ニュース

Archethic、ネイティブトークンの90%をバーン

archetic burns tokens coins

Archethicは、メインネットベータのローンチから6ヶ月後に、ネイティブトークン($UCO)の総供給量の90%を燃焼させた最初の仮想通貨プロジェクトとなりました。この決定は、ネットワークがトークンの将来の供給量と現在の流通量を比較した後に下されました。

その結果、市場基準との乖離があり、投資家の信頼に影響を与えることが判明しました。そこで、プロジェクトは、インフレ、デフレ、均衡の中でバランスを維持するトークン経済デフレモデルの採用を追求することを決定しました。

ArchethicのCEOであるSebastien Dupont氏によると、彼らの優先事項は、信頼を損なわずにネットワークを持続可能なものにすることです。実際、同ネットワークのチームは、ブロックチェーンは1秒間に100万件の取引を処理できると主張しています。これはビットコインと同じマイニング能力ですが、36億分の1のエネルギーで処理できるのです。

ネットワークの長期的な持続可能性を確保するため、当初供給された100億ドルUCOは、現在10億ドルUCOに減少しています。残りのトークンは、以下に再配布されます。

  • ネットワークの資金調達: トークンの総供給量の38.2%が、今後のブロックチェーンの開発資金として使用される循環供給量を含むネットワークファンディングに割り当てられました。
  • 採用報酬: トークン総供給量の23.6%が、開発者へのインセンティブ、サービスへの助成金、ユーザーへの報酬という形で採用報酬として分配されました。採用報酬は、ユーザーや開発者にネットワークを利用してもらうために役立つものです。
  • チームとアドバイザー: トークンの供給総量の14.5%がArchethicのチームの取り分として与えられました。60ヶ月後に権利確定し、保有インセンティブが追加されます。
  • スタッキング報酬: トークンの供給量の9%が、$UCOをスタックした人に配布されます。
  • 取引所流動性: トークン供給量の5.57%が中央取引所(CEX)と分散型取引所(DEX)の流動性に割り当てられます。
  • ダイナミックマイナー報酬: トークン総供給量の3.34%がマイニング報酬に使用されます。
  • ゲーミフィケーションとジオインセンティブ: トークン総供給量の3.44%は、ネットワークにフックされた、実際にはブロックチェーンの一部ではないノードへの報酬に使用されます。
  • 財団: トークン総供給量の2.13%は、ネットワークの分散型ガバナンスに割り当てられます。

$UCOは供給量が制限されるようになったため、ビットコインと同じように、よりデフレ的な性質になりました。90億ドル相当の$UCOをバーンした後、現在このコインの年平均インフレ率は10.93%で、それは2030年まで安定的に続くでしょう。新しいトークンが鋳造されなくなる2080年には、インフレ率は0.5%に低下し、Archethicが掲げる新しいトークン経済が、ネットワークをインフレに強いものにすることが証明されます。 

その他の仮想通貨ニュースや最新情報はBTC Postでお読みください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,024.07 1.6%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,259.64 2.72%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.07%
  • bnbBNB (BNB) $ 289.25 2.14%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.01%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.21%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.386855 1.92%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.101016 5.72%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.317510 2.97%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.912066 2.79%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。