学ぶ

仮想通貨の歴史:現在のデジタルコイン

2009年にビットコインが誕生して以来、無数の仮想通貨が市場に登場してきました。疑惑や論争もありましたが、仮想通貨市場は大きく発展し、現在では6,700以上のアルトコインやトークンが流通しています。

暗号化の動きが加速する中、この革命がどのようにして始まったのか気になっている人もいるでしょう。ここ、BTC Postでは仮想通貨の歴史に迫ります。

デジタルコインのはじまり

DigiCashとB-Money:仮想通貨の設計図

2009年にビットコインが誕生する以前、80年代後半から90年代前半には、デジタルコインに関する理論はすでに存在していました。仮想通貨の歴史は、アメリカの暗号学者であるデビッド・チャウム氏が、「ブラインド・キャッシュ」と呼ばれる異なる形態の電子マネーを実験的に開発したことに始まります。

このコンセプトが仮想通貨の基礎となったのです。1989年、チャウム氏はブラインド・キャッシュの公式に従ってDigiCashを設立しました。それは、暗号化された情報を用いて、個人から個人へ安全かつスムーズに送金するトークン通貨でした。

1998年には、ウェイ・ダイ氏という別の開発者が、同期的で妨害されないブロードキャストチャネルで運用されるB-Moneyを提案しました。そこには、サードパーティアプリケーションを必要としない、ネットワークを介した契約ベースの取引も含まれていました。

ビットコイン:史上初の仮想通貨

最初の仮想通貨と考えられているビットコインは、仮想通貨の歴史に道を開く上で最も影響力のあるものです。ビットコインは、サトシ・ナカモトというペンネームで発表された「Bitcoin: A peer to peer electronic cash system(ビットコイン:ピア・ツー・ピアの電子マネーシステム)」というホワイトペーパーから始まりました。

ビットコインは、2008年のアメリカの経済危機によって人々が金融機関を信用できなくなった後、従来の銀行業務を回避するために考案された仮想通貨です。ビットコインは、ブロックチェーン技術を用いた非中央集権的なシステムにより、規制や仲介者なしで人々がお金をやり取りできる代替手段を提案しました。

2009年1月には、ビットコインのネットワークから最初のブロックが利用されました。2010年4月には0.14米ドルにまで値上がりしました。

5月22日、ラズロ・ハニエツ氏が10,000BTCで2枚のピザを購入したのが、ビットコインを使った史上初の現実世界での取引でした。現在では、この日はビットコイン・ピザデーとして仮想通貨愛好家の間で記念され、祝われています。

ビットコインの最初の取引の1年後、フォーブスは仮想通貨業界に関する記事をいくつか掲載し、投資家の間でビットコインの人気が高まり、2011年には時価総額1億3,000万米ドルに達しました。

Bitcoin Foundationは、デジタルコインのさらなる普及を目指して2012年に設立されました。この財団の設立は、今後のデジタルコインの発展のためでもあります。

アルトコインの登場

ライトコインとリップルの参入

ビットコインが仮想通貨市場を支配し続ける中、その成功に対抗する他の仮想通貨が登場しました。2011年10月、チャーリー・リーは、ビットコインに代わる安価で高速な仮想通貨を仮想通貨ユーザーや投資家に提供するために、ライトコインを生み出しました。これにより、ビットコインの「デジタル・ゴールド」に対してライトコインは「デジタル・シルバー」と呼ばれるようになりました。

2012年には、ベンチャーキャピタリストのクリス・ラーセンとジェド・マカレブがRipple Labs, Inc.を設立し、独自の仮想通貨を開発しました。彼らのネットワークのデジタルコインであるXRPは、いまや市場をリードする仮想通貨の一つとなっています。

イーサリアム:スマートコントラクトの幕開け

2015年に発表されイーサリアムのブロックチェーンは、ビットコインネットワークの基本的なアーキテクチャに目覚ましい改善を加たえるために生み出されました。そのネイティブコインであるイーサは、イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリンによって開発されました。

