ニュース

ビットコインのソフトフォーク「Taproot」が90%のブロックコンセンサスを得て稼動開始

bitcoin soft from taproot banner

ビットコインネットワーク(BTC)は、11月14日にマイナーおよびマイニングプールからのブロックコンセンサスが90%に達したことを受けて、ソフトフォーク「Taproot」を起動しました。これは、Mercelized Abstract Syntax Tree(MAST)コンセプトにより、ビットコインネットワークのプライバシーとスクリプティング機能を向上させることを目的としています。

ソフトフォーク「Taproot」のアップデートはブロック709,488から709,632の間で行われ、Lighting NetworkとSegregated Witness(SegWit)がリリースされた2017年8月以来のビットコインのメジャーアップデートと見られています。

著名なビットコイン開発者であるHampus Sjöberg氏が運営するTaprootのウェブサイトによると、「[MAST]は、支出時に契約の関連部分のみを明らかにすることで、スマートコントラクトをより効率的かつプライベートなものにするのに役立ちます」とのことです。

Sjöberg氏はまた、Taprootは古いライトニングネットワークのプライバシーを改善し、ビットコインネットワークが長期的に存続するために重要なネットワークアップグレードを行うのに役立つと述べています。

Taprootのアップグレードは、Bitcoin Improvement Proposals(BIPs)と呼ばれる3つのアップグレード要求、すなわちSchnorr(BIP340)、Taproot(BIP341)、Tapscript(BIP342)をまとめたものです。これらの提案は、2021年6月12日にマイナーの間で90%のコンセンサスを得て、11月にビットコインのプロトコルのソフトフォークとして有効化されました。

今回のメジャーアップデートでは、Schnorr署名を用いたプライバシーと匿名性の向上、手数料の削減、ライトニングネットワークの効率化、スマートコントラクト機能の強化など、様々な方法でビットコインネットワーク全体の柔軟性、セキュリティ、効率性を向上させます。これにより、Bitcinネットワークもブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行できるようになります。

ビットコインネットワークは、約13年の歴史の中で、コミュニティ主導のハードフォークやソフトフォークを複数回経験してきましたが、その一つが2017年にリリースされたビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークに付属するSegregated Witness(SegWit)です。SegWitが有効化された2年後には約50%のトランザクションがSegWitを使用していましたが、4年後にはその数が80%にまで顕著に増加しています。

Taprootの採用は、SegWitが数年かけてゆっくりと成長していったのと同様に、数年かけてゆっくりと増加していくことが予想されます。Taprootアップデートの効果はまだ現れていませんが、ライトニングネットワークは成長を続けています。

このような記事をBTC Postで読んで、より多くの仮想通貨のニュースとアップデートをお楽しみください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,224.66 2.44%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,284.32 4.56%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.03%
  • bnbBNB (BNB) $ 289.94 2.3%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.08%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.07%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.392040 1.55%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098550 2.23%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.314883 1.88%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.926628 4.11%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。