学ぶ

ラップドトークン:どのようなもので、どのように機能するのか?

wrapped tokens learn blog

仮想通貨エコシステムの継続的な成長に伴い、毎日何種類もの高度な技術や特徴的な用途を持つコインが登場しています。しかし、これらはそれぞれのブロックチェーンの中でしか動作しません。これがすべて変わったのは、ラップドトークンが登場し、異なるコインをブロックチェーン間で橋渡しすることが可能になったときです。しかし、ラップドトークンとは一体何なのか、そしてどのように機能するのでしょうか?このまま読み進めて、すべての疑問にお答えしましょう!

ラップドトークンとは何か?

ラップドトークンを理解する最も簡単な方法は、ステーブルコインと比較することです。米ドルや他の種類の不換紙幣のような現実世界の価値に固定されている後者とは異なり、ラップドトークンは他の仮想通貨に取り付けられています。さらに、現実世界の他のラッパーと同様に、これらのトークンは「アンラップ」することができ、それは結びついている元の資産の価値を償還することを意味します。

ラップドトークンはどのように機能するのか?

これらの資産がこのように呼ばれる理由は、それらが取り付けられている元の資産がデジタル金庫の中に「包まれて」いるからです。これにより、そのコインを別のブロックチェーンで作成することができます。

しかし、ラップドトークンはどのように機能するのでしょうか?仮想通貨が通常どのように機能するかを把握するために、ここで例を挙げてみましょう。

業界を代表するトークンであるビットコイン(BTC)は、イーサリアムのネットワーク内では操作できませんし、その逆もまた然りです。しかし、BTCをETHで包んだり、逆にETHで包んだりすれば、反対側のブロックチェーン上でどちらかを使うことができるようになるのです。

このプロセスにより、ネイティブトークンは異なるブロックチェーンで使用することができ、相互運用性の問題を解決し、仮想通貨の世界に全く新しい可能性と利点を開くことができるのです。

カストディアン、ミンティング、バーニング

このプロセスは、異なるトークンのラッピングとアンラッピングを担当する「カストディアン」と呼ばれるエンティティのおかげで可能になっています。このカストディアンは、スマートコントラクト、分散型自律組織(DAO)、マーチャント、マルチシグネチャウォレットのいずれかの形態を取ることができます。

例を挙げると、誰かがイーサリアムネットワーク上でBTCを使おうとしている状況を見てみましょう。

ラッピングプロセスは、マーチャントが一定量のトークンをカストディアンに送ることから始まります。このカストディアンは、マーチャントから送られた同量のBTCを基に、イーサリアムネットワーク上でトークンの鋳造を進めます。

カストディアンによってビットコインがイーサリアム上で鋳造されると、それらはラップドビットコイン(wBTC)になります。wBTCは、イーサリアムネットワーク上で機能するBTCのトークン化バージョンで、元のトークンと1対1の価値を保持しています。

トレーダーは、wBTCをBTCに戻すことを決定すると、カストディアンに「バーン」をリクエストする必要があり、これによりビットコインが準備金から放出されます。さらに、各取引の証明は、正確さと妥当性を保証するためにオンチェーンに保存されます。

最も有名なラップドトークンの種類

ラップドトークンは互換性のないトークンやネットワーク同士を連携させることができるため、これをきっかけに様々なアセットが市場に生まれました。その中でも特に有名なのが以下の2つです。

ラップドビットコイン(wBTC)

今日、市場で最も有名な種類のこのトークンは、ERC-20バージョンのビットコイン、言い換えれば、イーサリアムネットワークと互換性のあるBTC、ラップドビットコイン(wBTC)です。今日、wBTCの確保を担っている仮想通貨カストディアンはBitGoです。さらに、BitGoは2019年にKyberとRenとともにこのトークンを生み出した聡明な頭脳の1つでもあります。

ラップドビットコインの時価総額は約100億ドルで、ラップドトークンの市場において最大です。また、81%以上を取って当該市場を支配しています。

一部のトレーダーがビットコインをラップさせることを決定する主な理由の1つは、イーサリアムネットワークのDeFiプロトコルにアクセスすることであり、その1つは異なる流動性プールです。ユニスワップのようなDeFiプロトコルのプールにアクセスできることで、彼らはビットコインを使用して大きなリターンを生み出すことができるのです。

ラップドイーサ(wETH)

時価総額の点ではwBTCに次ぐものではありませんが、ラップドイーサ(wETH)は今でも最も著名なラップトークンの1つです。2017年にOx Labsによってローンチされ、現在340万ドル以上の時価総額を持っています。

wBTCと似ているように聞こえるかもしれませんが、この2つには様々な用途があります。BTCをイーサリアムのブロックチェーン内で運用させることを目的としたラップドビットコインとは異なり、wETHは合成プロトコルで認可されたトークンである合成Etherを取引するために使用されます。オラクルから提供される価格フィードを通じて、ETHの価格を監視するのに役立ちます。 

ラップドトークンを利用するメリット

他のコインと取引して利益を得ることはもちろんですが、ラップドトークンの保有者は以下のような様々なメリットを享受しています。

流動性の向上

取引可能な資産と同様に、仮想通貨では流動性が不可欠です。流動性によって、特定のトークンを現金や他の暗号資産に簡単に変換できるかどうかが決まります。流動性が低いと、市場が不安定になり、価格の急騰につながる可能性があります。

例えば、ビットコインのネットワークは、他のネットワークよりも流動性が高いことが知られています。wBTCを利用することで、この流動性をイーサリアムネットワークにもたらすことができます。

トランザクションの高速化

ビットコインのブロックチェーンが改善できることの1つは、取引時間です。このトークンをラップするオプションがあれば、ユーザーはより速いトランザクションを提供するブロックチェーンを見つけ、そこで取引することができます。

イーサリアムでwBTCを使用する場合、ビットコインのブロックチェーンの2倍の速さで知られるネットワークの速度を享受することができます。

手数料の低減

ラップドトークンのもう一つの利点は、手数料の低減です。あるブロックチェーンネットワークで高額なガス代を支払わなければならない場合、資産をラップして、はるかに安い料金の別のネットワークを見つけるという素晴らしい選択肢があります。

ラップドトークンに投資すべきなのか?

ラップドトークンは、仮想通貨投資家がネイティブトークンを他のブロックチェーンネットワークで使用することを可能にしました。これにより、流動性の向上や、最も重要なことですが、より良い取引体験など、いくつかの機会や利点が生まれました。

ラップドトークンを購入する場合、異なる中央集権的/非中央集権的取引所を通じて従来通り購入するか、異なるマーチャントを通じてラップすることができます。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 21,226.00 0.45%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,217.70 1.65%
  • tetherTether (USDT) $ 0.999992 0.04%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999037 0.27%
  • bnbBNB (BNB) $ 237.47 1.76%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.362953 1.28%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.996224 0.7%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.503877 3.63%
  • solanaSolana (SOL) $ 40.16 0.35%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.073405 10.26%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。