ニュース

bitFlyerが日本との国境を越えた取引を開始

bitfyerbaner

国際的なイノベーションの一環として、暗号通貨取引所bitFlyerは昨年9月に日本との国境を越えた取引の開始を発表し、ヨーロッパの暗号ユーザーはヨーロッパが規制するプラットフォームを使用して日本のビットコイン市場にアクセスできるようになりました。

bitFlyerは、東京を拠点とする暗号通貨交換会社であり、全国で250万件以上の取引を処理しており、暗号関連製品のほか、先進開発分野でも人気があります。 同社は2014年に設立され、日本で最も急成長している暗号交換会社の1つであり続けています。

同社の主な目標は、使いやすいインターフェース、便利な取引、顧客へのコインの売買と取引の利便性を提供することであると述べました。 さらに、彼らは日本および国際的にビットコインの認知を先導することを目指しています。 「日本デジタル資産局(JADA)とともに、bitFlyerはビットコインの使用を日本および世界中に広め、ビットコインの購入、販売、及び使用のプロセスを合理化及びシームレス化することを望んでいます。」

さらに、bitFlyerの創設者である鹿野ゆず氏は、彼の会社は、ヨーロッパと米国のパートナーシップとともに日本で管理された最初の暗号通貨取引所であるだけでなく、国境を越えた取引取引を行う最初の会社でもあると述べました。 日本での利用可能性に関係なく、BTC / JPYでのユーザーのすべてのトランザクションは依然としてヨーロッパのプライバシーポリシーの監督下にあります。

一方、プラットフォームの目標について尋ねられたとき、鹿野氏は、bitFlyerの目標は常に、ユーザーが単一の市場の規模、深さ、流動性から利益を得ることができる真にグローバルな暗号通貨取引プラットフォームを作成することであると述べました。

彼が説明する中で、「流動性は暗号通貨市場が直面する絶え間ない課題であり、BTCと暗号通貨業界全体の将来の成長と持続可能な発展を確保するための鍵でもあります」と説明しました。 本日の声明は、この点で一步前進です。」

この革新により、世界中の取引が手間をかけずに簡単になります。 さらに、すべてのbitFlyerエンティティは、地域のAMLおよびKYC法によって規制されており、適切な制御とコンプライアンスの下で運営されています。

暗号通貨のニュースについて詳しく知りたい場合は、BTCポストで最新の暗号通貨の更新を入手してください。 暗号通貨の始まり、市場の現在の状況などについて詳しく説明している記事を参照してください。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,474.04 0.46%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,329.46 0.41%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.21%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.27%
  • bnbBNB (BNB) $ 283.98 0.14%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.480229 0.99%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.15%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.435197 0.6%
  • solanaSolana (SOL) $ 33.26 1.87%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.061742 1.72%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。