ニュース

ブテリン氏はイーサリアムに対するリップルの声明に反撃する

buterin banner news

イーサリアムの創設者であるヴィタリック・ブテリン氏は、「リップルのウェルズ提出の概要」というタイトルで投稿した記事で、イーサリアムとビットコインが「中国で管理されているコイン」という声明について、リップルに反撃しました。ブテリン氏の投稿で、XRPを「新しいレベルの奇妙さに沈んでいる」「シットコイン」と呼んでいます。

「リップル/XRPチームは新しいレベルの奇妙さに沈んでいるようである。彼らは、ビットコインとイーサリアムが「中国で管理されている」ため、*政策上の理由*で彼らのシットコインをセキュリティと呼ぶべきではないと主張している」とブテリン氏は説明しました。

シットコインは、市場で無価値のデジタル資産を指し、仮想通貨の分野で使用される用語です。

以下はイーサリアムとビットコインに言及しているリップルの完全な声明です:

XRPは、オープンソースのブロックチェーンテクノロジーに基づいて広く採用されているデジタル資産であり、非常に確実で完全に機能する通貨市場を備えている。XRPは、三番目に高い時価総額を持っている。ビットコインとエーテルのほかに、SECは中国で管理されている仮想通貨の両方とも証券ではないと主張している。

現在、蓄積した13億米ドルの資産を登録しなかった理由として訴訟を提出したため、リップルラボは証券取引委員会またはSECからの非難に直面しています。証券取引委員会が提起した訴訟に応えて、ブラッド・ガーリングハウス氏はXRPに対する当局の主張に異議を申し立てました。

「XRPを証券として分類している国はない。SECは8年以上にわたって、XRPを通貨として流通することを許可し、政権交代の数日前にこの挙動を起こす動機に対して疑問を抱いている。米国で仮想通貨の明確な規制の枠組みを提供する代わりに、(SEC会長)ジェイ・クレイトン氏は不思議にもリップルを訴えることを決定した—実際の法的行動は次の政権に任せる」と彼は説明しました。

SECとの法廷闘争をしながら、リップルの価値も25%急落しました。トップ3の仮想通貨は現在、Binance、Bittrex、Coinbaseなどの主要な取引所から削除されています。小規模な取引所も直ちに対策を採っていました。

一方、メッサリの共同創設者であるライアン・セルキス氏もXRPに異議を主張し、ツイートで「悪い手足」と呼んでいます。

完全な声明:「リップルPRの前に、私たちはみんな一緒にいる」と主張していた。いいえ、そうではない。必要に応じて、悪い手足を切断する必要がある。」

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 21,354.00 1.37%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,228.51 3.23%
  • tetherTether (USDT) $ 0.999991 0.03%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.24%
  • bnbBNB (BNB) $ 239.66 3.05%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.367165 2.55%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.14%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.510445 5.37%
  • solanaSolana (SOL) $ 40.67 1.44%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.074290 12.45%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。