学ぶ

通貨革命:なぜ仮想通貨が生まれたのか?

インターネットは、世界のさまざまな変化をもたらす架け橋となってきました。インターネットは、より迅速な取引やデータ転送、生活を便利にするその他の特典を提供することで、システムの不備を埋めるために利用されてきました。その中でも最も注目すべき変化の一つが、不換紙幣では満たされない問題を解決する斬新なアイデアである仮想通貨です。

ここ数年、仮想通貨が世界を席巻していることを考えると、銀行業界では、仮想通貨が金融取引の未来を担うと考えられています。しかし、なぜ標準的な不換紙幣以外の別の通貨が必要なのか、そもそもなぜ暗号が発明されたのか。BTC Postでは、仮想通貨とその成り立ちについて知る必要があるすべての情報を提供しています。

すべての始まり:仮想通貨の歴史を覗いてみよう

2008年、ビットコインと呼ばれる最初の仮想通貨が世界に紹介されましたが、そのコンセプトはそれよりも前から始まっていました。ビットコインは、暗号と呼ばれる安全な通信手段を用いています。このプロセスによって、通常のテキストを意味不明のコードに変換し、安全な取引を実現しているのです。

暗号技術は、1983年にアメリカの暗号学者デビッド・チャウムが「eCash」という暗号システムを開発したことに始まります。しかし、それが応用されるようになったのは、その6年後、デビッドが匿名の取引を暗号プロトコルで処理するDigiCashという会社を設立してからでした。この独自のアルゴリズムは、現在の仮想通貨で使われているウェブベースの暗号の基礎となりました。

仮想通貨という言葉が登場したのは、1998年にウェイ・ダイというソフトウェアエンジニアが、暗号システムを使って取引の安全性を確保する分散型通貨「b-money」を開発してからです。この発明は、仮想通貨の取引における複雑な匿名性というアイデアを提唱しました。

これらの発明に続いて、いくつかの仮想通貨が開発されましたが、2008年にサトシ・ナカモトがビットコインと呼ばれる最初の確立された仮想通貨の概要を説明し、2009年に発売するまでは、どれも軌道に乗りませんでした。当時のビットコインは取引されていなかったので、価値はありませんでした。2010年になって、ある投資家が10,000BTCをピザ2枚と交換したことで価値が出てきたのです。

分散型取引と暗号化された通貨のアイデアは、他の開発者の注目を集め、ビットコインの最初の競争相手が誕生しました。アルトコインは、より高速な取引を提供することで、オリジナルのビットコインのデザインを改良し続けているデジタル通貨です。その後、NamecoinやLitecoinなど多くの仮想通貨が登場しました。現在では1,000種類以上の仮想通貨が流通しており、ユーザーのニーズに合わせてさらに多くの仮想通貨が開発されています。

問題を暗号ごとに解決する

仮想通貨は、取引に時間がかかるなど、現在の通貨システムの問題を解決するために生まれました。以下に、仮想通貨が生まれた理由の一部をご紹介します:

再び大不況に陥らないため

最初の仮想通貨は、2008年の大不況の後に発表されました。銀行が人々のお金を使って、リスクの高いローンや期待されたリターンを得られない投資を提供していました。その結果、銀行は破産を申請し、顧客には何も残らなかったのです。

その後、多くの人々が既存の金融インフラを信頼できなくなり、自分の資産を誰にもコントロールされない、第三者を介さない通貨システムを求めました。そこで登場したのが、世界初の仮想通貨であるビットコインです。ビットコインの非中央集権的な性質は、人々が自分のお金を管理しているので、銀行が他人に貸すことができないため、不況の再発を防ぎます。仮想通貨では、自分の資産を管理できるのは自分だけです。

バンキングシステムからの独立

仮想通貨は、金融取引を行う際に第三者を必要としない分散型システムを採用しています。そのため、お金の価値に影響を与える国の金融政策から自由になることができます。

さらに、サービスのために多額の取引手数料を支払う必要がなく、銀行とは異なり、暗号は世界中のどこにいても、時間をかけずに取引を処理することができます。これは、お客様の取引が銀行のポリシー審査や銀行からのクロスチェックを受ける必要がないために可能なことです。これに加えて、地理的な為替レートの影響を受けないため、関税や貨幣価値の好ましくない変化を取り除くことができます。

通貨の切り下げを防ぐため

仮想通貨は、政府が対象とする通貨の切り下げから免除されています。フィアットは中央銀行によってコントロールされていますが、仮想通貨をコントロールする者はいません。

国立銀行は、フィアットの価格を急落させるためにどれだけの通貨を印刷するかを管轄していますが、仮想通貨には供給数をコントロールするハードキャップがあります。供給が尽きると新しいコインは作られないので、暗号の価格は急上昇し、投資家は暗号市場から利益を得る機会を得ることができます。

政府の干渉を排除するため

ビットコインのような仮想通貨の多くは、中央機関を持っていません。政府が発行する標準的な通貨とは別に機能するため、購入や販売に関する政府の規制が免除されています。

仮想通貨のユーザーは、好きなように暗号を購入、販売、保管することができます。つまり、自分の好きな暗号を使って、柔軟な取引を楽しむことができるのです。一方、不換紙幣は準備銀行の管轄下にあり、不換紙幣の購入、販売、保管を規制しています。

仮想通貨の未来:どこに向かっているのか?

仮想通貨は、その概念が初めて導入されて以来、長い道のりを歩んできました。仮想通貨は、口座の所有者に自分のデジタル資産で起こっていることをすべて見せてくれる、分散化されたオープンな通貨システムを求める人々の要望に応えたのです。仮想通貨の人気と向上に伴い、仮想通貨が次にどこに向かうのか、その未来はどうなるのかと考えずにはいられません。

投資手段として

仮想通貨コミュニティは、おそらくCOVID-19パンデミックの恩恵を受けた数少ないコミュニティの一つであり、その分散型機能のおかげで、結果的に経済危機の影響を受けずに済んだのです。

WazirXのCEOであるNischal Shetty氏によると、パンデミックが突然発生したことで、世界の経済は大きく揺らいでいます。人々を支援するために、準備銀行はより多くのお金を生産しており、それがインフレを引き起こし、株式市場も揺れていたため、投資家は仮想通貨のようなデフレ資産に資金を投資するという決断を迫られています。

世界的に認識された通貨として

イーストロンドン大学で金融法・規制の上級講師を務めるイワ・サラミ氏のような金融専門家は、仮想通貨が主流に近づくほど、政府や金融機関が設定する規制を引き寄せると言及しています。

しかし、ビットコインのような仮想通貨は、税務上の住所だけでなく、ガバナンスの仕組みもないため、政府が規制をかけることは不可能です。仮想通貨がフィアットに取って代わるという考えはまだ遠いものですが、オンライン通貨としての仮想通貨単体では明るい未来が待っています。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 34,508.00 0.21%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 2,165.17 1.22%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.14%
  • binance-coinBinance Coin (BNB) $ 298.86 2.06%
  • cardanoCardano (ADA) $ 1.21 2.81%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.599904 2.86%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.04%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.197362 2.15%
  • polkadotPolkadot (DOT) $ 13.53 3.12%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。