ニュース

Bitstamp(ビットスタンプ)のメリットとデメリット

Bitstamp Exchange Banner 1280x720

仮想通貨の取引所に関しては、最も古いプラットフォームは、常に市場で確立された背景と評判で最も信頼性が高いです。この記事では、BTCポストが世界初の仮想通貨取引のプラットフォームの1つであるBitstampをレビューしていきます。

このプラットフォーム当初は、フィアットで仮想通貨を購入することを可能にするためのツールとして始まり、現在では仮想通貨市場で複数の取引オプションを提供するプラットフォームに成長しました。  

2011年の創業から何年経っても、Bitstampは先進的で新しいブランドと競合し、世界でもトップの取引所プラットフォームの1つとして認識されています。実際、このプラットフォームは、CoinMarketCapのウェブトラフィック、取引量、流動性に基づいて、11番目のトップパフォーマンスの仮想通貨取引のプラットフォームとしてリストアップされています。

以下の記事では、Bitstampのメリットとデメリットを、その機能と性能のリストと一緒に見ることができます。

ビットスタンプの内部を紹介

Bitstampでは、取引に必要なすべての機能が揃っており、まず、取引画面を表示するマーケットオプションがあります。わかりやすく、取引に慣れない初心者に最適です。

しかし、初心者だけでなくあらゆるレベルのトレーダーに使いやすい仕様となっています。すでに取引の知識がある方は、トレードビューから高度なオプションにアクセスすることができます。この機能では、価格指標とチャートを備えた総合的な取引グラフを確認でき、執行日、市場価格、値幅制限などの特定の要因に基づいてマーケットオーダーを発注することができます。

Bitstampのメリットとデメリット 

トレードビューには高度な機能が搭載されていますが、取引オプションに関してはまだ不十分な部分があります。プラットフォームには証拠金取引と未来貸出がなく、特に1つのアプリですべての取引と資産を容易にしたい場合は、少し制限されることがあります。

取引オプションは不十分化もしれませんが、Bitstampにはインスタントオーダーサービス、リミットオーダー、ストップオーダー、マーケットオーダー、フィルオアキルオーダーが揃っています。これらの取引注文サービスはすべて、ユーザーの投資に適した最良の選択肢を提供してくれます。さらに、ユーザーの個人的な好みに合わせて取引を調整することも可能です。

割安な取引手数料 

Bitstampの手数料は、30日間の取引量に基づいて計算され、月間取引量が1万ドル未満の場合は0.50%から始まります。月間取引量が1,000万ドルに達すると、手数料は0.10%まで下がることがあります。これは基本的に取引量が高いほど、プラットフォームで支払わなければならない手数料が低いということです。

Bitstampのセキュリティ 

Bitstampは厳格なKYCプロセスを実装していますが、これはメリットでもデメリットでもあると考えることができます。 個人情報を共有することは面倒で、自分のデータを危険にさらすようなものだと感じる一方で、グローバルな規制を遵守し、マネーロンダリングやテロ対策の防止に役立ちます。

また、KYCプロセスは、ユーザーとプラットフォームの双方に、ユーザーのアクティビティに対する責任を負わせることになります。これをメリットととらえるか、デメリットと捉えるかはユーザー次第です。

Bitstampとは?

Bitstamp はスロベニアのプログラマーのNejc KodričとDamijan Merlakによって2011年に開発された取引所プラットフォームで、ビットコインが誕生してからわずか2年後のことでした。Bitstampは世界の仮想通貨取引のパイオニアの1つとなり、仮想通貨は人々にとってより身近なものとなりました。

2013年、Bitstampはその拠点をイギリスに移しました。その後2016年にドイツのルクセンブルクに移転し、最終的に2018年にベルギーに拠点を置く投資会社NXMHに買収され、ヨーロッパとアメリカ全土にBitstampのオフィスを広めることができました。  

主にヨーロッパの仮想通貨市場を扱っているにもかかわらず、2022年の初めにシンガポールにオフィスを設立することで、世界中でそのサービスを提供することになりました。

Bitstamp取引所の長所と短所

メリットデメリット
割安な取引手数料主要な仮想通貨の取り扱いが少ない 
ユーザーフレンドリーなアプリとウェブサイト 信用取引や貸出機能がない
グローバルな規制への対応KYCプロセス
あらゆるデバイスにアクセス可能
数十年にわたる仮想通貨取引の経験
クリプトステーキングの報酬を配布
高評価のモバイルアプリ 
アプリ内の専用カスタマーサポート 
様々なアルトコインへのアクセス