ユーザーは、ブロックチェーンを、当事者間の合意を自動的に成立させることができる自己管理型のスマートコントラクトとして利用することができます。

ブロックチェーンに組み込まれた追加機能により、イーサリアムは市場で最も活発に使用されているブロックチェーンの一つとなりました。また、時価総額ではビットコインに次いで2位となっています。

カルダノのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)プロトコル:ウロボロス

ビットコインとイーサリアムの両方が直面している最も差し迫った問題の一つは、仮想通貨のマイニングに使用されるエネルギーです。仮想通貨の拡張性の問題に対処するため、2017年にカルダノが登場しました。これは、他の仮想通貨ネットワークのプルーフ・オブ・ワークによるコンセンサス検証と比較して、リソースをスケールダウンさせるピアレビューを可能にしています。

カルダノは、ウロボロス(プルーフ・オブ・ステークプロトコル)を通じて、ADAトランザクションとスマートコントラクトを分離するマルチレイヤーアーキテクチャを採用しています。こうすることで、ブロックチェーンは複数のトランザクションを一度に検証することができます。

ビットコインの価格変動の推移

2013年、ビットコインの市場価値は一貫して上昇と下降を繰り返していました。デジタルコインは、米国連邦政府の規制問題で低迷していたのです。ビットコインの価格は、年初の13.40米ドルから、4月には220米ドルまで上昇し、同月末には70米ドルまで急激に下落しました。

詐欺や盗難事件もビットコインの価格には影響しませんでした。。2014年には、当時最大のビットコイン取引所であったMt.Goxが突然オフラインになり、85万BTCの損失を出しました。

ビットコインが過去の事件による損失を回復することができたのは、2016年になってからのことでした。2016年12月の807米ドルの値から、ビットコインはその20倍の価格に急上昇し、2017年末には20,000米ドルの大台を突破しました。

この強気の相場でビットコインは脚光を浴びましたが、それが持続不可能であることが証明され、デジタルトークンの価値は2年間低迷することとなったのです。ビットコインの価格は下落を続け、2019年末から2020年初めにかけて、1万米ドルの大台を超えることはありませんでした。

しかし、コロナウイルスによるパンデミックが各国の経済状況を混乱させたため、仮想通貨に対する人々の関心が高まり、2020年半ばにビットコインは再び力を取り戻し、29,000米ドルの価値がついたまま、順調に年を終えました。

仮想通貨の現在:主流になるまでの動き

新しい10年の幕開けに、ビットコインは2021年1月の初値29,000米ドルから、わずか3カ月の間に現在の史上最高値64,000米ドルへとその価値は3倍にも増えました。

しかし、中国による仮想通貨の取り締まりや、テスラ社のテクノキングであるイーロン・マスク氏のデジタルコインに関する発言など、影響力のある人物や出来事により、ビットコインの価格は2021年5月に38,557米ドルまで下落しました。

仮想通貨市場では、トップパフォーマンスを誇るデジタルコインの価格が不安定な状態が続いていますが、一般の人々は、将来的にどのようなことができるのかに関心を持っています。

特に、Paypal、Mastercard、Visaといったアメリカの大手企業が、自社の決済システムに仮想通貨を徐々に受け入れ始めていることからも、デジタル資産が世界の日常的な取引の大部分を占めるようになることは否めません。

最新の仮想通貨のニュースや仮想通貨の最新情報をBTCポストでチェックしてみてください。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 38,113.00 3.38%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 2,368.99 3.56%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.05%
  • binance-coinBinance Coin (BNB) $ 357.83 1.06%
  • cardanoCardano (ADA) $ 1.50 2.59%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.306800 2.21%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.848990 1.16%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.01 0.22%
  • polkadotPolkadot (DOT) $ 22.55 6.04%
  • uniswapUniswap (UNI) $ 21.90 4.38%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。