仮想通貨業界について

仮想通貨は日々世界を変え続けている多くの新技術の1つです。ビットコインが2009年に発行して以来、世界初の仮想通貨の影響を受けていて、過去10年間にわたって他の何千ものデジタルコインが創立されました。

これは、仮想通貨の流行が単なる段階ではなく、将来に発展し続けることを証明していました。伝統的なシステムに匹敵する業界の原動力を発見し、それが時間経過とともにどのように成長し続けるかを探求してください。

仮想通貨に関するニュースや最新情報のすべてについて、知っておくべきことはここに記載されています。以下のトピックに関するより詳細な説明については、個々のページをチェックしてください。

 

仮想通貨の発行

仮想通貨業界は10年以上存続しています。ナカモト サトシが2009年にビットコインホワイトペーパーをオンラインで投稿したときに始まりました。当初、当局によって制御されていない安全なピアツーピアキャッシュシステムの発行は、金融技術愛好家からわずかな支持を得ました。その時、ビットコインの価格は非常に低かったため、オンラインによる選択を除いて、人々からはあまり注目されませんでした。

謙虚な始まり

ビットコインは、銀行や不動産業界などの金融市場が急落した2008年の大不況の結果として作成されたものでした。金融規制の失敗と大規模な借入れによって引き起こされた経済不況は、主に集中型の性質による現在の金融システムにおける多くの問題を露呈させました。

銀行や政府は資金の流れを制御していたため、人々は自分の資産を完全に管理することはできませんでした。したがって、銀行が崩壊したとき、一般大衆に厄介な問題をもたらしました。

1年後に早送りすると、集中された権限を必要としない最初の仮想通貨が創立されました。これは、ネットワークを分散化し、管理権限を一般大衆に戻すことによって、人々を特異点に依存することから解放することを目的としています。

ただし、仮想通貨が最初に導入されたときは大ヒットではありませんでした。2017年末に、ビットコインがピークに達し、その少数の所有者を一夜にして億万長者になったまで、多くの人々はこの用語を聞いたことはありませんでした。

仮想通貨の誇大宣伝

世界初のデジタルコインであるビットコインが主流のニュースに到達したのは2017年のことでした。2017年12月に価格が2万ドル近くに急騰したとき、ビットコインはソーシャルメディアプラットフォームやニュースサイトの間に流布している流行語になりました。人々はその正当性と規制されていない通貨がどのように価値を生み出すのかについて尋ね始めました。

多くの人が不信感を抱いて、不思議に思われますが、2017年の仮想通貨の誇大宣伝により、多くの新規投資家はこの成長し続ける産業に参入しました。多くの人がビットコインを購入し、あっという間に億万長者になれるかも!という考えがありました。かなり多くの人がビットコインを購入することで価格が急騰しましたが、まもなく誇大宣伝が消えました。

仮想通貨の冬から春まで

2018年の始めの数か月までに、ビットコインの価格は12月の18,000ドルから6,000ドルに下がりました。残りの期間はそれほど良くならず、この状況は2019年の第1四半期まで続きました。長い期間にわたって、ビットコインの価格は5,000ドルを下回り、「クリプトウィンター」という用語が生まれました。

やがて氷は解け、冬は春に変わりました。2019年、ビットコインの価格は最大で10,000ドルまで急騰しました。ビットコインが再び最高点に達することはありませんが、愛好家はこのでこぼこな道に困惑しています。彼らは全体像に焦点を合わせ続けており、長期的には、これらの価格の下落はすべて、上昇につながるものであるかもしれません。

Industry Banner

2020年の仮想通貨の現状

他の人が暗号ブームに参入した時、多くの人がその使用と目的に疑問を抱いていました。ほとんどの暗号愛好家は、金融とテクノロジーの分野に関わっています。取引や投資に足を踏み入れる人々は、仮想通貨への新しい興味を見つけました。彼らがまったく新しい市場を探求しています。

ニッチなオンラインコミュニティを含め、これらのグループは主に仮想通貨に関心を持っている人の群れです。金融、テクノロジー、取引業界に参入していない場合、デジタル資産ほど複雑で高度なものには興味がないでしょう。そのため、この数年間、主流の採用は非常に難しいことでした。主要な関与者が暗号市場に参入しない場合、デジタルコインは現在のシステムの弱者のままでした。

COVID-19蔓延中の仮想通貨の現況

最近まで、一般大衆は仮想通貨を気にしませんでした。現在の貨幣システムが効く場合、代替手段を見つける必要はありません。新型コロナウイルスが世界に蔓延したことより経済が落ち込み、国々が不況に陥るまで、現況は変わりました。

