交換

BigONEで仮想通貨取引を始めよう

仮想通貨取引の世界では、「隠れた宝石」と考えられている取引所サイトがたくさんあります。これらのプラットフォームは、主要な暗号取引所として知られてはいませんが、今後数年間で最大の取引所にも匹敵する可能性を秘めています。

市場での印象的なパフォーマンスにより明るい未来が待っている、シンガポールの仮想通貨取引プラットフォームBigONEは、この「隠れた宝石」の1つです。この仮想通貨取引所について、BTC Postがご紹介します!

BigONE取引所の概要

BigONEは、多種多様な仮想通貨を売買できる、仮想通貨取引プラットフォームです。このシンガポールの取引所は、2017年11月にCEOのEric Meltzer氏によって設立され、現在は中国とシンガポールで運営されています。比較的新しい取引所ですが、BigONEはすでにBTC、ETH、BCHなど数多くの仮想通貨に対応しています。

さらに、BigONEにはBigONE Tokenというユーティリティコインがあり、ティッカーシンボルはONE、現在の時価総額は3500万円です。この取引所は現在、米国市民は利用できませんが、シンガポール、日本、韓国などの国の多くの仮想通貨ユーザーに対応しています。

BigONEは、最も安全で便利な取引と受託サービスを提供するために、高品質な技術とリスク管理を用いて運営しています。同取引所のウェブサイトによると、デジタル時代の人々には、安全で便利で信頼できるプラットフォームを持つという、より良い選択肢が提供されるべきだと考えています。

BigONEの機能

BigONE取引所は、初心者にもベテラントレーダーにも使いやすい多くの利点を備えています。ここでは、BigONEの最も優れた機能をご紹介します。

モバイル対応

BigONEはウェブブラウザだけではなく、iPhoneやアンドロイドのモバイル端末でもモバイルアプリケーションをダウンロードすることができます。これにより、いつでもどこでも気軽に取引ができます。

店頭(OTC)トレーディング

BigONEでは、ユーザーが他のユーザーから仮想通貨を購入できる店頭取引を提供しています。ユーザーがWeChat PayやAlipayで決済できるようにすることで、出金や入金のプロセスがよりわかりやすく、簡単になりました。

セキュリティプロトコル

BigONEが提供する最も優れた機能の1つは、そのセキュリティです。BigONEは、市場で常に大きな問題となっているサイバー攻撃から投資家を保護しているため、仮想通貨ユーザーはセキュリティを損なうことなく自由に取引を行うことができます。

BigONEは、投資家の安全を確保するために、以下のセキュリティプロトコルを実装しています:

マルチシグネチャー・コールドウォレット

BigONEのユーザーは、自分のデジタル資産を安全に保管するために、コールドウォレットとホットウォレットのどちらかを選択することができます。BigONEの総デジタル資産の約98%は、オフラインの様々な場所にあるコールドウォレットに保管されています。一方、BigONEのデジタル資産全体のうち、ホットウォレットに保管されているのはわずか2%です。

顧客熟知(KYC)ポリシー

BigONE取引所では、個人情報の盗難やテロリストの資金源からユーザーを守るために、顧客熟知(KYC)ポリシーを活用しています。KYCにより、BigONEはユーザーの取引口座が実際の個人に追跡可能であることを保証しています。

KYCポリシーを遵守するために、取引所プラットフォームは顧客の身元に関する情報を収集する必要があります。これは、すべての顧客に連絡先、身分証明書、写真を含む正確な身分証明書の提出を求めることで可能となります。

2ファクタ認証(2FA

同取引所では、ユーザーが自分のアカウントにログインする前に、2段階の認証と通知を義務付けています。これは、ログイン、出金、口座変更などのユーザーの活動が保護され、改ざんされないようにするためです。BigONEでは、ユーザーのアカウントを不正アクセスから守るために2FAを義務付けています。

