学ぶ

なぜビットコインの半減が重要なのか?

halving bitcoin main banner

ビットコインは、2009年に匿名の暗号学者がサトシ・ナカモトというペンネームで作成した、今日の世界の金融業界で最大かつ最も人気のある仮想通貨です。

このコインが長期的に良い投資であることを保証するために、ナカモトはビットコインの半減をプロトコルにプログラムしました。ビットコインの半減とは何か、ビットコインの価値に対するその重要性を以下で詳しく見てみましょう。

ビットコインの半減とは? 

ビットコインの半減とは、ビットコインのブロックチェーンにおいて、21万ブロックごと、つまりおよそ4年ごとに起こる重要なイベントです。ここでは、マイナーに与えられるブロック報酬が半分になります。これは2,100万ビットコインがすべて鋳造されるまで続きます。

ビットコインマイニングとビットコイン半減の関係は?

ビットコインのマイニングは、ビットコインを入手するための主な方法の1つで、マイナーは複雑な数学的問題を解き、新たに鋳造されたビットコインと交換します。これらの複雑なパズルを解くことで、マイナーは取引の検証とブロックチェーンの更新を同時に行い、報酬としてビットコインを得ることができます。

マイナーが検証した各取引はブロックに格納され、検証に成功した21万ブロックごとに、ビットコインの半減プロセスが起こります。

2100万個のビットコインがすべてマイニングされた後は、新しいコインの生産が停止し、ビットコインの需要が残っているか増加している限り、希少価値が高くなります。同時に、マイナーは新しいビットコインを受け取ることができなくなりますが、ビットコインを使用して支払いを行う人から取引手数料を受け取り続けることになります。

ビットコイン半減の日程

ビットコインのブロックチェーンで行われる過去と未来の半減イベントを以下の表で確認してください。 

イベント日付ブロック数ブロック報酬
ビットコインの発表2009年1月23日050 BTC
第1回目の半減2012年11月28日210,00125 BTC
第2回目の半減2016年7月9日420,00112.25 BTC
第3回目の半減2020年5月11日630,0016.25 BTC
第4回目の半減2024年予定840,0013.125 BTC
第5回目の半減2028年予定1,050,0011.5625 BTC
第6回目の半減2032年予定1,260,0010.78125 BTC
最後の半減2140年予定0

次の半減イベントは2024年に発生し、ブロック報酬は3.125BTCに減少します。最後のビットコインがマイニングされるのは2140年と言われています。現在、すでに3回の半減イベントが起きています。その後、ビットコインの価値とブロック報酬がどのように変化したかを以下で確認してください。

最初の半減

最初の半減イベントは2012年11月28日に発生し、ブロック報酬が50BTCから25BTCに削減されました。この時のビットコインの価値は11ドル程度でしたが、1年後には1,100ドルまで上昇しました。

2回目の半減

2016年7月9日、ブロック報酬が25BTCから12.5BTCへと再び半減しました。その頃、ビットコインは2017年12月末には20,000ドルまで大きく変動しました。

3回目の半減

最新の半減イベントは昨年2020年5月11日に発生し、ブロック報酬が12.5BTCから6.25BTCに減少しました。これにより、ビットコインの新たな強気の動きが始まり、昨年2021年4月には史上最高値である64,863ドルに達しました。

ビットコインの半減はなぜ重要なのか?

ビットコインの半減イベントでマイナーのブロック報酬が半分になると聞いて、サトシ・ナカモトがなぜそんなことをプログラムしたのか、マイナーはインセンティブが減るにもかかわらず、なぜビットコインの取引を処理し続けるのか、と疑問に思ったかもしれません。以下に、ビットコイン半減が重要な理由を見てみましょう。

ビットコインの価値を高めるため

半分にすることで、新しく鋳造されるビットコインの数が減り、希少価値が高まるため、各コインの価値が上がります。これが、ビットコインが半減イベントの後にブルランを経験する理由です。過去3回の半減イベント(2012年、2016年、2020年)では、半減イベントの1年後にブルランが発生しています。

マイナーの効率的な運営のために

マイナーは、取引を収集して検証するために、電気やハードウェアなどの資源を大量に消費します。これは、各ブロックを保護するハッシュキーを生成するために、マイナーは強力なコンピュータを使って複雑な数学的問題を解き、大量の電力を消費するからです。

つまり、ビットコインをマイニングするには、大量の計算能力と電力が必要となり、コストがかかります。このため、マイナーに報酬を与え、効率的な運営を支援するには、ビットコインの価値を上げるしかありませんが、これは半減イベントで実現できます。

また、半減期にビットコインの価値が上がらないと、マイニングをやめてしまうマイナーもいるため、ブロックチェーンは、マイナーが検証する複雑なパズルの難易度を自動的に調整して、1ブロックあたり10分という採掘速度を維持しています。そうすることで、問題を解くためのコンピューターに必要な電力も減ります。

インフレ率の低下

一般的に、インフレになると購買力が低下しますが、サトシ・ナカモトはそれを防ぎます。新しいコインの供給を制限することで、需要がある限りビットコインの価値は上昇し、インフレ率を下げることができます。

例えば、2011年のビットコインのインフレ率は50%でしたが、2012年の最初の半減期の後は12%にまで下がりました。さらに、2016年の半減イベント後には4~5%にまで下がりました。

つまり、ビットコインの希少性が高まると、需要が高まり、インフレ率が低下するということです。インフレ率が下がると、ビットコインの価値が上がり、ブルランが起こりやすくなります。つまり、常に新しいコインの供給を減らすことで、ビットコインは永遠にデフレ通貨であり続けるのです。

BTC Postでビットコインについて学ぶ

ビットコインへの投資を計画している、または現在投資している場合は、ビットコインの半減とその市場への影響を知ることが重要です。半分になるイベントのたびにブルランが記録されており、これはビットコインマイナーのインセンティブが減少したにもかかわらず、ビットコインの価値にプラスの影響を与えることを示しています。

しかし、半減イベントのたびにビットコインの価値が上昇し続けることはまだ保証されていません。今後も多くのビットコイン半減イベントが予定されているため、常に市場をチェックし、ブロックチェーンの最近の動向を把握しておくことが重要です。

次の半減イベントは2024年以内に起こると言われており、その時までにビットコインのブロックチェーン内で多くの開発や変動が起こる可能性があります。ビットコインについてもっと知りたい方は、BTC Postの記事をチェックしてみてください。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,534.56 2.95%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,066.88 5.54%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.09%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.997987 0.07%
  • bnbBNB (BNB) $ 212.99 2.89%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.984615 1.69%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.320780 3.43%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.449362 3.56%
  • solanaSolana (SOL) $ 31.95 9.11%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065322 0.24%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。