Bitstampの機能とサービス

Bitstampは、ユーザーの財産を管理し、取引を促進するのに役立つサービスや製品を幅広く提供しています。以下は、Bitstampの機能の一部です。 

機能

割安な手数料

このプラットフォームのすべての取引手数料は、メーカー・テイカーモデルに基づいて計算されており、テイカー手数料は常にメーカー手数料よりも10%高くなっています。以下は、手数料の表です。

取引量メーカーフィーテイカーフィー
$10,000以下0.30%0.40%
$100,000以下0.20%0.30%
$500,000以下0.10%0.20%
$1,500,000以下0.08%0.18%
$5,000,000以下0.06%0.16%
$20,000,000以下0.05%0.12%
$100,000,000以下0.04%0.10%
$1,000,000,000以下0.02%0.06%
$1,000,000,000以上0.00%0.05%


取引手数料とは別に、Bitstampには入出金手数料がありますが、これは取引にデビットカードやクレジットカードを使用しない限り、ほぼ無料です。手数料は下記で確認してください。

入金方法フィー
デビットカード固定料金10ドル+プロバイダ手数料
クレジットカード5%+プロバイダ手数料
電信送金0.05%
SEPAヨーロッパ送金無料
クリプト無料
出金方法手数料
デビットカードなし
クレジットカードなし
電信送金0.09%
SEPAヨーロッパ送金0.90ユーロ/回
クリプト仮想通貨ごとに異なる


セキュリティ

2015年にBitstampがハッキングされて以来、グローバル制限に準拠したKYCシステムやサインイン時の2要素認証(2FA)などのセキュリティ対策を実施し、再被害を防ぐことに注力しています。また、各アカウントは独自のマルチシグネチャで保護され、ハッカーがデータを入手することを防いでいます。 

マルチデバイス対応

Bitstamp Exchange 1

Bitstampの良い点の1つは、さまざまなデバイスやオペレーティングシステムに簡単にアクセスできることです。デスクトップ、タブレット、モバイルデバイスなど、ウェブ最適化により、どのデバイスでも使用することができます。さらに、App Store、Google Play、App Galleryなど、お好きなプラットフォームでダウンロードできるのも魅力です。  

コールドストレージ

Bitstampは、インターネットに接続されていないコールドストレージというシステムに資金を保管することで、サイバー犯罪者から資産のデータを保護します。これにより、資産の大部分を保護し、日々の取引に使用するのはごく一部となります。

サービス

マーケット

Bitstamp Exchange 2

メニューのマーケットオプションをクリックすると、ベストパフォーマー、ワーストパフォーマー、最終リスト、最も閲覧された資産のリストが画面に表示されます。興味のあるアセットをクリックすると、そのパフォーマンスが折れ線グラフで表示されます。トークンの現在の市場の詳細は投資の決定に役立ちます。 

トレードビュー

Bitstamp Exchange 3

トレードビューオプションは、上級トレーダーのために設計されています。価格指標、ライブオーダーブック、深度チャート、現在の取引、24時間の変化と取引量などの詳細を含む包括的なチャートを備えています。

トレードビューでは、基本的な取引プラットフォームと同じ注文を使用することができますが、唯一の違いは、取引の管理に役立つ特定のデータにアクセスできるようになることです。

ベーシックオーダー

Bitstampは、取引のオプションは多くありませんが、市場で最も包括的なオーダーコマンドを採用しています。初心者に優しいインスタント注文から、より高度なフィル・オア・キル注文まで、あらゆる注文が可能です。Bitstamp で利用可能なマーケットオーダーを以下でご確認ください。

  • インスタントオーダー – このオプションを使用すると、Bitstampで希望する仮想通貨を即座に支払い、受け取ることができます。この注文を完了するには、クレジットカードまたはデビットカードを使用して、Bitstampアカウントに資金を入金する必要があります。
  • リミットオーダー – このオプションでは、特定の暗号トークンを購入する際の希望価格を設定することができます。トークンが指定した価格で購入できるようになると、注文は直ちに実行されます。
  • マーケットオーダー – このオプションを利用すると、市場で最も有利な価格で暗号資産を売買することができます。
  • ストップオーダー – このオプションでは、取引の開始価格と終了価格を設定することができます。これにより、市場の急激な変動があった場合に、潜在的な損失を抑えることができます。
  • トレーリングストップオーダー – このオプションは、選択した資産の価格が現在値よりも上昇したときに自動的に上方修正される設定された底値に基づいて、入口と出口価格を設定するオプションを与えることによって、ストップ価格と現在値との間に同じスプレッドを維持することができるようになります。
  • フィルオアキルオーダー – このオプションは、注文が完全に満たされないとキャンセルされることを指定します。

