ニュース

仮想通貨大手のCelsiusが倒産し、オーストラリアの投資家は何も残らない状態に

Australian investors left with nothing as cryptocurrency giant Celsius goes bankrupt banner main

仮想通貨貸出サービスであるCelsius Networkは、6月中旬まで17%の利回りを宣伝していましたが、出金を凍結し、その1ヶ月後にニューヨークで破産を申請しました。

Celsius Networkは、銀行のようなマーケティングを行いましたが、同じような規制はなく、オーストラリア人を含む世界中の顧客層を惹きつけ、仮想通貨の価格が暴落し、同社が座礁すると、その多くが資産をロックオンされました。

このような個人投資家の苦境は、ソフトウェアエンジニアで仮想通貨の評論家でもあるモリー・ホワイト氏によってここ数週間で注目されるようになりました。彼女は、ニューヨークの破産裁判所に送られ、裁判所の展示品で共有された何百通もの手紙から感動的な抜粋をツイートするようになったのです。

「仮想通貨にお金をつぎ込んでいる人のステレオタイプは……若くて技術に精通した男性だ」と、ホワイト氏はABCに語っています。

「そして、それは私が受け取った多くの手紙では人口統計学的であるように思えませんでした。

「これは私の人生の貯蓄、私の年金、私はこのお金を節約するために10、20、30年働いていた」と言っていた人々も多くいました。」

ホワイト氏は、オーストラリアに住んでいるという人たちからの手紙も紹介しています。その多くは、資金へのアクセスを妨げられ、絶望し、自殺を考えたとさえ書いていました。

ある女性は、家族への影響が深刻だと言っています。彼女は、Celsiusの経営陣に送った、資金の一部を引き出してくれるよう懇願する電子メールを紹介しました。そのメールには、生まれてくる子どもの超音波写真が添付されていました。

また、感情的な混乱について書いている人もいた。

「私はすべてを失った。このことを息子にどう説明したらいいのだろう。自分が情けなくなる」

「あれは私たちの生活費だった。子供を産むチャンスでもあったし、医療費も捻出できた。親の老後の面倒を見るチャンスでもあったのです」

オーストラリアの3児の父親は、「Celsiusのアーンアカウントに自分の生活費を入れている」と書き、「安全な避難所」として仮想通貨資産をCelsiusに預けるよう父親を説得したとも書いています。

手紙の多くは仮想通貨の暴落に直面している人たちの苦境を描写しているだけでなく、Celsiusの最高経営責任者アレックス・マシンスキー氏のオンラインプレゼンスを投資の主な理由として挙げています。

YouTubeで定期的に行っているAMA(ask me anything)セッションで、彼は最後まで最高の自信を見せ、Twitterで自社に関する「誤報」と思われる情報を積極的に呼びかけたことも挙げられています。

また、ホワイト氏は、多くの手紙の中で、マシンスキー氏と彼のオンライン上の人物像を具体的に挙げていることに驚きを覚えました。

「これらの[AMAセッション]は明らかに彼とプラットフォームへの信頼を構築するために本当にうまく機能した」と彼女は話しています。

「そして、人々は基本的にアレックス・マシンスキーという人物は、自分たちにこんなことをしないと信じていたのです」。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,013.10 0.23%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,326.79 0.49%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.29%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.2%
  • bnbBNB (BNB) $ 273.10 0.32%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.446665 4.51%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.998673 0.15%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.441978 0.41%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.82 0.56%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.060439 0.43%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。