ニュース

中国ではビットコインが投資対象として注目されています。

china now bitcoin news banner

中国人民銀行(PBOC)は現在、ビットコイン(BTC)を「投資代替手段」とみなしていると、PBOCの李波副総裁が述べました。李波氏は、Boao Forum for AsiaでConsumer News and Business Channel(CNBC)が主催したパネルインタビューの中で、ビットコインとステーブルコインは、投資の代替手段となりうる暗号資産であり、「それ自体は通貨ではない」と認めました。

また、李波氏は、中国は仮想通貨の投機的性質から投資家を守るために必要なさまざまな規制要件を検討していると述べました。これは、2017年にBTCの発行と取引を制限した北京の観点からは、決定的な変化です。仮想通貨ニュースサイトCoindeskのデータによると、BTCの価格が57,134.04ドル程度だった北京時間の昨年4月19日午後12時25分に、BTCの取引活動が2%増加しています。

中国は、2017年に当局が仮想通貨に対する厳しい政策を実施した後、国内での暗号取引活動が停止されるまでは、以前はビットコインの最大の買い手の1つでした。中国当局は、暗号企業がコインを低価格で販売することでプロジェクトの資金を得るために使用するイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を禁止しました。さらに、100以上の地元の仮想通貨取引所が、適切なライセンスがないために閉鎖されました。金融詐欺のリスクや資本流出への懸念から、こうした措置を取るように迫られたのです。

PBOCは、たとえビットコインが投資対象としてみなされていたとしても、ビットコインを使用することによる潜在的なリスクを軽減するためのさまざまな方法を考え出しています。また、李波氏は、中央銀行がこの計画のために、仮想通貨に関する現行の規制を使用することを発表しています。

中国を拠点とする暗号金融サービス会社Babel Financeの創業者であり、CEOのFlex Yang氏は、CNBCのインタビューに、将来的に可能な投資にビットコインを使用することを選択することは、PBOCの「進歩的」な動きであると述べています。

仮想通貨取引所Lunaの事業開発責任者であるVijay Ayyar氏は、「これは重要な変化」であり、「公的仮想通貨に関する彼らの以前の発言とは異なる」と述べています。さらに、「政府は、仮想通貨が実行可能で確立されていることを認識している」ため、禁止ではなく規制が必要であるとコメントしています。

中国は現在、将来の投資にBTCを使用するための準備のほか、現金やコインを置き換える目的でPBOCが発行する独自のデジタル人民元の開発に取り組んでいます。これは2014年から研究されているプロジェクトで、携帯電話で使用されるデジタルマネーであるにもかかわらず、BTCとは異なるものです。

李波氏は、このデジタル通貨を、外国人観光客や2022年の北京冬季オリンピックの選手が使えるようにすることを目指していると言います。2021年の初めには、深圳と北京の都市周辺で、流通に関する一連のテストが成功しています。

仮想通貨に関する最新情報はBTC Postで!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,421.49 0.97%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,060.95 2.32%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.07%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0%
  • bnbBNB (BNB) $ 215.10 1.01%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.16%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.314171 0.24%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.446744 0.04%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.41 0.75%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065461 0.02%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。