交換

バイナンス取引所案内:知っておくべきことのすべて

仮想通貨取引を取り込んでいますか?よく知られている取引プラットフォームの1つから取引を始めることは、常に最も安全な方法です。バイナンスは、高く評価されている取引所であるだけでなく、市場のリーダーの1つとしてよく知られています。

とはいえ、仮想通貨取引所が最も適したプラットフォームであるかどうかを確認しなければなりません。取引を始める前に、BTC Postでバイナンス取引所について知っておくべきことをすべて学びましょう。

バイナンス:すべてはどのように始めるか

バイナンスは、さまざまな暗号トークンとアルトコインの取引をサポートする仮想通貨取引所です。取引量に基づいて、これは世界で最大の認可済み取引プラットフォームです。2018年以降、時価総額は13億ドルに達しました。

これは、中国系カナダ人の開発者であるChangpeng Zhao(CZとして知られている)によって中国で創立されました。しかしなたら、アジアの国における仮想通貨の取り締まりのため、マルタに移行しました。

バイナンス取引所が設立される数年前、CZはすでに取引所分野における専門家としてよく知られています。2005年に、彼は上海を拠点とするグループであるフュージョン・システムズを設立し、ブローカー向けの高頻度取引システムを構築しました。

2013年に、CZがブロックチェーン業界に移行しました。彼は、法定紙幣とデジタル資産の間のスポット取引を扱うプラットフォームであるOKCoinで最高技術責任者(CTO)として務める前に、Blockchain.infoで働きました。

2017年の初めに、バイナンスが香港で正式に成立されました。しかし、同年6月までに、中国政府は仮想通貨の管理を大幅に強化しました。このため、CZは9月に中国から日本に移行することを決議しました。

イニシャルコインオファリング(ICO)クラウドファンディングイベントの開催中に、BNBトークンを発行しました。BNBトークンの総供給量は20億コインに設定されています。これはネイティブユーティリティトークンであり、取引ペアの柔軟性を保証し、より安いサービス料金を請求します。

日本の仮想通貨法が厳しくなった後、バイナンスは2018年に台湾とマルタに拠点を移動させました。同年、仮想資産の既知の変動が無い仮想通貨を提供するため、他の3つの主要な取引所と一緒に3200万ドルを調達して、ステーブルコインプロジェクトを実施しました。

2019年5月7日の大規模なセキュリティ侵害を受けた後、バイナンスは話題になっていました。当時の市場価値が4000万ドル相当の7,000BTCがハッキング攻撃で盗まれました。これにより、会社は安全基準をさらに改善しなければなりません。さらに、SAFUと呼ばれる緊急保険基金を通じて被害を受けたユーザーに払い戻しを行うことを約束しました。

とはいえ、バイナンスは、24時間の取引量に基づくと、常にトップ3の最も信頼できる取引プラットフォームです。2020年まで、24時間の取引量が40億ドル、30日間の取引量が1,397億ドルに達しました。どちらも業界において最高の記録を更新しました!

バイナンス取引所が提供しているサービス

プラットフォームを成功に導いたのは、さまざまなバイナンス取引所対応のサービスです。これにより、ユーザーは法定紙幣をさまざまな暗号トークンやアルトコインと交換することはできます。仮想通貨を購入する方法はいくつあります:

  • ピアツーピア(P2P)取引-ユーザーの好みに応じて、仮想通貨の買い手と売り手を、さまざまな種類の支払いオプションで直接接続します。
  • クレジット/デビットカードオプション-Simplexとの提携により、VisaやMastercardなどのデビットカードまたはクレジットカードで最大31種の仮想通貨を購入できます。さらに、3.5%の手数料がかかるプレミアムも請求されます。
  • 単一ユーロ決済圏(SEPA)および(または)電信送金-銀行口座を使用して、法定紙幣で仮想通貨を直接購入できます。
  • ブレイブブラウザ取引-これはプライバシーを重視したブラウザと統合されたウィジェットであり、仮想通貨を購入/取引し、Webブラウザで仮想通貨ポートフォリオを表示・管理することはできます。

取引プラットフォームとして、ビットコイン、イーサ、BNB、XRP、およびテザーの取引ペアと組み合わせて取引するように、バイナンスは様々な仮想通貨選択を提供します。この取引所でさまざまな取引オプションが利用可能です:

  • スポット取引-買い手と売り手を連結し、仮想通貨を一瞬で交換することができます。
  • 証拠金取引-一部の仮想通貨において最大10倍のレバレッジで取引できます。証拠金取引は下記の2種類あります:
    • クロスマージン-マージン口座残高全体をラインに置きます。
    • 分離マージン-潜在的な損失を単一の取引ペアに制限します。
  • バイナンス先物-ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルなどの既知の仮想通貨の価格の推測を可能にします。さらに、最大125倍の取引を通じて、収益を増やしています。
  • バイナンス デリバティブ-レバレッジトークンとして知られ、清算のリスクなしにレバレッジされたエクスポージャーの特定のデジタル資産の価格に賭けるUP/DOWN契約をサポートします。

また、最新のバイナンス取引サービスは、次のような融資事業に関わっています:

  • バイナンスセービング- フレキシブル/ロック済みアカウントタイプを通じて、アイドル状態の資金を回収できます。
  • バイナンスステーキング-コイン自体をステーキングすることに関する専門知識を必要とせずに、プルーフオンステークおよびDeFiコインのリターンを獲得できます。
  • バイナンススマートプール-より大きな採掘団体に加盟して、報酬を最も収益性の高い仮想通貨からその時点でマイニングに分割することができます。
  • バイナンスVisaカード-デビットカードまたはクレジットカード経由の法定紙幣のみを受け入れる仮想通貨の保有を使用できます。
  • 仮想通貨担保ローン-BTCまたはETHで担保されたBUSDおよびUSDTの形式でローンを付与します。
  • バイナンスリキッドスワップ-これは自動マーケットメーカー(AMM)プラットフォームであり、下落の少ないコインを取引したり、一部の手数料で流動性を提供したりできます。

バイナンスの取引手数料は定額で0.1%であるため、即時のフィアット清算を必要としない人にとって最適な選択です。また、売り手と買い手に対して、先物取引手数料は0.02%から0.04%となっています。

バイナンスが取引プラットフォームの競争に勝つために様々な困難を経験したことは否定できません。それは仮想通貨投資の代名詞である仮想通貨市場の機関になりました。

仮想通貨の発展に伴い、取引所はその成功を続けるでしょう。BTC Postで最新のバイナンスニュース、アップデート、トレンドを把握してください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 37,608.00 4.35%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 2,336.18 4.67%
  • tetherTether (USDT) $ 0.997811 0.43%
  • binance-coinBinance Coin (BNB) $ 353.36 2.34%
  • cardanoCardano (ADA) $ 1.48 3.66%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.303502 3.4%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.838745 2.52%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.08%
  • polkadotPolkadot (DOT) $ 22.16 7.52%
  • uniswapUniswap (UNI) $ 21.58 5.56%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。