ニュース

バハマ初のデジタル通貨デビットカードを開発

bahamas bitcoin banner

MastercardとモバイルウォレットプロバイダのIsland Payとの協力で、バハマ中央銀行は、バハマドルをデジタル通貨に即座に変換できる、The Bahamas Sand Dollarプリペイドカードと呼ばれる公式デジタル通貨を作成しました。

2021年2月20日から、市民はこのデジタル通貨を使って、島々やMastercardが利用できるあらゆる場所で商品やサービスの代金を支払うことができます。

デジタル通貨の導入に合わせて、バハマ中央銀行は、自然災害に備えて金融システムを保護するためにCBDC (中央銀行デジタル通貨)を設立しました。デジタル通貨によって、市民は銀行やインターネット接続がなくても取引を行うことができます。

バハマ政府は、Sand Dollarがより財政的に安定した経済を作り、より多様な購買方法を促進し、政府支出を促進することを期待しています。

「我々は、デジタル外国為替の利用を海外の外国為替及び異なるコストの小売業者と組み合わせるこのアプローチを歓迎する。バハマの中央金融銀行は、Sand Greenbackのインフラに関連するフィンテック開発を引き続き奨励する。我々は、より良い経済を期待して、これらの慣行を履行したい」とバハマの中央銀行総裁John Rolleは述べました。

Mastercardのデジタル通貨業界への貢献

Mastercardのプラットフォームと幅広いユーザーベース、Island Payのテクノロジーにより、バハマにおける全体的な支払いシステムを強化し、現金分配の運用コストを削減することができます。

さらに、Mastercardは、新たな決済形態の開発を支援し、サービスが利用可能なあらゆる場所でデジタル通貨を利用する選択肢をユーザーに提供しようとしていることを再強調しました。

現在、Mastercardはすでに89件のブロックチェーン特許を取得しており、他に285件の特許が世界中で出願中である。同社はまた、BitPayやUpholdなどの一部のデジタル通貨決済プロバイダーと協力して、ユーザーのためにインスタント決済を可能にしています。

Mastercardでデジタル資産とブロックチェーンのバイスプレジデントを務めるRaj Dhamodharanは、公式ウェブサイトで、政府、買い物客、商店主にとって、より多くの可能性を生み出したいと述べました。

「これは好みの問題だ。Mastercardは、仮想通貨を使い始めることを勧めているわけではない。私たちがここにいるのは、顧客、商店、企業がデジタルコインを使えるようにするためだけだ」とDhamodharanは先週、デジタル通貨統合を発表する際にこう述べました。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,196.73 2.25%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,279.36 3.98%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.18%
  • bnbBNB (BNB) $ 289.67 2.17%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999851 0.04%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.02%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.393401 2.83%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.097864 2.22%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.314450 2.01%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.921675 3.66%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。