学ぶ

プライバシーコインの概要:知っておきたいこと

privary coins quick look banner

2009年に最初の仮想通貨が登場したとき、従来の銀行に代わるより安全な手段として紹介されました。しかし、デジタル通貨は偽名的な性質を保持しています。そのため、特に仮想通貨が違法とされる全体主義的な国では、そのプライバシー機能やユーザーデータを保護する能力に懐疑的な見方をする人もいます。

完全な匿名性の問題に対処するために、DASHやMoneroなどのプライバシーコインが市場に参入しました。しかし、同じく一定のプライバシーを約束するビットコインやアルトコインとはどう違うのでしょうか。プライバシーコインの将来性とその特徴については、以下を読み進めてください!

プライバシーコインとは?

プライバシーコインとは、ブロックチェーンネットワーク上で取引の起点と終点を隠すことで、匿名での取引を可能にする仮想通貨のグループです。複数の取引を組み合わせてチェーン分析を回避したり、ユーザーのウォレットの残高やアドレスを隠したりするなど、その手法はさまざまです。

また、プライベートな仮想通貨の中には、追跡不可能なものもあります。つまり、他のユーザーや団体が取引の痕跡を盗み見ることを防ぐことができるのです。

プライバシーコインは、暗号取引を匿名化し、追跡不可能にするため、投資家や当局から批判を受けています。犯罪者が法で罰せられることなく資金洗浄やテロの資金調達に利用できると主張する人もいます。

しかし、プライバシーコインが誕生したのは、取引上のプライバシーとユーザーのプライバシーを守るためでした。仮想通貨投資家は、特に多数のデジタル資産を持っている場合、サイバー犯罪者の標的にならないように、ウォレットの残高や取引履歴を隠したいと思うかもしれません。

どのような仕組みになっているのか?

プライベートコインは、ユーザーに最高レベルのセキュリティとプライバシーを提供するために、さまざまな戦略と方法を採用しています。ここでは、その中でも最も一般的なものを紹介します。

  • ステルスアドレス

プライバシーコインの戦略の中で、ステルスアドレスは、取引のプライバシーを強化する最もわかりやすい方法です。受信者とのリンクを防ぐために、取引のたびに新しいアドレスを生成することが義務付けられています。この方法では、他のユーザーはあなたのウォレットアドレスへの支払いを追跡することはできません。

例えば、Monero(XMR)では、DKSAP(Dual-key stealth address protocol)と呼ばれるステルスアドレスのアップグレード版を使用しています。これは、すべてのウォレットの所有者に、自分のプライベート消費キー、プライベートビューキー、受信者アドレスを提供するものです。

  • Zk-SNARKs (Zero-Knowledge Succinct Non-Interactive Argument of Knowledge)

Zk-SNARKs(Zero-Knowledge Succinct Non-Interactive Argument of Knowledge)とは、口座残高や受取人などの重要な情報を開示することなく、取引の正当性を証明することができる暗号技術の一形態です。これにより、プライバシーの保護だけでなく、ブロックチェーンネットワークのスケーラビリティを向上させることができます。

  • CoinJoin

CoinJoinは、様々な送信者からコインを受け取り、それらを1つのトランザクションにまとめるコインミキサーとして最もよく知られています。その後、コインは混合され、トレーサビリティーを減らすために新しいアドレスを使って受取人に送り出されます。

  • リングシグネチャー

ブロックチェーンの取引では、自分が送信者であることを証明するために、デジタル署名をする必要があります。これにより、外部の人間が自分のアドレスから取引を遡ることが容易になります。

しかし、リング署名によって、あなたをリング内の他の送信者と組み合わせて、あなたが送信者であることを隠します。つまり、リング内の送信者の数が多ければ多いほど、あなたと取引を結びつけることが難しくなるのです。

あなたが投資すべき4つの最もプライベートな仮想通貨

より良いセキュリティとプライバシーのために、プライバシーコインへの投資を計画していますか?ここでは、あなたが注意すべきトップのプライベート仮想通貨を紹介します。

モネロ (XMR)

プライバシーに特化した資産の代表格として知られるモネロは、ユーザーの匿名化が可能であることから、継続的に注目を集めています。モネロは、リングシグネチャーとステルスアドレスを使用して、送信者と受信者の身元を隠し、取引の合計金額を隠すことができます。

モネロ(XMR)の時価総額は記事執筆時点で42億5,912万4,995米ドルとなっており、市場では44位に位置しています。その価値は232.54米ドルです。 

DASH

DASHは、そのPrivateSend機能を使って、ユーザーに取引を非公開・匿名にするかどうかの選択肢を与えています。これにより、自国の規制基準を守りながら、仮想通貨を使った取引を行いたいユーザーは、それが可能になります。

マスターノードと呼ばれるサーバーの分散型ネットワークを使用したミキシングプロトコルを通じて、このプライベートコインはあなたのデジタル資産の起源によって動作します。ただし、PrivateSend機能を使うと、取引手数料が若干高くなることを覚えておいてください。

現時点で、DASHの時価総額は1,921,940,561米ドルで、72番目の仮想通貨にランクインしています。価格は197.00米ドルとなっています。

ZCash (ZEC)

Electric Coin Companyによって2016年に発表されたZcash(ZEC)は、ビットコインと同様のコードから作成されました。プライバシーとセキュリティの機能が向上しており、ユーザーが取引をシールドすることができ、ゼロ・ナレッジ・プロトコルと呼ばれる方法を実装しています。つまり、受信者、送信者、金額を明らかにすることなく、取引を開始し、ネットワークによって検証されることができます。

現在、Zcashの時価総額は2,018,726,965米ドルで、デジタル通貨の中では70位にランクされています。現在の価格は206.54米ドルです。

Beam

最も人気のあるプライベート仮想通貨の1つと考えられているBeamは、Mimblewimbleという匿名性の高いブロックチェーンを使用しています。これは、参加者がアドレスを見ることができず、ネットワーク内の取引は完全に機密であることを意味します。外部の人にとっては、取引は解読が難しいランダムなデータに見えるかもしれません。

Beamは、ハードウェアウォレットの統合、オンラインとオフラインの両方の取引のサポート、コンパクトな分散型台帳などでも知られています。

このプライバシーコインの価値は0.6789米ドルで、現在、仮想通貨業界で581位を占めています。また、時価総額は62,124,661米ドルとなっています。 

プライバシーコインの未来。次の展開は?

追跡できない匿名性の高さが物議を醸しているため、プライバシーコインに対する各国政府や中央当局の規制や監視がここ数年で増加しています。

実際、OKEx KoreaやBitBayなどの一部の仮想通貨取引所は、プラットフォームからプライバシーコインを上場廃止にしています。韓国と日本では、プライベートコインの所持を違法としたこともあります。

しかし、プライバシーコインは、依然として仮想通貨エコシステムの重要な部分を占めています。プライバシーコインは、ユーザーが自分のプライバシーを完全にコントロールし、アクセスできるようにすることで、詐欺や窃盗の脅威から逃れることができます。ユーザーの身元とウォレットのアドレスは隠され、ユーザー以外の誰もユーザーの取引活動を見ることはできません。

深刻な規制の脅威やプライバシーの問題がある世界で、プライバシーコインは最大の通貨代替手段の1つとして機能します。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,461.19 2.48%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,061.36 5.28%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.27%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.18%
  • bnbBNB (BNB) $ 213.26 2.41%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.01%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.319942 2.58%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.450332 2.99%
  • solanaSolana (SOL) $ 31.89 8.16%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065442 1.22%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。