ニュース

2022年の「Hacktober」現時点で30億ドルが盗まれ、2021年の2倍に増加

3B dollar stolen in 2022 as of Hacktober banner

最新の数字によると、10月は仮想通貨の悪用とデジタル戦利品の盗掘額ですべての記録を更新し、「Hacktober」という新しい呼び名に恥じないものとなっているそうです。

10月31日、ブロックチェーンセキュリティ企業のPeckShieldは、今月の恐ろしい統計をツイートし、2022年10月31日時点で盗まれたデジタル資産の合計が29億8000万ドルに達し、これは2021年全体で失われた15億5000万ドルのほぼ倍であると報告しています。

「Hacktober」では、53のプロトコルに影響を与える約44のエクスプロイトが確認されたと同社は付け加えています。悪意のある行為者は、この月になんと7億6000万ドルを持ち逃げしました。ただし、うち1億ドルは返還されています。

#PeckShieldAlert ~44 exploits (53 protocols affected) grabbed ~$760.2M in Oct. 2022, and ~$100M already returned the exploited protocols (Total loss: $657.2M)

As of October 2022, the stolen funds (~$3B) in 2022 “doubled” last year’s loss pic.twitter.com/mKZAjVk7UU

— PeckShieldAlert (@PeckShieldAlert) October 31, 2022

10月に続き、3月もハッキングされた資金が7億1千万ドル弱盗まれ、2番目に多い月となっています。この大半はRonin bridge exploitによるもので、6億2500万ドルの暗号資産が盗まれています。

PeckShieldによると、10月のトップエクスプロイトは、圧倒的にBNBチェーンで、5億8600万ドルが失われたとのことです。また、Mango MarketsのDeFiプロトコルは、資金の一部を返還する合意が含まれているにもかかわらず、2位にランクインしています。

DeFiYieldのRektデータベースによると、10月には他にもいくつかの注目すべきエクスプロイトがありました。その中には、6000万ドルの損失を出したFreeway crypto yield platform、2900万ドルの損失を出したTransit Swap、1300万ドルの損失を出したTeam Finance、900万ドルの損失を出したMoola Marketなどがあります。

DeFiYieldは11月1日に独自のレポートを発表し、先月行われたハックフェストの悲惨な状況を描いています。

それは、直接のプロトコルの悪用に加えて、ラグプルやPonzisと見なされるものを含むが、10月に仮想通貨詐欺で10億ドル以上が失われたと主張しています。DeFiYieldは、同月に合計35件のインシデントを報告し、そのうちの15件はラグプルでした。

明るい話題としては、2022年にこれまで約8億9000万ドルの暗号資金が回収されたことが報告されています。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,554.55 0.18%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,214.22 0.29%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.02%
  • bnbBNB (BNB) $ 313.99 0.26%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.02%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.02%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.401402 1.59%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.097276 5.27%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.318533 0.1%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.856618 0.42%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。