ニュース

BSPは2021年に仮想通貨取引のニーズが高まると見込んでいる

bangko sentral ng pilipinas

フィリピン国立銀行(BSP)は、ビットコインや他の仮想通貨の価値が2020年末と2021年第1四半期に上昇した後、今年のフィリピンでの仮想通貨取引が増加すると予測している。

BSPの技術リスク・イノベーション規制省(TRISD)のディレクターであるMelchor Plabasanはフィリピン・スターとのインタビューで、暗号化取引の成長は価格の高騰、特にビットコインの価格によってもたらされたと述べた。

「また、決済・送金分野やその他の金融サービスの提供においても、仮想通貨の利用は引き続き増加すると予想しており、これはBSPに登録された取引所における仮想通貨事業活動が過去数年間で増加しているためだ」とPlabasan氏は述べていた。

Plabasanは2019年以降、投資家が36%増加したとの見方を示した。同氏はまた、ビットコインや他の仮想通貨の流行が今年もより多くのトレーダーを引き付け続けるとの見方を示した。

その結果、BSPはフィリピンの仮想通貨規制と暗号取引基準を拡大した。

BSPのベンジャミン・ディオクノ総裁は声明の中で、過去3年間、仮想通貨取引所の利用が加速的に増加しているのを見てきたが、このような金融イノベーションの発展の性質を認識し、それに応じたリスク管理の見通しを策定することで、既存の規制の範囲を拡大する時が来ていると述べた。

デジタル資産がより注目されるようにつれて、BSPはフィリピンのすべての取引所プラットフォームと暗号化通貨トレーダーが遵守しなければならない規制を継続する。これらの条例はアンチマネーロンダリング、テロ資金供与、流動性リスク管理などの事項にかかわることだ。

BSPは2017年に最初のVCEsの規制制定を開始し、2021年2月に規制を拡大した。BSPは先週火曜日にウェブサイトに掲載された公式発表で、暗号化サービスプロバイダとユーザーに対するBSPの新しい規則は、国際標準設定機関によって設定されたリスク管理基準と一致していると述べた。

ASEAN Today(ASEAN Today)が昨年2月25日に発表した仮想通貨更新のための最新記事は、フィリピンなどのアジア諸国はデジタル資産の需要の増大に備える必要があると述べていた。フィリピンには今日までに17の仮想通貨取引所(VCE)があり、フィリピンデジタル資産取引所(PDAX)が最も人気のある取引所の1つとなっている。これらのスイッチング・プラットフォームは、引き続きBSPの規定に従って動作する。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 20,141.00 3.71%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,135.00 3.32%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.11%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 237.16 5.67%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.14%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.322624 2.05%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.456403 1.53%
  • solanaSolana (SOL) $ 35.78 7.01%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.067371 2.16%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。