学ぶ

秘密鍵を忘れる:ビットコイン資産を失った話

Forgetting Your Private Key Banner Image 1280x720

ビットコイン全体の供給量2100万枚のうち、約1889万枚がすでに市場に流通しています。しかし、このうち20%は永遠に失われたと考えられています。特に、仮想通貨ウォレットにアクセスするための秘密鍵を紛失した場合、これらのコインを所有者が取り戻す可能性は極めて低いでしょう。

デジタル技術の革新の時代に、どうしてこのような不幸な事態が起こるのでしょうか。BTC Postを閲覧して、失われたビットコインの数と所有者がアクセスできなくなった理由について詳細を確認してください。

失われたビットコインの概要

仮想通貨調査会社Chainalysisが提供したレポートによると、約370万枚のビットコインが様々な理由でアクセスできなくなりました。これらの不運な投資家のほとんどは、主要な仮想通貨が報道された時点で46,000米ドルまで上昇するとは予想していなかったため、秘密鍵を紛失してしまったのです。

一方、一部のビットコイン資産は、元の所有者が既に死亡しており、死亡する前に譲渡することができなかったため、失われています。驚異的な価値を持つこれらの資産が一括して失われ、二度と取り戻せないというのは悲劇です。

なぜ投資家は秘密鍵を取り戻せないのか?

ビットコインは、不換紙幣に代わるデジタル通貨です。このため、ユーザーは、取引に高い関税を課す銀行のような第三者仲介業者を介さずに、ピアツーピアの取引を利用することができます。

フィッシング攻撃やハッキング事件を避けるため、ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトは、秘密鍵を持っている人だけが自分の資金にアクセスできる高度な暗号技術によって、コインのブロックチェーンを保護しました。これにより、他の人があなたの仮想通貨ウォレットにアクセスすることは難しくなりました。

しかし、このセキュリティには代償があります。特に、鍵を保管する際に注意を払わなかった場合。一度その鍵を失うと、投資したコインを取り戻すことは不可能です。

ビットコインのブロックチェーンは分散型ネットワーク上で動作するオープンソースの台帳であるため、カスタマーサービスやオーバーライド機能があなたを助けてくれることはないのです。そのキーを失うことは、ウォレットとその中に入っているコインに永久に別れを告げることを意味します。これは、台帳の厳密な暗号化の代償なのです。

失われたビットコインはどこへ行ったのか?

これらの失われたビットコインは、所有者の仮想通貨ウォレットに眠っているものの、まだ事実上存在しており、二度と使用されることはありません。さらに、これらは再び流通することはなく、市場におけるビットコインの最大供給量をさらに縮小させることになります。

サトシの隠し財産

失われたビットコインはどれくらいあるかを語るとき、全体の供給量のうち、約110万枚という小さな塊が創業者によってHODLされていることも知っておく必要があります。仮想通貨コミュニティでは、これを「サトシの隠し財産」と呼んでいます。

2009年にビットコインが発行されて以来、仮想通貨愛好家の間では、サトシは自分の隠し財産に手をつけておらず、現在の価格と供給量に劇的な影響を与えないよう、移動させる意図もないというのがコンセンサスとなっています。 

ビットコインの紛失に関する残念な話

ビットコインを失うことは、個人投資家にとって悲劇的な損失です。そのため、ビットコインが急激に増加し、主流になったとき、ビットコインを失った話がインターネット上で再浮上し、新しい投資家に情報を与え、特別な予防措置を取るよう奨励しました。以下にそのいくつかを紹介します。

7,000 BTCが入ったロックされたハードディスク

アメリカのプログラマー、ステファン・トーマス氏も秘密鍵を忘れてしまった投資家の一人です。10年以上前、彼は仮想通貨の仕組みを説明する短いビデオを作り、そのサービスに対して約7,000 BTC(現在では約3億2,400万米ドルの価値)が支払われました。

その後、彼はハードディスク上のIronKeyデジタルウォレットに保管し、鍵を紙に書き留めていましたが、それを紛失してしまったのです。この鍵を構成する文字列を記憶することは不可能であり、トーマス氏はビットコインを取り戻すために、永久に失われる前に2回だけ試行することができるのです。もし彼が2回パスワードを推測できなかった場合、ウォレットは自動的に暗号化されます。

7,500 BTCがゴミ捨て場で紛失

ビットコインを失ったもう一つの不幸なケースは、イギリスのコンピューター・エンジニア、ジェームス・ハウエルズ氏が秘密鍵の入ったハードディスクを誤ってゴミ箱に捨ててしまったことです。

鍵を紛失した他の投資家とは異なり、ハウエルズ氏はそのハードディスクが見つかることにまだ希望を抱いています。彼は、それを見つけて約3億4800万米ドル相当のビットコイン資産を取り戻すことを期待して、ゴミ処理場を捜索させてくれるよう地元当局に頼み続けています。

ハウエルズ氏は、コードの入ったプラッターがハードディスク内にまだそのまま残っていると確信しています。それを見つけたら、データ復旧の専門家にドライブの再構築を依頼するか、プラッターから直接データを取り出す予定です。

ビットコインの資産を安全に保管するには?

ビットコイン資産を失ったという話を聞くと、どうすれば安全にコインを購入し、保管できるのか気になりますよね。心配しないでください。インターネットハッカーの詮索好きな目から資産を守る方法はたくさんあります。

以下は、あなたが心に留めておくべきいくつかのヒントです。

ウォレットの秘密鍵は外部に持ち出さない

多くの人が秘密鍵にアクセスできなくなった理由の1つは、紙に書いてどこに置いたか忘れてしまったことです。最後にパスワードを置いた場所を記録しておくくらいの責任感があれば、それは防げることです。

例えば、秘密鍵を紙に書くのではなく、ノートや本など、自分にとって思い出深いものに書いておくのです。そうすれば、将来的に忘れる可能性は低くなります。

さらに、鍵のコピーを複数保管しておくことも検討すべきです。パスワードはウォレットにアクセスできなければ意味がないため、文字列の意味を開示する必要はありません。

秘密鍵は絶対に渡さない

間違った人があなたの鍵を手に入れ、ハードウェアやソフトウェアのウォレットにアクセスすると、あなたの資産が盗まれる可能性があります。ですから、コインを誰かに託す予定がない限り、秘密鍵は決して誰にも教えないでください。 

仮想通貨取引用に別のウォレットを用意する

現在、デジタル領域では数種類のウォレットが利用可能です。資産の一部をHODLする予定がある場合は、必ず別のハードウェアウォレットに保管し、安全に管理するようにしてください。HODLしたくない資産に簡単にアクセスするために、日常の取引に金融サービスのプラットフォームや取引所を利用することができます。

ただし、オンラインウォレットはハードウェアウォレットに比べ、ハッキングの影響を受けやすくなっています。あなたが持っているウォレットは、あなたの資産の暗号化を保護することができる二要素認証を持っていることを確認してください。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,014.10 1.65%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,259.23 2.65%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.02%
  • bnbBNB (BNB) $ 288.48 2.24%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999664 0.2%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.2%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.386505 2.17%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.101084 4.8%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.317607 2.8%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.912182 2.31%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。