Bitstampの収益

Bitstampでステーキングしてパッシブ収入を得ましょう。このプラットフォームでは、一定時間資産を保有するか、新しい暗号トークンを購入することで、仮想通貨を所有し、ステーク報酬を獲得することができます。ただし、執筆時点ではAlgorand(ALGO)とEthereum(ETH)トークンのみをステークすることができます。参加したい場合は、アカウントに前述のトークンをストックしておく必要があります。

Bitstampと他の取引所プラットフォームとの比較 

他の取引所プラットフォームに対するBitstampのパフォーマンスを確認し、最適なオプションを以下で確認してください。

BitstampとPhemexの比較

Phemexは、2019年に設立されたばかりの比較的新しい取引所プラットフォームです。古いプラットフォームであるにもかかわらず、BitstampはPhemexと比較して明らかに少ない取引オプションを提供しています。利用可能な仮想通貨と取引ペアも、229の仮想通貨と238の取引ペアを提供するPhemexと比較して、Bitstampではより制限されています。

Bitstampが唯一リードしている点は、そのプラットフォームと市場の使いやすさです。BitstampはPhemexと比較して初心者トレーダーにとって使いやすいので、初心者トレーダーであれば、Bitstampがおすすめです。

BitstampとBitFlyerの比較

BitFlyerは、日本最大の取引所プラットフォームの一つです。しかし、Bitstampと同様に、利用できる仮想通貨の数が限られています。BitFlyerではBTC、ETH、LTCのようなトップクラスの仮想通貨しか取り扱いがありません。

利用可能なトークンとアルトコインの格差にもかかわらず、BitFlyerはBitstampと比較して、より幅広い取引オプションを提供しています。アクティブな取引チャート、最近の取引リスト、高度な取引オプションは、Bitstampの簡素化された取引市場よりも優れています。

さらに、BitFlyerはブロックチェーンラボと、ユーザーがビットフライヤーネットワーク内のリアルタイムの取引を見ることができるチェーンフライヤー機能も持っています。これらのオプションはどれも素晴らしいものですが、初心者トレーダーが理解するのは少し難しいため、初心者にはやはりBitstampが適しています。

BitstampとLBANKの比較

LBANKは、香港に拠点を置く最も人気のある中央集権的な暗号交換プラットフォームの一つです。この取引所は、高度な取引に対して手数料が低いのが特徴です。また、取引ツールの面では、Bitstampよりもはるかに高度なオプションを提供しています。しかし、注文の種類と質に関しては、Bitstampが一歩上です。仮想通貨の提供に関しては、LBANKとBitstampの間に大きな差はありません。

おそらくLBANKの法が勝っている点は、これまでセキュリティ侵害を経験していないという事実でしょう。 

Bitstampの概要

Bitstampのウェブサイトとアプリのデザインは、ミニマルでわかりやすく、初心者のトレーダーに人気です。ウェブサイトをスムーズにナビゲートするために必要なものはすべてわかりやすい位置に用意されています。

Bitstamp Exchange 4

メイン画面の上にあるタブを選択すると、マーケット、機関投資家、プロトレーダー、モバイルアプリ、ブログ、学習など、Bitstampの様々な機能にアクセスできます。これらのメニューとタブは、ウェブサイトを使用する際に混乱を防ぐことができます。

ウェブサイト全体のデザインは目に優しく、初心者投資家やトレーダーに最適な爽やかなユーザーフレンドリーです。

まとめ:Bitstampにアカウントを作るべきか? 

優れた取引所として、Bitstamp は、わかりやすい売買プロセスからユーザーフレンドリーな取引オプションまで、すべて揃っています。取引のための高度な機能は備えていないかもしれませんが、初心者トレーダーが使いやすいように簡素化されています。

サイトやアプリは、膨大な取引オプションを求める上級トレーダーにとっては制限に感じるかもしれませんが、処理可能な注文は豊富です。さらに、初心者と熟練トレーダーの両方にとって、取引経験をパーソナライズするのに役立ちます。

初心者である場合、Bitstampが暗号交換プラットフォームとして考慮する価値はあるでしょう。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 23,642.00 0.35%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,661.42 1.38%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.2%
  • bnbBNB (BNB) $ 327.40 3.29%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.09%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.412975 0.62%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.15%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.401966 0.88%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.092162 2.32%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 1.20 1.1%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。