学ぶ

仮想通貨の世界の大物たち!

biggest names in crypto banner image

仮想通貨の世界は、無数の重要な人物の影響の下に築かれたコミュニティですが、その中でも、彼らの行動や言動が仮想通貨業界を大きく変えてしまった人たちがいます。

彼らの影響力は、仮想通貨が単なる風変わりなインターネット・トークン以上の存在となり、伝統的な金融の慣習に挑戦することを可能にしました。今日のBTC Postでは、仮想通貨の大物たちを紹介するとともに、彼らがどのようにこの業界に巨大なインパクトを与えたかを紹介します。以下のリストに名前を連ねることができた人たちをチェックしてみてください。 

サトシ・ナカモト:仮想通貨の創生者  

明確な身元がわからないにもかかわらず、仮想通貨のビッグネームのリストにすべてを始めた人物の名前を入れることにしました。サトシ・ナカモトが誰であるかは誰も知りませんが、この名前だけで、仮想通貨ファンなら誰でも好奇心をかき立てられます。もしあなたがまだ偉大なサトシ・ナカモトについて知らないなら、彼は世界で最初の仮想通貨であるビットコインを作ったとされる人物です。

2008年10月13日、サトシは暗号学メーリングリストに「Bitcoin: A peer-to-peer electronic cash system」というホワイトペーパーを発表しました。このホワイトペーパーで彼は、2008年の世界的な金融崩壊によって、従来の通貨の無数の欠点が露呈したことへの解決策として、仮想通貨ビットコインの作成を提案しました。

ホワイトペーパーを発表した直後、サトシはビットコインプロジェクトをオープンソースのコードプラットフォームであるSourceForgeに登録しました。2009年1月3日、ビットコインの創世記のブロックがマイニングされ、最も成功したデジタル・トークンとしてその遺産がスタートしました。 

サトシ・ナカモトが暗号に与えた影響:何が人々を魅了したのか?

最初の仮想通貨を作っただけでなく、サトシ・ナカモトはデジタル・トークンの世界の中心人物と見なされています。彼の奇妙な失踪は、彼の正体に対する人々の好奇心を刺激するものではありません。実際、ほとんどの人は、デジタル・トークンのエコシステムの中で最も影響力のある仮想通貨を作ったのがサトシ・ナカモト一人だとは思ってもいないでしょう。

このペンネームの背後に隠れている人物は、確かに仮想通貨の世界を支配する力を持っており、この悪名高いペンネームに名前を連ねている人たちは、しばしばデジタル・トークン業界で影響力のある人物と見なされているのです。Vili Lehdonvirta氏とGavin Andresen氏は、仮想通貨の世界では著名なソフトウェア開発者です。仮想通貨業界だけでなく金融界におけるサトシ・ナカモトの影響力は絶大で、2015年にはノーベル経済学賞にノミネートされたほどです。

ヴィタリック・ブテリン:分散型金融の父 

ヴィタリック・ブテリン氏は、世界で2番目に人気のある仮想通貨「イーサリアム」を共同設立したプログラマーです。2011年に父親からビットコインを紹介されたとき、ブテリンはまだ17歳でした。デジタル通貨の概念に興味を持ったヴィタリック氏は、2012年にMihai Alisie氏とともにBitcoin Magazineを立ち上げることになりました。

この年、彼は中高生向けのプログラミングコンテストであるInternational Olympiad in Informaticsにも参加しました。この大会では銅メダルを獲得し、比較的若いながらもプログラミングの分野で実力を発揮しています。

2013年、ヴィタリックはイーサリアムのホワイトペーパーを発表し、2015年にはギャビン・ウッド氏、ジョセフ・ルービン氏と共にプロジェクトの実現に向けた活動を進めました。

Vitalk Buterin氏は仮想通貨の世界にどのような影響を与えたのか?    

