ニュース

Binance、インドネシアに新たな仮想通貨取引所を設立へ

indonesia crypto exchange new banner

先週12月15日(水)に発表されたプレスリリースによると、BinanceはMDI Venturesと提携し、インドネシアで仮想通貨取引所を立ち上げる予定です。ブロックチェーン技術に特化したこのプロジェクトは、同国で仮想通貨をさらに発展させ、同時にブロックチェーンエコシステムを拡大することに重点を置くとされています。

Binanceの貢献としては、資産運用のインフラを統括し、プロジェクトの完成に必要な技術をサポートする予定です。一方、MDIはBinanceと協力して、この技術がインドネシアの通信ネットワークに適合するようにする予定です。

昨年12月21日に公開されたBitcoin Newsとのインタビューによると、BinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏は、同国のブロックチェーンエコシステムを改善する可能性があることに興奮を覚えたと話しました。彼はまた、プロジェクトに関する現在のアップデートが何であるか、一部の投資家が何を期待できるかを議論する声明を発表しました。

「組織構造、製品提供、内部プロセス、規制当局との連携方法について、非常に大きな変更をいくつも行っている」とZhao氏は述べています。これらの開発はすべて、Binanceが英国など世界中の場所にオフィスと規制構造を設置するために取り組んでいる中で行われています。

「Binanceの野望は、ブロックチェーンと仮想通貨のエコシステムをグローバルに成長させることであり、インドネシアでのこの取り組みはその方向における重要な一歩です」とZhao氏は共有しています。

Binanceは2017年から仮想通貨市場に参入しており、世界180カ国以上で事業を展開しています。彼らのMDIとの今度のプロジェクトは、インドネシアの仮想通貨市場の状態を改善し、より多くのトレーダーがブロックチェーン技術を使用し、簡単に取引を経験できるようにするものです。

MDIはインドネシアで最大かつ最も著名な通信部門で、約8億3,000万米ドルの価値があります。彼らのBinanceとの最新のパートナーシップは、インドネシアにおける仮想通貨市場の存在感を向上させる可能性のある価値あるコラボレーションであることが証明されました。

現在のところ、プロジェクトに関する具体的な情報はなく、いつ開始されるのか、プラットフォームが一般に何を提供するのかは不明です。

インドネシアでは仮想通貨は認められていますが、法定通貨として使用することは禁止されています。一方、政府関係者は仮想通貨取引所プラットフォームのアイデアを支持しており、中央銀行のデジタル通貨を検討しているほどです。

BTC Postでは、最新の仮想通貨ニュースや最新情報をお届けします! 

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 20,189.00 4.24%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,144.45 4.57%
  • tetherTether (USDT) $ 0.997936 0.16%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999712 0%
  • bnbBNB (BNB) $ 238.10 6.44%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.09%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.322858 2.63%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.457634 2.29%
  • solanaSolana (SOL) $ 36.22 8.22%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.067706 2.8%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。