進歩し続ける仮想通貨市場

仮想通貨に精通していない場合でも、おそらくオンライン記事のどこかで聞いたことがあるでしょう。どこからでも、誰からでも聞いても、あなたがここをナビゲートするのは重要なことです。BTCPostは、仮想通貨の仕組みと市場の現状について紹介します。

仮想通貨は、世界中の誰とでもデジタル資産を交換するために使用される媒体です。ユーザーが簡単に送金できるためのブロックチェーン技術を採用しており、すべてのトランザクションは暗号化によって保護されています。ビットコイン、イーサリアム、リップル、XRPなどは暗号資産市場全体に貢献する最大の仮想通貨です。

暗号資産市場は、暗号世界にとって重要です。企業の運営方法と同じように、市場を評価し、ニーズに応じて商品を生産します。これらの企業が最終消費者の信頼を集めると、これらのターゲット市場はブランドに注力し、製品により多くのお金を費やします。この流れは暗号資産市場でも発生します。

 

世界トップレベルになるために競合するいくつかの仮想通貨があるので、競合他社と差別化する特定の機能を提供します。それらの製品が一般の人々に利用され、支持されると、暗号資産市場は成長し、価格が継続的に上昇します。プラットフォームに投資する意欲のある人が多ければ多いほど、暗号資産スペースは将来に標準になり、必需品にもなる可能性が高くなります。

仮想通貨市場がどのように機能するかがわかったので、次のセクションで仮想通貨の世界をさらに深く掘り下げましょう。時価総額、ステーブルコイン、2020年末までの暗号資産市場に関する専門家の見通し、およびその他の仮想通貨の最新情報については、以下をご覧ください。

暗号資産市場:急速な成長と手間のかからない取引

これを書いている時点で、世界の仮想通貨時価総額は、ビットコインによって開拓された合計3339.4億ドルであり、1コインあたり10,583.70ドルで販売されています。同時に、イーサリアム、テザー、XRPは最大の仮想通貨に次ぎます。ビットコインは合計で時価総額シェアの1,961億ドルを蓄積し、イーサリアムが379.7億ドル、テザーが156.2億ドル、XRPが110億1000万ドルを蓄積しています。

仮想通貨は世界中でお金を取引するだけでなく、より高い価格でコインを売買することもできます。市場のトレンドに応じて時間とともに成長し続ける可能性のあるデジタル資産として機能します。市場が成長すればするほど、暗号ウォレットに投資されたそれぞれ資金の価格は高くなります。

2017年、暗号市場は購入されたトークンが大幅に増加し、合計で数千パーセントに達したことを経験しましたが、これまではまだ破られていません。世界は2020年に世界的な危機に直面していますが、仮想通貨は依然として急増しており、昨年の時価総額と比較して合計40%増加したため、今年はコインを購入する最適な時期です。

これらの情報を確認した後、おそらく、年月を経ても暗号資産市場がどのように安定して発展したのか疑問に思われるかもしれません。以下の要因は仮想通貨市場をピークに導くものである可能性があります:

ステーブルコイン

ステーブルコインは、数年前から仮想通貨のニュースにも取り上げられています。これはデジタル資産であり、法定通貨または商品を仮想通貨ウォレットに投資された資金のバックアップにすることを可能にします。簡単にするために、ステーブルコインは仮想通貨世界において法定通貨の価値をデジタルに交換し、ステーブルコインの購買力に伝統的なバックアップ資産と差別を生み出させます。いつでも変動する可能性のあるビットコイン、イーサリアム、XRPコインとは異なり、ステーブルコインは仮想通貨市場を安定させます。

ほんの一瞬で変わることがあるので、多くの人々はまだ仮想通貨がどのように機能するかについて疑問を抱いています。受取人が受け取る金額は、振り込む前に送金した金額ではないことがあります。この状況を考慮すると、一部の人は仮想通貨に投資することを恐れています。市場が大幅に下落した場合に資金を取り戻せないことを心配しています。

しかしながら、ステーブルコインを使用すると、バックアップが同じ価値である限り購買力が損なわれないため、価格変動などの心配はありません。別の口座に送金した場合でも、送金時に送金した金額を受取人に振り込むことはできます。

ステーブルコインは、法定通貨担保、仮想通貨担保、アルゴリズム型ステーブルコインなどの3つのカテゴリに分類されます。上記のように、バックアップとして法定通貨を使用するステーブルコインは、法定通貨担保型であるか、法定通貨担保付きステーブルコインとも呼ばれます。伝統的な資産は当局によって取り扱われ、当局はあなたの法定通貨の価値に応じてコインのセットをリリースするだけです。

