業界

これらの仮想通貨に関する詐欺に注意してください

仮想通貨が発行されて以来、デジタル資産に関する不正な活動や詐欺がインターネット上で話題になっています。個人や機関から数百万ドルを奪い、これらの詐欺は、今日までトレーダーや投資家を騙して続けます。当局に捕まった後、詐欺師の運営方法を変えたかもしれませんが、これらの詐欺は消えずに、増殖しています。

仮想通貨業界は、これらの詐欺に苦しんでいます。幸いなことに、これらの不正スキームに関する情報が多くなり、ハッキング攻撃への対策が整っています。ネットに潜んでいる一般的な仮想通貨スキームについては、BTC Postで十分にチェックし、注意すべき危険信号を知りましょう。

知っておくべき仮想通貨スキーム

初めて新規投資を検討するときは、業界に関する広範な詐欺や不正スキームに十分に注意を払ってください。これにより、強盗事件を防止するだけではなく、自分が取り込んでいることについて知ることができます。

仮想通貨は暗号技術を使用してシステムのセキュリティを維持しますが、詐欺師は悪用する余地はまだあります。ここで、詐欺師が人々をだまして、個人情報や許可なしに資産を紛失させるさまざまな方法を発見しましょう。

ハードウェアウォレットに関する盗難

ソフトウェア/ホットウォレットとハードウェア/コールドウォレットは仮想通貨を保存するための二つの方法です。前者はコインをオンラインで保存し、即時の取引を可能にしますが、後者はフラッシュドライブなどの小さなハードウェアデバイスに仮想通貨を安全に保管します。

ハードウェアウォレットに比べて、ソフトウェアウォレットはインターネットに接続されているため、サイバー攻撃を受けやすいです。この瞬時の接続により、ほんの数秒で取引を完了できますが、流動性と引き換えに、ハッカーはデータを改ざんする恐れがあります。

ハードウェアウォレットはインターネットに接続されていないため、改ざんできないと思うかもしれませんが、ハッカーはまだセキュリティ防御をすり抜けることができます。報道によると、コールドウォレットには、組み込まれた脆弱性があります。

詐欺師はハードウェアウォレットの売り手を装い、事前設定されたアルゴリズムを顧客に提供し、ウォレットを有効にすると売り手が資金を得ます。この問題を回避するために、ウォレットプロバイダーが信頼できることを確認しなければなりません。調査を行なった上、十分な情報に基づいた決定のみを行って、セキュリティとプライバシーを確保してください。

取引所へのハッキング攻撃

仮想通貨取引所がサイバーハッカーに奪われ、取引所と顧客から数百万ドルが奪われた例はいくつありました。2014年のマウントゴックス (Mt. Gox)のハッキングは、仮想通貨業界で最も人気のあるハッキング攻撃事件であり、日本を拠点とする取引所に対して、破産の申請を余儀なくされました。

この事件により、世界最大のビットコイン取引所のオンライン準備金から、約6億4000万米ドル相当のデジタル資産が盗まれました。これは仮想通貨コミュニティ全体を驚かせ、取引所、マーケットプレイス、ブローカーサイトに安全性を高め、不正な攻撃に対する防御を強化することは差し迫っています。

これらのハッキングは、個人ではなく、より大規模な取引所を攻撃目標としています。あなたは直接の目標ではありませんがが、サイトまたは付加のソフトウェアウォレットが目標になる恐れがあります。

この種のハッキング攻撃から自分の資産を保護するために、多くの措置を取ることができます。まず、取引を完了すると、購入した仮想通貨をプライベートウォレットに保存してください。オンラインウォレットと比較して、取引所は、毎日多くの取引がシステムによって処理されるため、ハッキング攻撃を受けやすいです。

セキュリティシステムが弱い取引所はサイバー攻撃を受けやすいため、使用している取引所に最新のセキュリティシステムが装備されていることを確認しなければなりません。ほかには、攻撃を受けた場合、顧客の資産を保護する保険契約が締結されたことも重要です。

景品詐欺

最近、影響力のある有名人やパーソナリティのビデオがYoutubeに広まり、寄付の2倍のビットコインを提供することが話題になっています。これらの動画では、スペースXのイーロン・マスク、イーサリアムのヴィタリック・ブテリン、リップルのブラッド・ガーリングハウスなどの有名な技術者のクリップを使用して、これらの人物が最大10,000BTCを提供していることを示す編集済みのイラストを添付しています。含まれているアドレスに任意の金額のBTCを送信するだけで、送信した金額の2倍を受け取ることができると宣伝しています。

これらの景品詐欺動画はYouTubeで視聴前、視聴中、視聴後に広告として再生し、世界中の何百万人を惹きつけました。しかしながら、この種のオンライン詐欺はYouTubeで使用されただけでなく、Twitterにも広まりました。

ソーシャルメディアアプリでは、詐欺師が元米国大統領バラクオバマ、現在の米国大統領ジョー・バイデン、マイクロソフトの創設者ビルゲイツ、影響力のあるラッパーのカニエウェストなどの有名人を装いました。偽のアカウントが作成され、想定される景品に関する発表に使用されます。

米国で最大の取引所の1つであるバイナンスでさえ、詐欺に遭遇してしまいました。これらのオンラインプラットフォームの範囲が広いため、この詐欺は数千人のユーザーをだまし、数百万ドルを盗んでいました。

残念ながら、仮想通貨の安全な性質のため、返還は不可能です。しかし、これらの詐欺から自分の資産を守ることは、特に最初に送金する必要がある場合、景品について非常に懐疑的な態度を持つことと同じくらい簡単です。大きな景品となると、信じられないほど良すぎる場合、それはおそらく詐欺であるかもしれません。

仮想通貨スキーム対策

ハッカーや不正な攻撃を完全に消去することはできません。当局に報告したとしても、彼らはただ新しい方式を取り、多くの顧客から資金を盗み続けます。十分に注意を払って、デューデリジェンスを行い、特定の問題についてできるだけ多くのことを調査することで、攻撃から常に資産を保護することができます。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 37,891.00 3.99%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 2,353.55 4.51%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.11%
  • binance-coinBinance Coin (BNB) $ 354.71 2.19%
  • cardanoCardano (ADA) $ 1.49 3.29%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.304517 3.12%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.843267 2.19%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.2%
  • polkadotPolkadot (DOT) $ 22.34 6.98%
  • uniswapUniswap (UNI) $ 21.71 5.24%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。