トレード手数料

トレード手数料は各取引所プラットフォームで異なりますが、BigONEでは、新規参入のテイカーもメイカーも一律0.20%です。コントラクト取引の場合、テイカーは0.06%、メイカーは0.02%となります。

出金手数料

BigONEの出金手数料は、業界平均よりも若干低いです。例えば、BTCの出金手数料は0.0005BTCですが、ほとんどの取引所では1回の出金につき0.0008BTCの手数料が目安となっています。

トレーディングビュー

BigONE取引所では、ユーザーが仮想通貨のリアルタイム取引ビューを見ることができます。このビューには、オーダーブック、選択した仮想通貨の価格チャート、注文履歴が表示されます。また、取引画面には、ユーザーが簡単に取引できるように、買いと売りのボックスが表示されています。

BigONE取引所への登録方法

アカウントを作成してBigONEでの取引を始めましょう。取引所への登録手順はとても簡単です:

1. 登録

BigONEでアカウントを作成する際には、携帯電話番号またはEメールアドレスで登録することができます。いずれを選んだ場合でも、アカウントを作成した後に本人確認を行う必要があります。

Eメール

  • ご希望のEメールアドレスを入力し、送信ボタンを押してください。
  • 認証コードがメールで送られてきますので、メールアドレスの下にあるボックスに入力してください
  • 8~20文字程度で、数字、アルファベット、記号を含むパスワードを設定してください
  • パスワードを確認してください.
  • ユーザー利用規約とプライバシーステートメントをお読みになり、チェックボックスにチェックを入れてください
  • 「登録」をクリックしてください

携帯番号

  • 市外局番をお住まいの地域に合わせて変更し、携帯電話の番号を入力してください
  • 「送信」ボタンを押すと、あなたの携帯電話番号に認証コードが送信されます
  • コードを受信したら、携帯電話番号の下のボックスにコードを入力し、8~20文字程度で、数字、文字、記号を含むパスワードを設定してください
  • パスワードを確認し、利用規約とプライバシーステートメントのチェックボックスにチェックを入れてください

2. アセットPINとGoogle Authenticatorの設定

  • アカウントに入ったら、アセットPINを取得する必要があります。アカウントセキュリティをクリックし、電話番号を確認してください
  • 市外局番をお住まいの地域に合わせて変更し、その横にお客様の番号を配置します
  • その後、確認コードがあなたの電話に送信されます。電話番号の下のボックスに入力し、「送信」を押してください
  • その後、アセットPINを設定してください。お好みの暗証番号を入力し、下のボックスにもう一度入力して確認してください
  • 別の認証コードがあなたの携帯電話番号に送信されます
  • アセットPINの設定後、2ファクタ認証を有効にする必要があります。Google Authenticatorを携帯電話にダウンロードすることで可能です
  • 提示された手順に従って、QRコードをスキャンしてください

3. 資金の入金

さまざまな仮想通貨での取引を始める前に、まずアカウントに資金を入金する必要があります。

手順は次の通りです:

  • クリックして「アカウントへの入金」に進みます
  • そこでは、資金の入金、出金、送金、確認のいずれかを行うことができます
  • 使用したい通貨の種類を入力してください
  • 「入金」をクリックすると、通貨の入金ページが表示されますので、ご希望の金額を入金してください

今すぐBigONEでの取引を始めましょう!

BigONEは仮想通貨取引の世界では非常に新しい企業ですが、そのセキュリティと顧客サービスは、この取引所が重要視している点を物語っています。今すぐ取引を開始して、BigONEのサービスを確認してください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 38,113.00 3.38%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 2,368.99 3.56%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.05%
  • binance-coinBinance Coin (BNB) $ 357.83 1.06%
  • cardanoCardano (ADA) $ 1.50 2.59%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.306800 2.21%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.848990 1.16%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.01 0.22%
  • polkadotPolkadot (DOT) $ 22.55 6.04%
  • uniswapUniswap (UNI) $ 21.90 4.38%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。