方は、以下の記事を読み進めてください。

テラプロトコルとは?

ブロックチェーンプロトコルと考えられているテラ(LUNA)は、ステーブルコインを通じて独自の価格安定アルゴリズムをもたらすことを目的とした経済的な分散型インフラを確立しています。このネットワークは、オラクルシステムとともにスマートコントラクトを使用し、ユーザーのためにブロックチェーンベースのアプリケーションを統合しています。

そのアルゴリズムを使用し、通貨供給を変更することで、ネットワーク内のデジタル資産の価値を維持し、取引コストを低減します。また、米ドルや日本円などの不換紙幣の価値を一貫して追跡するため、投資家はテラブロックチェーン上で即座にステーブルコインを取引することができます。

そのネイティブトークンであるLUNAは、主に裏付け資産として機能し、プロトコル全体のプログラムの安定化にも貢献しています。どのように機能するのか?例えば、1テラUSD(UST)の価値は、その需要と供給から生まれます。より多くのユーザーがUSTで支払えば、ステーブルコインの価格上昇に貢献することになります。つまり、LUNAホルダーは新しいUSTトークンを鋳造することで、USTの供給を希薄化しなければならないのです。要するに、テラステーブルコインが使われれば使われるほど、LUNAの価値は高くなるのです。

テラは、提供されるフィアットペッグステーブルコインを通じて、デジタルバンクとして認識することができます。これが革命的なのは、決済ゲートウェイ、クレジットカード、銀行機関が提供する複雑なプロセスの理想的な代替手段になることです。つまり、テラは透明性のある決済システムを提供しながら、効率的な取引のための道を切り開いているのです。

テラの簡単な歴史:すべてが始まった経緯

2018年まで遡り、テラというプロジェクトは当初、Do Kwon氏とDaniel Shin氏によって立ち上げられました。創業者たちによると、この動きは、デジタル経済の中で柔軟な対応が可能であるという考えから始まったといいます。また、彼らが作りたかったブロックチェーンは、市場で最も人気のあるステーブルコインが直面する問題を大幅に軽減することを目的としています。分散型の金融インフラを使い、資産価格の安定性をアルゴリズムに依存することで、これらの懸念を払拭することがその目的です。

では、どのように参考とするのか。テラが行ったのは、USDにペグされたテラUSD(UST)やモンゴルのトゥグリックのMNTなどを発行したことです。このコインを使えば、世界中のどんな個人・機関でも、数秒で0.5~2%の手数料で取引できるようになり、より使いやすくなります。

例えば、あなたが韓国のビジネスマンで、米国に住むビジネスパートナーに資金を送金しなければならない場合、テラブロックチェーン上でKRTとUSTを交換すればよいのです。第三者が支払処理やフィアットの変換に関与し、数日間を要するようなことはもうないのです。

知っておきたいテラのトップメリット

分散型かつパーミッションレスであることから、テラのローンチはステーブルコインの開発を全く新しいレベルに引き上げました。そのロジスティックスと競争力のあるプログラマブルペイメントを利用して、DeFiエコシステムのインフラを強化しました。

では、テラ仮想通貨に投資すべきでしょうか?期待できるメリットを確認すると、その答えが見つかります。

金融取引の簡素化

プロジェクトテラがまだ初期段階にあったとき、透明性のあるDeFiエコシステムを確立することが開発チームの優先事項の1つでした。彼らは、人々をさらに不便にさせる複雑な決済システムの代わりとなるものを作りたかったのです。

テラは単一のブロックチェーンレイヤーを使用しており、クレジットカードネットワークや金融機関を必要としないため、取引にかかる時間を短縮することができます。 

プログラマブルである

もしあなたがプログラマブルで開発中心の仮想通貨を探しているなら、テラプロトコルはあなたの選択肢の1つになるはずです。ネットワークで活動するプログラマーは、AssemblyScript、Go、Rustでスマートコントラクトを構築し、分散型アプリケーション(dApps)に機能を追加することが許可されています。

相互運用性を促進する

テラネットワークは、マルチチェーンプロトコルで動作することを念頭に置いています。Cosmos IBCを通じて、仮想通貨の世界の他のブロックチェーンと容易に通信する力があります。つまり、さまざまなブロックチェーンネットワークの情報にアクセスできる相互運用性を促進することができるのです。

テラは現在、ソラナとイーサリアム上で稼働しています。その開発者は、競争力のあるブロックチェーンを歓迎するようなプラットフォームの拡張を計画しています。

テラ:仮想通貨の中央銀行

スマートコントラクトとアルゴリズムによって価格の安定性を提供するテラは、仮想通貨市場で最も優れたイノベーションの1つと考えられています。このプロトコルのユニークな点は、真の分散化の本質をとらえた自己調整型の通貨供給フレームワークです。

現在、テラはビットコインやイーサリアムのような人気のデジタル通貨と比較して変動が少ないため、アジア諸国での人気を享受しています。開発チームは、革新的なDeFiソリューションを中心とした今後のプロジェクトについて継続的に発表しています。

これには、テラブロックチェーン上の史上初の分散型取引所であるTerraSwapが含まれます。その仕組みはUniswapに似ていますが、もともとはユーザーがテラとCW20のネイティブトークンを取引できるように構築されました。

それだけでなく、テラの背後にいるチームは、DeFi空間に革命をもたらすであろう近日中のプロジェクトを持っています。Spar Finance、Mars Protocol、Loop Financeが今後のプロトコルのリストに入っているので、BTC Postでさらなるアップデートをご期待ください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,818.05 0.05%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,232.34 0.22%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.04%
  • bnbBNB (BNB) $ 284.60 0.2%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.03%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.387254 2.04%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.096297 0.04%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.310418 0.15%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.891621 0.62%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。