ニュース

シティグループはビットコインが将来の通貨になる可能性があると主張

citi says bitcoin banner en

米金融大手シティグループは今月発表した報告書で、仮想通貨ビットコインは現在、転換期にあり、間もなく国際商取引での主流通貨となる可能性があると説明した。

3月21日のロイターの報告書で、シティグループのアナリストは、特にテスラやマスターカードのような大手企業が仮想通貨の取り扱いを開始した後、BTCがグローバル化に直面していると主張していた。

「仮想通貨に関しては多くのバージョンが生まれたが、従来の支払いと比べると、パフォーマンスが優れている」と、シティグループのアナリストはCNBCの報告書で指摘した。

過去10年間の個人投資家の集中力とは対照的に、仮想通貨の最近の前向きなパフォーマンスは機関投資家と関係がある。

分析によると、ビットコインは2月下旬に史上最高値58,354ドルに達して、企業がデジタルウォレットへのアクセス権を取得すると、将来的に「投機的爆縮」に直面する恐れがある。

「支払い手段として設計されたビットコインは、変動性が高く、取引にコストがかかることに制限されているため、実際に主要経済国の商取引に使用されていない。それでも、過去1年間で、ナイジェリアなどの一部の新興市場を魅了させていた」とシティグループのアナリストは指摘した。

さらに、シティグループのアナリストは、ビットコインの主流の採用は、中央銀行デジタル通貨やフラットペグのステーブルコインなどのデジタル通貨の分野からのサポートを取得すると述べていた。

ところが、Cointelegraphの仮想通貨アナリストは、ビットコインの成功は依然として暗号市場の状況と、業界が機関投資家や金融規制当局の要件に対処できるかどうかに依存すると主張した。

シティグループの金融専門家の報告によると、世界的な規制は、機関投資家がビットコインを採用する要因となる。アメリカ最大の投資運用会社ブリッジウォーターは2月25日、ビットコインに関する特定の規制が、高い変動性と低い流動性に関連する最大の仮想通貨問題のいくつかを解決すると発表した。

「ビットコインの進歩を邪魔する多くのリスクと障害が確かに存在することを認めるが、これらの潜在的な困難と機会を分析すると、ビットコインが転換期にあるという結論を出す」とシティグループのアナリストは説明していた。

最新の仮想通貨のニュースについては、BTC Postにアクセスすると、仮想通貨業界の速報を常に把握することはできる。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,818.05 0.05%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,232.34 0.22%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.04%
  • bnbBNB (BNB) $ 284.60 0.2%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.03%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.387254 2.04%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.096297 0.04%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.310418 0.15%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.891621 0.62%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。