学ぶ

気をつけるべき仮想通貨の詐欺・不正行為

crypto scam banner image

仮想通貨業界が成長している一方で、単に暗号トークンを成長させたいと思っている無実の投資家を恐喝しようとする多くの詐欺師も存在します。幸いなことに、仮想通貨市場を取り巻くこの侵略的な問題には多くの解決策があり、BTC Postではそれらをすべて見つけることができます。

以下を読み進めて、注意すべきさまざまなスキームだけでなく、これらの厄介な詐欺から逃れるための予防策も学んでください。 

2021年に流行する仮想通貨の詐欺 

以下は、現在の業界で最も普及している詐欺の例です。

偽の身分証明書と匿名・偽名 

オンラインで誰かと取引をしているときに、相手が自分の名前を明かさない場合は、すぐに赤信号だと考えるべきです。しかし、たとえ名前を明かしていたとしても、その相手が正当な人物であるかどうかを確認する必要があります。結局のところ、すべてのサイトがKYC(顧客熟知)プロトコルに従っているわけではありません。

どこのブロックチェーンでもKYCの義務化がなされていないことは、仮想通貨の領域を取り巻く大きなデメリットであると、かつてPayPalでブロックチェーン戦略の責任者として勤務し、現在はブロックチェーンセキュリティ企業Snickerdoodle LabsのCEOを務めるジョナサン・パディラ氏はコメントしています。

ブロックチェーンは非中央集権的な性質を持っているため、特に取引オペレーション外の、明確な身元確認ができない未知のサイトから購入する場合は、誰と取引しているのか分かりません。

幸いなことに、ブロックチェーンは透明性が高く、すべての記録が公開されているので、コーダーや開発者は、より厳重なセキュリティ対策を講じることができますし、少なくとも詐欺の場合には、詐欺を行った当事者を追跡することができます。パディラ氏は、「(ブロックチェーンには)透明性が組み込まれており、今では(コーダーが開発している)ツールを使えば、洗練されたソフトウェアを使ってオンチェーン分析を行い、これらのものがどこに行くのかを追跡することができます」と話しています。

さらに、金融機関や仮想通貨取引所サイトは、詐欺や不正な取引、さらには汚職やマネーロンダリングのスキームから人々を守るために、厳格なKYCプロトコルに従っています。そのため、KYC認証を必要とするプラットフォームのみを利用すべきです。なぜなら、このプロセスは、そのサイトで出会うすべてのユーザーの身元をすでに確認していることを保証するからです。

ゲーム通貨詐欺

オンラインで動画や音楽を再生しているときに広告をクリックすると、特定のゲームアプリをダウンロードするようにアプリストアに促されたことはありませんか?そのアプリを開くと、デジタルペイウォールが表示され、情報を書き込んで仮想通貨を使って支払うように求められます。

その後、「このシンプルなゲームを楽しみながら、投資額の100万倍を稼ぐことができます」と書かれたメモや広告資料がたくさん出てきます。ここまで来たら、そのアプリは、苦労して稼いだ暗号トークンを強奪する詐欺なので、すぐに削除すべきです。

この例は、韓国の人気Netflixシリーズの同名作品をベースにしたSquid Gameトークンの開発者が行った「ラグプル」詐欺です。このPlay-to-earnコインは、それが使われるように作られたゲームの想定されるローンチの前に購入できるようになりました。多くの人がその宣伝に参加し、コインの価格が2,000ドル以上に急騰するほど購入しました。

しかし、トークンを購入した人は、購入した資産を売却して利益を得ることができませんでした。その後、開発者はすべてのSQUIDを売却して数百万ドルの利益を得ましたが、すべての所有者は宙ぶらりんになってしまいました。 

あなたの暗号トークンを守る方法

今日、仮想通貨の人気と仮想通貨初心者の増加に乗じた詐欺師により、仮想通貨の取引や使用に伴うリスクはかつてないほど高まっています。

以下は、これらの詐欺があなたのところにやってこないようにするためにできる方法です。

優れたスキャムレーダーを身につける  

仮想通貨業界では、お客様の資金はどの機関からも保証されておらず、その安全性についてはお客様が全面的に管理・責任を負うことになるため、常に警戒する必要があります。幸いなことに、以下のような注意すべき明らかな赤信号があります。

  • ブランド名の誤字・脱字
  • 実現不可能な約束 
  • トークンを購入した後に売ることができない義務がある
  • 一攫千金を狙ったスキーム 
  • ソーシャルメディアやインフルエンサーを利用したスキーム 
  • あなたのトークンがどこから来てどこへ行くのかについての曖昧な情報
  • 脅迫や強要  

これらを念頭に置くことで、自信を持って詐欺を見抜き、巻き込まれることを防ぐことができます。

秘密鍵はオフラインで安全に保管

秘密鍵があれば、自分の資産を好きなアドレスに移すことができます。つまり、自分以外の誰にもアクセスできないようにする必要があります。悪意のある攻撃者から秘密鍵を守るためには、インターネットに接続されたメモアプリであっても、秘密鍵をオンラインで保存したり、保管したりしてはいけません。紙やノートに書いて、自分以外の人が見ることができないようにしましょう。

また、ホットウォレットには注意が必要です。なぜなら、あなたのアカウントの秘密鍵を持っているのは、あなたではなく、彼らだからです。つまり、彼らのデータが漏洩した場合、あなたの資金は盗難に遭いやすくなります。

このタイプのウォレットは、すぐに取引ができるという点では最も便利ですが、大きなリスクを伴います。このようなリスクを軽減するためには、常に取引を保護し、効率的なセキュリティ対策を施した信頼できるウォレットを使用するようにしてください。また、強盗に備えて保険を提供しているところを探すのもよいでしょう。

詐欺行為を報告する 

万が一、詐欺に遭った場合は、他の人が被害に遭わないように、すぐに以下の機関に報告してください。 

  • 連邦取引委員会
  • 米商品先物取引委員会
  • 米国証券取引委員会
  • 暗号トークンを取引した仮想通貨取引所プラットフォーム
  • 金融行動監視機構

BTC Postでは、2021年の仮想通貨詐欺に関する最新情報をお届けします!

常に情報を得ることで、ほんの数秒ですべての投資を流出させてしまうこれらの詐欺行為に巻き込まれることを防ぎましょう。仮想通貨の最新情報を知りたい方は、BTC Postの他のブログや記事をチェックしてみてください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,211.96 2.23%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,280.02 3.72%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.03%
  • bnbBNB (BNB) $ 289.29 1.9%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.11%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999996 0.11%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.391774 1.96%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098192 2.17%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.314725 1.89%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.927452 4.38%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。