COVID-19

2020年3月、新型コロナウイルスがその国民に広がることを防ぐために、いくつかの政府は自国を封鎖しました。人々は自宅にとどまるように忠告され、本質的な旅だけが奨励されました。その結果、企業は閉鎖しなければならず、何千人もの人々が職を失ってしまいました。それにより、世界経済は苦境に落ち、各国は不況に陥りました。

この現況は、世界市場に悪影響を及ぼしました。特定の国は封鎖措置を採用すると発表した後、株式市場が急落し、投資家はセーフティネットとして資産を清算しました。伝統的な市場モデルに基づいて、不安定な時期には流動資産よりも現金を保有するのが最善です。

仮想通貨市場はこの急落の影響から逃れませんでした。現在「ブラックサーズデイ」として知られているものでは、仮想通貨が崩壊し、ビットコインは他の伝統的な市場に次いで3月12日に40%下落しました。人々はコインを売って、現金と引き換えました。これにより、人々はビットコインの分散型の性質上で宣伝された「安全な避難所」という約束に疑問を抱いています。市場での悲劇的な不況を免れないのであれば、現在のシステムと何が違うのか?

強気の始まり

人々が下落するのを期待していたとき、ビットコインはブラックサーズデイの直後に急騰しました。4,000ドル以下から、2020年7月下旬には10,000ドルまで着実に上昇し、2020年8月には12,000ドルに達し、月末までそのままの現況を維持しました。

2020年9月に、ビットコインは小幅に10,000ドルに下落しましたが、他の市場と比較して、驚くほど好調です。世界中の取引所サイトは、ビットコインやその他の仮想通貨を購入、取引する多くのユーザーによって、着信トラフィックが大幅に増加したことさえ報告していました。

今は確定できない経済局面に直面しているため、人々は不況の中でお金の価値を確保する代替案を探し始めました。現在、関係分野の人々がビットコインに投資しているだけでなく、世界中の40代後半から50代の群体でさえ暗号市場に足を踏む入れようとしています。

仮想通貨の陰謀

しかしながら、2020年の継続的な強気などの勝ち誇ったイベントの他に、仮想通貨業界にはいくつかの後退も発生してしまいました。多数の詐欺的な攻撃や詐欺が何度も浮かび出し、被害者は数百万を損失しました。

過去の最も注目された事件の1つは、2014年に起こったマウントゴックス事件でした。4億5000万ドル以上のビットコインが盗まれた後、かつて主要な取引所サイトがハッキングされ、破産を余儀なくされました。今日でも、一部のユーザーがコインをハッキングに対して脆弱なままにしておく取引所サイトを標的とする攻撃など、数多くの攻撃が発生しています。

一部のハッカーが有名な人物を装い、彼らがオンラインで仮想通貨の景品を実施していることを投稿する偽の景品など、他の種類の陰謀もあります。彼らは、スペースXのイーロン・マスクやイーサリアムのヴィタリック・ブテリンなどの人気のある人物のアカウントを作成し、送信した金額の2倍を獲得することを約束してコインを転送できるアドレスを開示します。

これらの不正な陰謀が潜んでいて、何度も何度も浮上しているので、ユーザーご自身は資産を保護することが重要です。高品質のウォレットに投資し、ソフトウェアウォレットよりも安全なハードウェアウォレットに保存したほうがいい。

デジタル資産の影響

問題を確定すると、問題が明らかになり、対策を作成します。それが、仮想通貨業界が繁栄に発展し続けるにつれて、起こっていることです。現在、私たちが慣れている欠陥のあるものよりも良い選択があることを発見しました。

さらに、仮想通貨とブロックチェーン技術は大規模な進歩をもたらすために、他の業界にも活躍しています。たとえば、リップル(Ripple Labs)は現在の金融システムを近代化し、ソリューションを提供することで金融機関の対応スピードを向上させます。ブロックチェーンテクノロジーに基づいて、世界中の銀行と金融機関を接続し、数日や数週にかからなく、ほんの数分で送金することを可能にします。手数料を削減するだけでなく、官僚的形式主義の削減とサービスの高速化に関しても有効です。

よく知られているように、仮想通貨業界はゆっくりと世界を変え、一般の大衆により良い未来を形作っています。最新の仮想通貨ニュースを常に把握するために、BTCPostで他のコンテンツを読んでください。