ニュース

ルガーノ市でビットコインとテザーが法定通貨に

bitcoin tether lugano banner image main

スイスのルガーノ市では、多くの地元企業が仮想通貨を「事実上の」法定通貨として受け入れています。同市にある200以上の地元商店や企業が、駐車券や公共サービス、学費の支払いにビットコインやテザーなどの仮想通貨を利用できるようになったのです。

このニュースは、同市の仮想通貨導入に向けたYoutubeでのライブイベントで発表されました。テザーの最高技術責任者であるPaolo Ardoino氏は、同社がスイス南部の都市全体の店舗や企業にビットコイン(BTC)とテザー(USDT)の採用を奨励するために、300万スイスフランの基金を設立したと述べました。

また、Tether Operations Limitedは、納税に仮想通貨を採用するルガーノ市の行政とパートナーシップ契約を締結しました。同市行政とともに、テザーはブロックチェーン採用のためのセンター・オブ・エクセレンスも設立しました。

Ardoino氏は、このコラボレーションはルガーノ市をヨーロッパの主要なブロックチェーンハブに変えることを目的としていると述べています。

「私たちは、作成されたこれらのツール、これらの手段、これらの通貨が、ルガーノ市のような活気のある環境で実用化されることを示したいと思っています」と同氏は述べています。

ブロックチェーン技術に基づくスタートアップ企業の資金調達のために、最大で100スイスフランの資金が提供される予定です。さらに、研究機関や大学と連携して産業教育を行う際にも、ルガーノ市を支援する予定です。

テザー社とルガーノ市は、同市におけるBTCのスケーラビリティ問題を解決するため、ビットコインのブロックチェーンにライトニング・ネットワークを実装する計画も立てています。ライトニング・ネットワークは、ブロックチェーンに参加していない当事者同士でも取引を可能にします。

Ardoino氏によれば、エルサルバドルの議員たちは、同市における仮想通貨の導入に貢献しました。2021年9月、エルサルバドルのビットコイン法は、同国の居住者と訪問者が、商品やサービスの支払いに米ドルと並んでBTCを使用することを可能にしました。

ルガーノは人口およそ6万3000人のスイス最大の都市で、今年10月に開催されるビットコイン・ワールド・フォーラム会議を主催する予定です。また、ツェルマットやツークなど、スイスの他の都市や州でも、市民が仮想通貨を使用して税金を支払うことを許可しているところがあります。

BTC Postに移動して、より多くの仮想通貨ニュースをお読みください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,421.49 0.97%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,060.95 2.32%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.07%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0%
  • bnbBNB (BNB) $ 215.10 1.01%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.16%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.314171 0.24%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.446744 0.04%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.41 0.75%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065461 0.02%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。