ニュース

暗号コピートレードプラットフォーム「Alpha Impact」が310万ドルの資金調達を実施

singapore banner news bitcoin

仮想通貨のコピートレードプラットフォームであるAlpha Impactは、通常のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を選択することなく、2020年9月から2021年4月にかけて、世界中の特定の認定投資家やベンチャーキャピタル企業を通じて310万円の資金を調達しました。

資金調達を主導した投資家の中には、Genesis Block Ventures、SMO Capital、Solidity Ventures、Lune X Venturesなどがありました。また、別の高頻度取引企業もこのグループに含まれていましたが、詳細はまだ公表されていません。

今回の資金調達は、トークンのプライベートセールによって行われました。共同創業者のHayden Hughes氏によると、Alpha Impactのトークンは、2021年5月末までに仮想通貨取引所Uniswapに上場する予定です。

さらに、Hughes氏によると、Alpha Impactの投資家は、同社の暗号トークンの15%のシェアを得ることもできたといいます。これらの投資をすべて組み合わせると、2000万ドルの価値になります。

DealStreetAsiaとのインタビューで、Hughes氏はAlpha Impactのミッションについて、「(暗号市場には)たくさんのノイズがあります」とし、「新しい投資家にとって、この市場を理解し、事実とフィクションを区別することは非常に難しく、混乱を招くものです。そこで、当社のアイデアは、誰もがさまざまな投資戦略にアクセスできるようにすることです」と述べています。

資金を確保したことで、同社はさらに年内に20人の開発者を雇用し、マンパワーを増やす計画も述べています。一方、Alpha Impactには現在、Hughes氏を含む15人の投資家がおり、彼らは現在、自分の取引パターンを人々がコピーできるようにしています。

このトークンへの投資に関心のあるトレーダーは、仮想通貨取引プラットフォームに既存のアカウントを持っている必要があります。そして、Alpha Impactがアカウントを接続し、ユーザーが取引をコピーできるようにします。ただし、このプラットフォームは、顧客の資金を保有せず、責任も負いません。

Alpha Impactは、シンガポールに拠点を置く暗号コピートレードプラットフォームです。2020年に設立された同社は、クリプトソーシャルトレーディングに特化しており、専門家の取引スタイルやパターンをコピーすることで、ユーザーがクリプト市場についてより深く学べるようにすることを目指しています。

最新の仮想通貨ニュースや更新情報は、BTCポストでご確認ください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,554.55 0.18%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,214.22 0.29%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.02%
  • bnbBNB (BNB) $ 313.99 0.26%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.02%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.02%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.401402 1.59%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.097276 5.27%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.318533 0.1%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.856618 0.42%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。