ニュース

ジョー・バイデン米大統領、仮想通貨に関する大統領令を承認

joe biden crypto banner image

3月11日(水)、米国のジョー・バイデン大統領は、仮想通貨を使用することで生じるさまざまなリスクと利点を評価するよう政府に求める大統領令に署名しました。また、連邦準備制度に対し、米ドルのデジタル版を持つことの長所と短所を比較検討するよう促しました。

大統領が大統領令に署名する前に、投資家はすでに、国庫が発表した「歴史的」と呼ぶ声明から、この命令が実現することを察知していました。それ以来、この声明は削除され、どこにも残されていません。

大統領令の狙いの1つは、米国での仮想通貨の発展に伴って提示された曖昧な枠組みです。これは、個人投資家であろうと大企業の一部であろうと、アメリカの消費者の保護を確保することと一致します。

さらに、政府の財務長官であるジャネット・イエレン氏は、この措置は「より公平で、より包括的、そしてより効率的な金融システムを促進する」ために不可欠であると述べています。

しかし、この大統領令に署名することを決めたのは、バイデン政権が仮想通貨産業が大きな人気を得ていることを確認したときでした。そのため、仮想通貨だけでなく、デジタル資産全体のリスクとメリットを見出すことが急務となったのです。

財務省などの連邦政府機関も、仮想通貨が金融の安定と国家安全保障にどのような影響を与えるかを詳しく調べるよう指示され、この措置による命令を受けました。

もう一つ、この命令で強調されているのは、消費者の保護です。この命令では、6つの重要な要素を中心に対策を講じるとしています。それは以下の通りです。

  • 金融包摂
  • グローバルな舞台での米国の競争力
  • 消費者・投資家保護
  • 責任あるイノベーション
  • 不正行為

同日、バイデン大統領の2人の最高経済・国家安全保障アドバイザーであるブライアン・ディース氏とジェイク・サリバン氏は共同声明で、今回の措置は「米国が消費者を保護し、民主主義の価値と一致し、米国の国際競争力を高める形で、国内外のデジタル資産エコシステムの革新とガバナンスにおいて主導的役割を果たし続けるために役立つ」と述べています。

この大規模な仮想通貨のニュースのため、ビットコイン、イーサ、および他の種類の暗号トークンは、一晩で8%の上昇を経験しました。

最新の仮想通貨のアップデートをもっと読みたい場合は、BTC Postで他の記事をチェックしてください。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,818.05 0.05%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,232.34 0.22%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.04%
  • bnbBNB (BNB) $ 284.60 0.2%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.03%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.387254 2.04%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.096297 0.04%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.310418 0.15%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.891621 0.62%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。