学ぶ

タイ、15%の仮想通貨取引税の実施を中止

Thailand halts its implementation of the 15 crypto tax banner image main

2月1日付の日刊紙フィナンシャル・タイムズの報道によると、タイは国民からの反発を受け、仮想通貨取引に対する15%の源泉徴収の実施を現在保留しているとのことです。しかし、あらゆる仮想通貨活動に関連する一定の規制はまだ実施されています。

1月6日付の地元紙バンコク・ポストの報道によると、当初、タイの歳入庁は仮想通貨の取引やマイニングを行っている人々に課税することを望んでいたようです。この動きは、同国における仮想通貨取引を規制するために行われたものです。

政府の計画にもかかわらず、その実行方法が不明確であることから、多くの人々から強い反対を受けています。そのうちの1人が、地元の大手取引所Zipmex Thailandの共同設立者兼CEOであるAkalarp Yimwilai氏で、仮想通貨税の報告や計算がどのように行われるのか不明であると指摘しました。

1月6日に仮想通貨ニュースサイトCointelegraphを通じた声明で、Yimwilai氏は「税金の方法と計算はより簡潔、明確で理解しやすいものであるべきだ。私が知っている多くの人は、税金を払いたいが、計算方法がわからない」と述べています。

仮想通貨税に関する政府の発表を受けて、同国の金融・財政・金融機関・金融市場委員会は19日、仮想通貨取引に税をかける問題点について話し合うオンラインミーティングを開催しました。

与党の国会議員であるWatanya Wongopasi氏は、1月20日に自身のFacebookページを通じて、議論のハイライトを共有しました。彼女は、仮想通貨税の規制を完全に実施する前に、状況を徹底的に考えるよう物品税局に促しました。

同投稿にあるように、Wongopasi氏は仮想会議で提起されたさまざまなポイントを示しました。タイ資本市場団体連合会のPaiboon Nalinthrangkun会長は、株式取引やデジタル資産取引に税をかけると、「外国人や短期投資家がいなくなる」ため、市場の流動性が40%減少する可能性があると述べました。

一方、バンコクのソフトウェア会社iTAX DrのCEO兼創業者のYutthana Srisavat氏は、取引税ではなく、法人税や付加価値税の導入を提案しました。さらに、仮想通貨取引は分散型であるため、ユーザーから税関連の情報を収集することは困難であると強調しました。

一方、タイの金融規制機関であるタイ中央銀行(BOT)、タイ証券取引委員会(SEC)、タイ財務省(MOF)は1月25日に共同プレスリリースを発表し、同国におけるデジタル通貨の普及の是非について議論していることを明らかにしました。

BOTのSethaput Suthiwartnarueput総裁は、次のように述べています。1月25日のコインテレグラフの報道によると、「現時点では、商品やサービスの支払い手段としてデジタル資産を広く採用することは、同国の経済・金融システムにリスクをもたらす」とのことです。

両社はこの件に関する最終的なガイドラインをまだ発表していないが、金融システムを危険にさらすことなく、特定のデジタル資産に対する規制を提供することを強調しました。

BTC Postでここをスクロールして、より多くの仮想通貨ニュースや最新情報を入手してください。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,421.49 0.97%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,060.95 2.32%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.07%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0%
  • bnbBNB (BNB) $ 215.10 1.01%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.16%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.314171 0.24%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.446744 0.04%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.41 0.75%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065461 0.02%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。