一方、仮想通貨担保型ステーブルコインは、仮想通貨をステーブルコインのバックアップ通貨にすることに関わっています。しかしながら、人々は仮想通貨の安全性を疑っているため、これらのステーブルコインは十分に使用されていません。あなたの資金が単一の当局によって扱われず、所持のステーブルコインの価値はネットワークにおけるすべての参加者によって決められます。

最後に、アルゴリズム型ステーブルコインを説明しましょう。法定通貨や仮想通貨の担保は使用しませんが、アカウントに発行されるトークンの数を決定するアルゴリズムとスマートコントラクトによって完全に管理されます。なお、ステーブルコインの供給を拡大する流動性のあるデジタル債券を通じて市場を安定させます。

DeFi

DeFiまたは分散型金融としても知られています。仮想通貨の動作プロセスに似ています。分散型金融により、ユーザーは世界中の他の人々と直接取引したり、仲介業者を通さず商品やサービスを購入したりすることができます。これらの仲介業者は金融機関を指し、受取人にそれをリリースする前にユーザーの資金を柔軟に活用します。DeFiにより、ユーザーは迅速かつ簡単で通貨を異なる通貨に交換したり、信頼性の高い取引を行ったりすることはできます。

仮想通貨市場が成長し続けるにつれて、時価総額は2020年の第3四半期に60%増加し、9月末までに合計405億ドルを蓄積しました。DeFiは、ユーザーがローン、保険、貯蓄などの財務的コミットメントをオンラインで支払うことを可能にする代替手段を提供することを目的としています。いつでもどこでも、ワンクリックするだけでこれらすべてにアクセスできます。

イーサリアムと同じように、DeFiもスマートコントラクトによって実行され、送金する前に条件を設定することはできます。簡単に言えば、スマートフォンの天気予報に従って、毎月の26日に雨が降った場合にのみ送金することを設定できます。それが発生しなかった場合でも、あなたの資金はそのままで保管されています。他の商取引と同様に、契約で両者にとって有益な変数を入力します。分散型取引所(DEX)、貸付プラットフォーム、wrapped bitcoins(WBTC)、ステーブルコインなどはよく知られているDeFiアプリケーションです。要するに、DeFiアプリケーションは、ユーザーが他の分散型アプリケーションを簡単に取引、構築できるようにするイーサリアムのスマートコントラクトのフォークとして構築されています。

市場における日本の仮想通貨の立場

日本は、商品やサービスの支払い方法として仮想通貨を承認している世界有数の国の1つです。言うまでもなく、日本の仮想通貨法制度は何年にもわたって普及し続けており、アジア市場で注目を得ました。日本の仮想通貨の現状については、当社のウェブサイトの他の記事をご参考ください。

暗号資産市場:それはどういうことですか?

私たちのウェブサイトを閲覧して、最も最適なトピックを見つけてください。仮想通貨の世界を探索しながら、次のトピックについて知りましょう:

ビットコイン取引

ビットコイン取引は、ブロックチェーン技術を採用した仮想通貨プラットフォームで行われるコインの交換です。1つのアプリでアカウントから別のアカウントに簡単に送金することはできます。詳細には、ビットコイン取引に関する記事で説明しています。当社のWebサイトを参照してください。

仮想通貨投資

前述のように、これらは仮想通貨に保管されている資産であり、法定通貨に担保されていない限り、市場の変動に応じて騰落が発生することがあります。現在、残高に簡単にお金を入力し、時間の経過とともに上昇するため、仮想通貨投資は若い世代に人気があります。しかしながら、市場に変動するトレンドがあると感じた場合は、仮想通貨の下落の影響を受けないように、すぐに残高を撤回できます。

仮想通貨チャート

年間の時価総額全体にわたってどれが最も高い市場シェアを持っているのかを決定するため、仮想通貨チャートは仮想通貨市場では不可欠です。ビットコインは2009年に発行して以来、「仮想通貨の王」の称号を保持しています。イーサリアムやXRPなどの競合他社も成長しており、パイオニア仮想通貨の市場に挑戦しています。

仮想通貨価格指数

仮想通貨価格指数は、現在の市場によって異なります。ドルまたはその後で投資したい通貨に変換される仮想通貨交換の価値によって計算されます。

毎日BTCPostにアクセスして、最新の仮想通貨の更新情報と仮想通貨に関するニュースをWebサイトで入手してください!