ニュース

中国での停電によりビットコインの取引が減少

bitcoin trading activity news

ニュースサイトCoinDeskによると、ビットコイン(BTC)は去る2021年4月18日、同年2月以来の最安となる不振に遭遇しました。世界のビットコインマイニングの大部分が行われている中国の新疆ウイグル自治区での突然の停電が、この低迷の原因である可能性があると、暗号資産追跡サイトCoinMarketCapが報告しています。BTCは、前週の価格ピークである64,000ドルから14%、51,541ドルの下落傾斜に向かって変動しました。

BTCのトレード活動は14%に減少し、昨年2月以来の低いトレード活動率となり、イーサ(ETH)も10%、2,101ドルの減少となりました。中国の新疆ウイグル自治区での停電に関するニュースは、多くのマイナーが自分の資産を低価格で売ることを促したとロイターが報道しています。

デジタル・トレジャリー・マネジメント・プラットフォームであるLedgermatic社のCEOであるLuke Sully氏は、ロイターへの電子メールで、中国での停電のために人々がビットコインを売った可能性が高いと述べています。また、今回の出来事は、電力のような中央集権的な要因に依存しているビットコインネットワークの「根本的な弱さ」を示しているとコメントしています。

ブロックチェーンアナリストのチャールズ・エドワーズ氏は4月18日、中国での停電によりビットコインのハッシュレートが40%低下したことをTwitterで明らかにしました。これにより、トレードが遅くなり、「コインを取引所に移動して販売することが難しくなった」とのことです。同氏は、ビットコインの価格下落はまだ「典型的なボラティリティーの範囲内」であり、苦境のシグナルではないと付け加えています。

トルコの中央銀行が仮想通貨の購入に使用することを禁止したことで、ビットコインのトレード活動に再び沈みが生じました。しかし、通貨取引会社OANDAのシニアマーケットアナリストであるエドワード・モヤ氏は、市場が「過度に攻撃的」になっており、「弱気のヘッドライン」があれば、ビットコインなどの仮想通貨市場に反応を引き起こす可能性があると指摘しています。暗号市場は従来の市場と違って止まることがないため、ビットコインには多くの価格変動や予測不可能な動きがあると予想されます。

ビットコインは、投資商品や決済手段として利用されているため、突然の暴落にもかかわらず、89%のレンジで上昇しています。さらに、株や上場投資信託、さまざまなリスクのある資産を購入する人が増えているため、高値を維持し続けています。

仮想通貨に関する最新のニュースや更新情報はBTCポストで入手!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,421.49 0.97%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,060.95 2.32%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.07%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0%
  • bnbBNB (BNB) $ 215.10 1.01%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.16%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.314171 0.24%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.446744 0.04%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.41 0.75%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065461 0.02%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。