仮想通貨

トロン:TRXとは何かを初心者向けに解説!

tron banner main

2008年にビットコインが登場して以来、仮想通貨は年々主流になってきています。その人気により、さまざまな市場に進出し、特にオンラインで処理される取引所の品質が向上しました。

仮想通貨に大きな可能性を見出した業界のひとつが、ゲーム業界です。ゲーム開発者は、自社製品の売上を伸ばし、取引における第三者を排除するために、仮想通貨の分散型機能にチャンスを見出しました。

今年、ゲーム業界に関しては、仮想通貨市場の新星と呼べる通貨はトロン以外にないでしょう。トロンは、TRXをネイティブコインとして使用する、分散型のエンターテイメントおよびコンテンツ共有プラットフォームです。

これは2017年9月にJustin Sunという中国のビジネスマン兼開発者が立ち上げたもので、彼はデジタルコンテンツのクリエイターや開発者が製品の完全な所有権を持てるようにするプラットフォームとしてトロンを設計しました。ユーザーとクリエイターの直接取引を可能にすることで、エンターテインメント業界のニーズに合わせています。

トロンを使用するデジタルクリエイターは、第三者に収入を奪われることなく、自分の作品を公開し、ファンに直接販売することができます。トロンを使えば、コンテンツ制作者は自分の商品を完全にコントロールすることができます。AppleやGoogle Play Storeにコンテンツを掲載するために、クリエイターが高額な費用を支払う必要はもうありません。 

トロンコインとは?

トロンは、ブロックチェーンとピア・ツー・ピア(P2P)技術を使って取引を処理するプラットフォームです。トロンを使えば、ユーザーは自分の商品を愛用者に直接販売することができます。

ビデオやゲーム、その他のメディアアートなど、自分の好きなコンテンツを作って共有できる、先進的なソーシャルメディアだと考えてください。クリエイターが共有するこれらの商品にアクセスするためには、ユーザーはTronixで代金を支払う必要があります。Tronixは、トロンのプラットフォームにおけるアカウントの基本単位です。簡単に言えば、トロンの通貨であり、多くの場合TRXと呼ばれます。 

トロンの特徴:何が違うのか? 

トロンは、世界中のクリエイターのために作られたパワフルなプラットフォームです。非中央集権的なネットワークで動作し、ユーザーは検閲や制限、地理的な制約を受けることなく、さまざまなコンテンツにアクセスすることができます。それに加えて、コンテンツ制作者には制作の自由が与えられています。トロンが持つ特徴の数々を以下で確認してください。

オンチェーンガバナンス 

トロンのパブリックチェーンは分散型の選挙を通じて、Super Representative (SR)とSuper Representative Partner (SRP)の2種類の役割を生み出します。この2つの役職に就いている人は、提案に対する投票を開始できるオンチェーンガバナンスに参加することができます。

また、SRとSRPは、トランザクションをパックしたり、ブロックを生成したりする権限を持っています。SRとSRPは、取引をパックしてブロックを生成する権限を持ち、その努力に応じて、ブロック生成インセンティブが自分のアカウントに送られてきます。

トークンサポート 

他のスマートコントラクトプラットフォームと同様に、トロンは、TRC-20、TRC-10、TRC-721などの様々なトークン規格をサポートしています。TRC-721は、ユニークであることが証明されているため、互換性があります。このようなトークンのサポートにより、開発者は様々なケースで力を発揮することができます。 

高いスケーラービリティ 

トロンは、大規模なオンチェーン・スケーリングに対応するために設計されたプラットフォームです。その技術により、開発者は問題なく多数のユーザーを同時にサポートできるアプリケーションを構築することができます。この記事を書いている時点で、トロンのDelegated Proof of Stake(DPoS)システムは、1秒間に約2,000トランザクション(tps)を処理できます。 

充実したエコシステム 

トロンは、メインネットに移行したスマートコントラクトプラットフォームの中でも最も早い時期に誕生しました。そのため、分散型金融(DeFi)や分散型アプリケーション(dApp)のエコシステムがよく整備されています。

これには、ファイル共有プロトコルのBitTorrent、DeFiプラットフォームのJUSTエコシステム、分散型取引所のPoloniEXなどが含まれます。これに加えて、トロンのユーザーは、Ethereum Virtual Machineやその他のEVM互換プラットフォームからTronにdAppを移植することもできます。 

トロンの仕組みは?

他の仮想通貨と同様に、トロンで行われた取引は、ブロックチェーンと呼ばれる公開台帳で行われます。この分散型ネットワークは、1つのブロックから他のブロックへとデータを保存し、ブロックの接続を維持します。ブロックの1つのデータが改ざんされるとチェーン全体に影響が及ぶため、トロンはこのようなシステムで取引の安全性を確保しています。

基本的には、ビットコインと同じトランザクションモデルを使用していますが、セキュリティについては少し改善されています。TRXが採用しているモデルは「UTXO」と呼ばれています。このモデルでは、取引には基本的な出力が必要で、それはTRXユーザーの一方のアドレスから他方のアドレスに送られるコインの数です。 

トロンの未来!

トロンの未来は、可能性と機会に満ちています。もしあなたがこの仮想通貨に投資しようとしているのであれば、将来的にあなたのために用意されているものは以下の通りです。 

  1. トロンの価値観の約束 
    トロンは、その非中央集権的なウェブのために、最も急速に成長しているパブリック・ブロックチェーンと考えられています。ブロックチェーン上に分散してマッピングされたスマートコントラクト、融資、ローンを通じて、DeFi空間の基盤を提供することを目指しています。
    トロンが提供する低レベルの分散化とセキュリティにより、より高速で安価な取引が可能となっています。投機家や投資家は、より高い取引手数料を提供するイーサリアムの代替品として見ています。 
  2. トロン価格の推移 
    オンラインコミュニティは、より多くのコンテンツをオンライン化し、公開することに徐々に注力しています。自分の創造物の完全な所有権を持ちたいと考えるクリエイターは、トロンから利益を得ることができ、したがって、将来的にトロンの価格が伸びることが予見されます。 
  3. 技術開発
    トロンのネットワークは、delegated proof of stake(dPoS)コンセンサスアルゴリズムを採用しています。この種のシステムは検閲に強く、また分散化されています。これとは別に、トロンはブロックチェーンに最大のDeFiドメインを持ち込むことにも成功しており、トロン互換の仮想マシンが問題なくデータを相互に移植できるようになっています。 

今すぐトロンを購入、保管、投資しよう! 

上記のデータに基づいて、トロンは競争の激しい仮想通貨市場に歓迎される存在であることを証明しています。デジタル時代の最大の産業に焦点を当てており、クリエイターやユーザーにとって魅力的な存在です。

加えて、中国の仮想通貨コミュニティから安定した支持と注目を集めていることから、短期的あるいは長期的な投資をする価値があると考えられます。爆発的な成長はないかもしれませんが、市場での安定性があるため、安心して投資することができます。 

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 20,076.00 3.13%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,132.30 2.54%
  • tetherTether (USDT) $ 0.999407 0%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999415 0.12%
  • bnbBNB (BNB) $ 236.69 5.12%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.32%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.322555 1.75%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.455919 1.28%
  • solanaSolana (SOL) $ 35.72 5.72%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.067370 1.75%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。