このロシア系カナダ人プログラマーによるイーサリアムのブロックチェーンエコシステムの研究は、ノンファンジブルトークン(NFT)と分散型金融(DeFi)の基礎を形成しました。同氏の天才的な仕事により、イーサリアムは今日のような数十億の企業になりました。これとは別に、ヴィタリックはイーサリアムのユーザーがブロックチェーン上で動作するアプリケーションであるDappsを利用する機会も開拓し、その結果、分散型となりました。

これらのアプリケーションは中央当局の管轄外に存在するため、ユーザーは自分のプライバシーを保護することができます。さらに、アプリの作成者がプログラムの内容を検閲する権限も奪えます。

ブテリンはまた、イーサリアムのブロックチェーンを非効率なプルーフ・オブ・ワーク・モデル(PoW)から、より持続可能で持続的なプルーフ・オブ・ステーク(PoS)モデルへとアップグレードし、その改善に一歩踏み出そうとしています。

Seven Seven Sixというソフトウェアを駆使したベンチャー企業の創業者で、Redditの前執行委員長であるAlexis Ohanian氏によると、ヴィタリックはビルダーの能力から仮想通貨の世界では特別な人物であるといいます。イーサリアムの革新的な技術をすべて考え出した人は一人もいませんが、ヴィタリックのアイデアが出発点となり、ブロックチェーン技術を活用する複数の方法が生まれました。  

イーロン・マスク:億万長者のゲームチェンジャー  

イーロン・マスク氏は、ナカモト氏やブテリン氏とは異なり、仮想通貨の創設やブロックチェーンの開発には関与していません。しかし、彼は仮想通貨投資家を動かし、その意見でデジタル通貨のエコシステムに大きな影響を与えることができる有名な実業家です。

その代表的な例が、彼が「ドージコインは人々の暗号だ」というシンプルなツイートだけで、ドージコインを盛り上げたことです。イーロン・マスク氏も、The B Word Conferenceで報道陣に「スペースXはテスラと同様にビットコインに投資している」と公言し、ビットコインをメインストリームに押し上げました。 

ツイートする度に暗号の世界を変える

イーロン・マスク氏は常に仮想通貨への支持を表明し、彼のツイートを通じて他の人々に投資するよう影響を与えたことさえあります。仮想通貨の背後にある技術に直接的な影響力はないものの、イーロン・マスク氏の言葉だけで投資家に影響を与え、彼がツイートする度にミームトークンであるドージコインの価格が上昇し、彼が支持する仮想通貨の潮流を変えることができるのです。 

ナジブ・ブケレ:仮想通貨の世界で影響力のあるリーダー

ナジブ・ブケレは、仮想通貨のビッグネームのリストで唯一の政治家です。彼は37歳のエルサルバドル大統領で、エルサルバドルの2大政党の1つであるファラブンド・マルティ民族解放戦線(FMLN)による30年にわたる支配を打ち破った人物です。

ブケレは大統領として、未来を見据える目とイノベーションを追い求める執念を持っていることで知られています。その証拠に、彼は仮想通貨を支持し、エルサルバドルをビットコインを法定通貨とした最初の国にもしています。 

仮想通貨を法定通貨にするための道を開く 

ナジブ・ブケレ氏は、9月7日にエルサルバドルでビットコインを法定通貨にしたことで、暗号コミュニティのヘッドラインを飾りました。この行為は、デジタル・トークンが金融界で持つ価値を復活させ、パラグアイやウクライナといった他の国々にも、自国でのビットコインの合法化を検討するよう影響を与えたほどです。

ビットコインが合法とされた結果、金融界でより広い影響力を持つようになり、ユーザーがトークンで商品を購入することがより容易になります。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 20,076.00 3.13%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,132.30 2.54%
  • tetherTether (USDT) $ 0.999407 0%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999415 0.12%
  • bnbBNB (BNB) $ 236.69 5.12%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.32%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.322555 1.75%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.455919 1.28%
  • solanaSolana (SOL) $ 35.72 5.72%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.067370 1.75%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。