ニュース

億万長者アーサー・ヘイズ氏が仮想通貨市場の現状を分析、複数の主要プレイヤーがもう売るべきビットコインがないと発言

Billionaire analyzes state of crypto market banner

BitMEXの創設者アーサー・ヘイズ氏は、ビットコインがすでに弱気市場の底をマークした可能性を見ており、3つの主要なプレーヤーがBTCを売るために使い果たした可能性が高いと述べています。

新しいブログ投稿で、仮想通貨のベテランである同氏は、レバレッジの誤用により今年ビットコインを手放すことを余儀なくされた3つの投資家グループを中央集権型の融資および取引企業、そしてビットコインのマイナーと普通の投機家であるとしています。

まず中央集権型企業について、ヘイズ氏は、仮想通貨ヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(3AC)とサム・バンクマンフリード氏のトレード企業アラメダリサーチの崩壊後、これらの機関はおそらくほとんどのBTCを売却しただろうと述べています。

「この2社(アラメダと3AC)が問題になったとき、我々は何を見たか?最も流動性の高い仮想通貨であるビットコイン(DeFiではWBTC)とイーサ(DeFiではWETH)の中央・分散型取引所への大量移管が見られ、その後売却されたのです。これは大きな下げの時に起こりました…

これらの破綻した機関によって保有されたすべてのビットコインが複数のクラッシュ中に売却されたことを実証的に証明することはできませんが、彼らが潰れる直前に最も流動的な仮想通貨担保を清算するために最善を尽くしたかのように見えるのです。

(中央集権型の融資企業と)すべての大規模な取引会社は、すでにそのビットコインのほとんどを売却しています。今残っているのは、流動性の低いシットコイン、仮想通貨企業の個人的な株式、そしてロックされたプレセールトークンだけです。」

ビットコインの採掘者に関しては、ビットコインが18ヶ月以上ぶりに2万ドルを下回った6月の最初の信用収縮以来、彼らはBTCを純売してきたとヘイズ氏は言います。

「彼らは、多額の不換紙幣の負債を返済するために、このような行動をとっているのです。そして、もし負債がないとしても、彼らは電気料金を支払う必要があります。ビットコインの価格が非常に低いので、施設を稼働させるためにさらに多くのビットコインを売らなければならないのです。

一般の投機家について言えば、ヘイズ氏は、市場の投機レベルを測るために、ロングとショートの契約の建玉(OI)の量に注目しているといいます。同氏によると、OIの史上最高値はBTCの史上最高値と重なった。また、相場が下落するとOIは急落し、投機筋が一掃されたことを示唆しました。

「すべての主要な仮想通貨デリバティブ集中取引所のOIの合計を見てみると、OIローカルローは11月14日(月)のビットコインの16,000ドル以下の刺客とも一致することがわかります。現在、OIは2021年初頭以来のレベルに戻っています。

OIの減少のタイミングと大きさから、私はオーバーレバレッジのロングポジションのほとんどが消滅したと考えています。」

ヘイズ氏は、ビットコインの現在の弱気市場の安値である15,900ドル前後が絶対的な底値であるかどうかは100%確実ではないとしながら、BTCがそのレベルから跳ね返ったのは、「信用収縮がもたらした強制売りの停止」によると結論付けています。また、彼は何事も循環的であると指摘する。

「下がったものはまた上がる」と同氏はしています。

記事執筆時、ビットコインは17,170ドルで取引されています。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 23,642.00 0.35%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,661.42 1.38%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.2%
  • bnbBNB (BNB) $ 327.40 3.29%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.09%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.412975 0.62%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.15%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.401966 0.88%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.092162 2.32%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 1.20 1.1%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。