学ぶ

初心者のための分散型アプリケーション(dApps)ガイド

dApps banner games

2009年に最初のブロックチェーンネットワークが登場して以来、ブロックチェーン技術は進化し続けています。年々、様々なブロックチェーンプラットフォームに、金融という業界を超えた新しい機能や特徴が追加されています。

美術品の収集からゲームやオンラインマーケットまで、ブロックチェーンは分散型アプリケーション(別称dApps)と呼ばれる全く新しい産業分野を構築しています。その実際の使用方法や例については、以下をご覧ください!

dAppsとは?

分散型アプリケーション(dApps)とは、ブロックチェーンやP2P(ピアツーピア)ネットワーク上で動作するデジタルアプリケーションやプラットフォームのことです。つまり、あるプラットフォームを完全に管轄する第三者機関が存在しないということです。

ネットワーク内のユーザーは、自分のデータをより自由にコントロールすることができ、権威からの支配や干渉のリスクを排除することができます。一言で言えば、dAppsはコミュニティ主導型です。

例えば、Facebookに似たdAppを作り、それをブロックチェーンプラットフォーム上で動かすことができます。このネットワークでは、すべてのユーザーが自分の投稿を公開することができます。一度投稿された記事は、開発者やクリエイターではなく、どのユーザーも編集や削除ができません。 

dAppsの仕組みとは?

dAppsの仕組みを知るには、まずその構造を理解する必要があります。これらのアプリケーションは、ユーザーと通信するためのフロントエンドコードと、単一のエンティティによる改ざんを防ぐためのバックエンドコードで構成されています。

フロントエンドのコードは、表面的には、Facebook、Instagram、WhatsAppなど、日常的に使用するモバイルアプリケーションと同じように見えます。しかし、異なる点は、ユーザーの秘密鍵と公開鍵を保管するデジタルウォレットを備えていることです。フロントエンドコードは、ブロックチェーンがアドレスや認証用の暗号鍵を管理したり、バックエンドコードのトリガーとなる呼び出しを行ったりするのに役立ちます。

一方、バックエンドコードは、分散化されたピアツーピアネットワーク上で動作します。これらは、プログラミング言語「Solidity」を用いたスマートコントラクトによって記述されます。スマートコントラクトとは、特定のdAppの背後にあるロジックを実行するコンピュータプログラムのことです。いったんプラットフォーム内に展開されると、もう変更することはできません。

分散型アプリのメリット  

開発の初期段階にもかかわらず、dAppsは、ゲーム、金融サービス、ソーシャルメディアなどの業界で有用であることが証明されています。現時点では、誰もが利用できる大きなメリットがあります。ここではそのいくつかをご紹介します。

データセキュリティ

分散型アプリの最大の特徴は、比類のないセキュリティを備えていることです。ブロックチェーン上で動作しているため、中央集権的なネットワークが経験する問題に遭遇するリスクはほぼゼロです。さらに、ブロックチェーンベースのプラットフォームには、悪意のある攻撃を防ぐコンセンサスメカニズムが搭載されています。

中央集権的なネットワークとは異なり、dAppのユーザーは個人情報を提供する必要がありません。さらに、ユーザーの情報は、いかなる形であれ、当局に管理されていないデータベースに保存されます。

低コストでの開発

YouTube、Pinterest、Twitterのような中央集権的なアプリでは、開発コストが高くなります。維持費、クラウドサーバー、データ処理、マーケティング費用などを考慮しなければなりません。

しかし、分散型アプリの場合、dAppのコストにはアップグレード、デプロイメント、開発がすでに含まれているため、ブロックチェーン開発者は大金を払う必要はない。さらに、dAppは第三者機関に支払う必要がないため、財務的にも効率的です。そのため、開発者はより多くの利益を得ることができ、ユーザーの取引手数料も軽減されます。 

ユーザー中心のコンテンツガイドライン

中央集権的なアプリケーションは、運営する国の法律や規制に従います。また、どのような種類のコンテンツを公開するかについて、利用規約を恣意的に決定し、ユーザーに有害な結果をもたらします。例えば、YouTubeはヘイトスピーチを含む動画コンテンツを公開したことでフラグが立てられました。同様に、TikTokでは、トランスジェンダーを検閲し、プラットフォームの使用をブロックしたとされています。

しかし、dAppsは通常のアプリケーションとは全く異なります。管理や検閲を行う中間業者が存在しないため、ユーザーの自主性が向上します。

ユーザーは、ブロックチェーンへのアクセス、トランザクションの送信、dAppsのデプロイをブロックされることはありません。どのような種類のコンテンツを消費したり共有したりするかはユーザー次第ですが、法的な意味合いについてはユーザーが責任を持つことになります。

分散型金融アプリの例

分散型アプリケーションとは何かを把握したところで、知っておきたいdAppsの例がたくさんあります。

DeFiとも呼ばれる分散型金融は、金融アプリケーションやサービスがブロックチェーン技術上で動作するシステムです。人々は、銀行を経由する代わりに、ピアツーピアの取引で他のユーザーから資金を借りたり、仮想通貨を取引したりすることができます。今日では、誰もが利用できる分散型金融アプリケーションのエコシステムが拡大しています。

ここでは、あなたが恩恵を受けることができる分散型金融アプリケーションのいくつかを紹介します。

Compound

ブロックチェーンベースの借入・貸付dAppとされるCompoundでは、ユーザーは自分の仮想通貨を貸し出し、そこから利息を得ることができます。

さらに、食料品を買いたいが資金が投資に縛られている場合、デジタル資産をCompoundのスマートコントラクトに預け、そこから借りることができます。借り手と貸し手のマッチングや、金利の規制なども自動的に行われます。

Uniswap

Uniswapは、スマートコントラクトで動作する仮想通貨取引所で、自分のウォレットから直接トークンを取引することができます。

取引が市場価格に忠実であることを保証するために、Automated Market Making (AMM)と呼ばれるメカニズムを使用しています。これは、通常のマーケットメイキング技術の代わりに、数学的な式に依存して資産の価格を決めるプロトコルです。

取引だけでなく、ユーザーはプーリングに参加することもできます。つまり、コントラクトに仮想通貨を供給し、交換手数料のシェアを得ることで、流動性供給者となることができるのです。

分散型アプリケーションの次の展開は?

dAppsは年々その人気を高めていますが、その可能性を最大限に引き出すためには、さらなる開発と新機能が必要です。しかし、この技術はまだ活用されていないにもかかわらず、人々がお金を使う方法、コンテンツを共有する方法、お互いにコミュニケーションする方法を再構築することが期待されています。

今後、新たなdAppsが市場に登場することが期待されています。実際、DappRadar 2019 Dapp Industry Reviewによると、金融分野では分散型金融アプリが約88%貢献しています。

さらに、dAppsは現在、ブロックチェーン技術の大量導入を迅速に進めるために、UI/UXの開発を進めています。トークンの取引に使用される分散型金融プロトコルであるUniswapは、ちょうど今年、プラットフォームの改良されたインターフェースを発表しました。集中した流動性や複数の料金体系などの機能が追加されたことで、あらゆる分野のユーザーが安全で高度な金融市場に参加するようになるでしょう。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,383.77 1.33%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,066.27 3.17%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.03%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.24%
  • bnbBNB (BNB) $ 216.67 1.11%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.22%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.448225 0.02%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.312662 0.85%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.68 1.44%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.066339 1.57%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。