ニュース

バイナンスCEO、BUSDから「ネイティブ仮想通貨」への復興資金転換を発表

binance ceo announces recovery funds conversion from busd to native crypto banner

シリコンバレー銀行(SVB)、シルバーゲート銀行、シグネチャー銀行という3つの主要な仮想通貨支援銀行の破綻により、ステーブルコインUSDCは1ドルのベンチマークから0.87ドルという低い水準まで下落した。 

ステーブルコインを巡る懸念が高まる中、バイナンスのCEO兼共同創業者のチャンポン「CZ」ジャオ氏は3月13日、「ステーブルコインと銀行の変化」に伴い、産業回復イニシアティブの残りの10億ドルの資金を「ネイティブ仮想通貨」に転換するとツイートした。

CZが挙げたネイティブ仮想通貨には、ビットコイン、バイナンスコイン、イーサリアムが含まれていた。そして、BTCとETCの取引ハッシュIDへのリンクを掲載し、9億8000万ドルが1.98ドルの取引手数料で15秒かけて動いたと述べています。 

このバイナンスの共同設立者の動きに対して、Twitter上の仮想通貨コミュニティは様々な反応を示しました。一部の人は、この決定を「純金」と呼んで賞賛し、代替通貨を使ってステーブルコインを固定することを提案しました。

しかし、ステーブルコインであるはずのBUSDを売却し、より「不安定な」資産に転換する動きには疑問の声も上がっています。

3月10日、USDCを運営するサークルは、最初のデペッグイベントを引き起こした破綻したSVBに、約33億ドルの資金を拘束していることを明らかにしました。しかし、3月13日には、USDCは1ドルのペッグに戻り、現在は0.99ドル前後で推移しています。

サークルはまた、倒産したばかりの米国を拠点とする別の仮想通貨フレンドリーな銀行であるシルバーゲートに、非公開の額の準備資金を滞留させていることが知られている。

USDCを取り巻く不安定さは、DAI、USDD、FRAXといった他の安定コインにもドミノ効果をもたらし、1ドルのポジションから滑り落ちた。

3月10日にイベントが展開され始めて以来、仮想通貨業界全体が次に何が起こるかハラハラしています。Twitterコミュニティのユーザーは、「仮想通貨企業に資金提供する人はもういない」と主張しています。 

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 53,565.00 3.97%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 3,145.78 2.9%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0%
  • bnbBNB (BNB) $ 396.95 2.84%
  • solanaSolana (SOL) $ 109.79 6.64%
  • staked-etherLido Staked Ether (STETH) $ 3,147.93 3.1%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.546980 0.65%
  • usd-coinUSDC (USDC) $ 0.999714 0.01%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.611375 4.62%
  • avalanche-2Avalanche (AVAX) $ 38.97 5.91%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。