ニュース

バイナンスがフランスに1億1300万ドルを投資、新本社を視野に入れる可能性も

binance invest in france banner image

Yahoo Financeが2021年12月30日に行った報道によると、バイナンスは同国のフィンテック分野を推進する非営利団体「France Fintech」と新たな提携関係を固めたとのことです。仮想通貨業界の巨人は、地元のリソースに1億1300万ドルを投資することによって、国の仮想通貨とブロックチェーンの風景を改善するための動きをしています。バイナンスはまた、新しい本社のためにフランスを視野に入れています。

昨年2021年11月、バイナンスは彼らのブログで、同国とヨーロッパにおける仮想通貨とブロックチェーン技術の研究と開発に焦点を当てたFrance Fintechに関わるプロジェクト、Objective Moonを立ち上げると発表しました。

オンライン教育プログラム、分散型台帳技術(DLT)アクセラレータ、フランスにおける新しいバイナンスハブの開発などが、Objective Moonで予定されています。

教育イニシアチブを主導するプロジェクトに関与する企業には、フランスの仮想通貨ハードウェア企業LedgerとEdtech企業OpenClassroomsが含まれます。

バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao氏は、彼の支持者からCZとも呼ばれ、2021年11月にBinance Blogを通じてObjective Moonについて声明を発表しました。

「バイナンスでは、フランスとヨーロッパの技術、仮想通貨、ブロックチェーンの才能の質を認識しており、バイナンスのフランスでの大規模な事業と投資の開始により、フランスとヨーロッパをブロックチェーンと暗号産業の主要なグローバルプレーヤーにすることに向けて大きく貢献できると確信しています」と同氏は述べています。

昨年12月30日のCNBCとのインタビューで、バイナンスのフランス代表、David Princay氏は、このプロジェクトの目標について次のように語りました。「Objective Moonの目的は、本当にエコシステムを開発することであり、エコシステムを育成・発展させることです。一人ではできないことです」。

一方、Yahoo Financeが行った報道によると、CZもバイナンスの新本社を開設する可能性に関心を示しています。バイナンスは中国に根ざしているが、デジタル通貨と関連プラットフォームの取り締まりにより、同プラットフォームは中国での運営を終了しています。シンガポールも同様で、バイナンスは2022年初頭に同国での事業を間もなく停止する予定だからです。

バイナンスが初めて発表してから1ヶ月以上経ってから提携を固めたことで、Objective Moonプロジェクトと新本社探しはまとまりつつあります。このプロジェクトが来年にかけてどのように展開されるのか、またバイナンスの新本社設立が本当にフランスに建設されるのかどうかについては、現在のところ最新情報がありません。

バイナンスは、日々の取引量に関しては、世界最大の仮想通貨取引所プラットフォームであり続けています。その最新の潜在的な投資とヨーロッパでの新本社の検索は、仮想通貨業界の巨人のための新しい方向への戦略的な一歩となるでしょう。BTC Postでは最新の仮想通貨ニュースやアップデートの最新情報をお届けします!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,024.07 1.6%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,259.64 2.72%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.07%
  • bnbBNB (BNB) $ 289.25 2.14%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.01%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.21%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.386855 1.92%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.101016 5.72%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.317510 2.97%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.912066 2.79%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。