学ぶ

仮想通貨と不換紙幣。どちらが良いのか?

crypto fiat bannermain

商品やサービスの購入に不換紙幣が毎日のように使われている世界で、仮想通貨は未来のお金になるのか、それとも市場で共存できるのか。今、デジタル資産が人気を集め始めているのは、便利で安全な取引を保証する高度な技術があるからです。

フィンテックの専門家が行った最近の仮想通貨調査では、パネルの54%が、2050年までに世界の金融業界でビットコインが不換紙幣を追い抜くだろうと予測しています。それを表現する言葉として「ハイパービットコイン化」と呼ばれており、中には、より多くの人、国、企業が採用し始めることで、早ければ2035年にも実現すると見ている人もいます。

最も注目すべき例は、中米の最小国であるエルサルバドルで、この国はビットコインを法定通貨として使用する最初の国になります。そのほか、PayPalやFacebookなどの経済界の大物企業も、最近のビジネストレンドである仮想通貨に取り組んでいます。

このような動きを見ていると、「不換紙幣が支配する世界で、仮想通貨は主要な決済手段となり得るのか?その答えはBTC Postにあります。

不換紙幣とは?

不換紙幣は、多くの人が慣れ親しんでいる伝統的な支払い方法です。それぞれの国で商品やサービスを購入する際に使用する、物理的な現金やコインです。政府によって規制されており、本質的な価値を持っていないのが特徴です。 

不換紙幣の長所

アクセスが容易である

現在のところ、人々が商品やサービスを購入する際に広く使用しているのは不換紙幣なので、仮想通貨よりも不換紙幣の方がアクセスしやすいです。誰もが仮想通貨を所有しているわけではありませんし、仮想通貨を支払い手段として利用できるマーチャントも限られています。

人々は仕事やビジネス、投資を通じて定期的にお金を稼いでいます。銀行や規制する中央機関がある限り希少価値はなく、今後も希少価値がなくなることはないため、仮想通貨よりもはるかに適応性、汎用性が高くなっています。

世界的に認められている

不換紙幣は世界中で使われています。つまり、お店やスーパー、食料品店などでは、販売する商品を不換紙幣(ドル、ポンド、円など)で掲示します。人々は、仮想通貨の価値とは異なり、すぐに理解し、認識することができます。

不換紙幣の短所

政府はいつでも不換通貨を製造できる

何かを無制限に入手できることは、決して良いことではありません。政府はいつでも必要なだけ貨幣を生産することができます。貨幣が無限に供給されるということは、ハイパーインフレになりやすいということです。これは、政府が貨幣の価値が下がるほど過剰に貨幣を生産した場合に起こる現象です。

政府はマネーサプライをコントロールできるので、以下のような経済変数を管理することができます。

  • 流動性
  • 利子率
  • 信用供給
  • 貨幣速度

送金には手間がかかる

不換紙幣を送るには、承認されるまでに様々な要件を処理する必要があるため、特に国境を越えた取引では時間がかかります。また、取引手数料や国際為替レートが高額になることもあります。場合によっては、これらの手数料が送金額とほぼ同額になることもあり、イライラすることもあります。

偽造される可能性がある

不換紙幣は簡単に偽造することができます。売り手やマーチャントが十分な注意を払っていなかったり、不正な紙幣に気づかなかったりすると、偽札を本物だと勘違いしてしまうことがあります。

仮想通貨とは?

デジタル資産は、不換紙幣と同様に、商品やサービスを購入するための交換手段として使用できる通貨です。仮想通貨が不換紙幣と異なるのは、すべての取引に「ブロックチェーン」と「暗号」の技術を使用していることです。

ブロックチェーンは、仮想通貨が中央機関を必要とせずに機能するための重要な要素です。これは、コードと数学的な関数によって完全に制御されているため、中間者の役割を排除することができるからです。

要するに、ブロックチェーンは、人々の取引が記録されている分散型のパブリック台帳です。すべてのブロックチェーンに集められる情報は、送信者、受信者、送金されるコインの量などです。いったんこれらが台帳に記録されると、それは永久的なものとなり、変更されることはありません。

仮想通貨の長所 

取引手数料が少ない

仮想通貨を使った支払いでは、銀行や政府の許可や関与を必要としないピアツーピアのネットワークを使用するため、中間業者の存在がなくなります。これは、お役所仕事が少なくなることを意味しており、送信者や受信者が支払う必要のある取引手数料を軽減することができます。

速い取引レート

仮想通貨の主なセールスポイントの一つは、その迅速な取引レートです。銀行の通常の送金サービスよりもはるかに速く、手間がかかりません。仮想通貨を使った送金は、数秒から数分で完了します。 

改ざんすることが不可能

先に述べたように、仮想通貨を使った各取引は、そのハッシュ化とブロックチェーン技術のおかげで改ざんが不可能です。また、ブロックチェーンは、すべての取引が記録されるタイムスタンプとしても機能します。これにより、1つの取引を誤って2回行ってしまう「二重支出」を防ぐことができます。

仮想通貨の短所

価格が変動しやすい

仮想通貨への投資は、非常に変動しやすいためリスクを伴います。つまり、価値が上がって大きなリターンを得ることもあれば、下がって大きな損失を被ることもあるということです。そのため、投資家や企業の中には、まだ仮想通貨への投資をためらう人もいます。

まだ広く受け入れられていない

あなたが行く店やマーチャントは、100%不換紙幣を受け入れます。しかし、仮想通貨はまだ広く受け入れられていないため、同じことは言えません。オンラインでも現実でも、仮想通貨を支払い方法として受け入れている店舗は限られています。

両通貨の今後の展望

今日の時点で、仮想通貨はすでに一般に知られているかもしれませんが、すべての人が使っているわけではありません。これは、この形態の通貨が正当な支払いや投資の方法であるかどうかについて、人々がまだよく考えていないからかもしれません。また、そのコンセプトをよく知らない人や、価格が手ごろでない人もいるでしょう。

理由はともかく、ひとつ確かなことは、仮想通貨が将来的に不換紙幣を抜いて主要な決済手段となる可能性が高いということです。今のペースでいけば、この通貨がリスクを取る価値があると人々が気づくのもそう遠くはないでしょう。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,534.56 2.95%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,066.88 5.54%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.09%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.997987 0.07%
  • bnbBNB (BNB) $ 212.99 2.89%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.984615 1.69%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.320780 3.43%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.449362 3.56%
  • solanaSolana (SOL) $ 31.95 9.11%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065322 0.24%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。