ニュース

Blockstreamの幹部が退任し、ビットコインの導入に注力

Blockstream Banner Image Main 1000x720

ビットコインインフラストラクチャ企業であるBlockstreamに5年間在籍した後、現在最高戦略責任者のSamson Mow氏は、エルサルバドルでの助言以来、国民国家のビットコイン導入にさらに注力することに決めました。

彼の公式Twitterアカウントに投稿された声明の中で、Mow氏はBlockstreamが最近の資金調達プロジェクトの後、良い状態にあり、彼が退社する時が来たと述べ、会社からの潔い退社を発表しました。

「今日は@Blockstreamでの最後の日です。この5年間、@adam3usと一緒に仕事をしてきて、サイドチェーンからマイニング、人工衛星まで多くのことを一緒に成し遂げてきた壮大な冒険でした。さて、次はどうする?私は国民国家の#ビットコイン導入に注力するつもりです!」と同氏はTwitterで発言しています。

さらに同氏は「今はビットコインの進化における極めて重要なポイントだと感じています。大量導入の危機に瀕していますが、私はそれをより早く実現できると考えている」とMow氏は付け加えました。

フォーブス誌は、Mow氏が国家全体に仮想通貨を普及させるために注目している企業について、メキシコを候補に挙げていると報じています。これは、彼が投稿したTwitterユーザーの1人から、エルサルバドルの次はどこかと尋ねられたときの返答によります。

「私は多くの国の人々と仕事をしており、まだはっきり言うのは早いが、何らかの形でビットコインの導入は避けられないだろう」と、Mow氏はTwitterのダイレクトメッセージで、フォーブス誌と私信でやり取りしています。

Mow氏とブロックストリームは、昨年2021年9月にビットコイン担保債券に焦点を当てた同国のビットコイン適応への移行において、エルサルバドルの助言を行いました。彼らはインフラを設計する上で重要な人物でした。そして、これは2022年3月までにBlockstreamのLiquidプラットフォームで発行される予定です。

「エルサルバドルであらゆることが光速で起こり、ビットコインの採用に関心を持つ国が増えていく中で、毎日の時間がもう十分ではないことに気づいた」と、Mow氏は退社に関する自身のTwitterスレッドで述べています。

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は、自身のTwitterアカウントで、ビットコイン導入に関する予測について、他の2つのラテンアメリカ諸国がこの動きに参加するだろうと述べています。彼はまた、ビットコインが近い将来10万米ドルに達すると予測しました。

CoinDeskの報告によると、Mow氏の退任により、次にどの国が公式通貨取引にビットコインを採用するか、特にブケレ大統領の予測により、憶測が高まることになります。

BTC Postによる仮想通貨ニュースや更新を閲覧しながら、Mow氏が主導する国民国家のビットコイン採用に関する詳細を知ることができます。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 21,259.00 0.62%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,222.62 2.05%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.01%
  • bnbBNB (BNB) $ 237.63 1.36%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.363428 1.33%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.23%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.504387 3.57%
  • solanaSolana (SOL) $ 40.27 0.38%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.073621 10.23%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。