ニュース

中国、仮想通貨マイニングの取り締まり強化のために業者を雇う

china bitcoin crypto miners

国内の違法な仮想通貨マイニング施設の監視をさらに強化するため、中国の内モンゴル自治区は最近、業者の採用を発表しました。委員会は9月15日、入札を一般公募してからわずか1週間後にMengze Engineering Management Limitedを選定しました。

Mengze社は、46,000米ドルの政府予算で、中国政府が影で活動する仮想通貨マイナーを追及するための情報・対応部隊の設立を支援することを目的としています。今回の計画が発表されたのは、中国のビットコインやイーサリアムのマイナーが密かに再開しているという報告を当局が受けた直後でした。

これは、中国が仮想通貨マイニング領域に対する規制や取り締まりをすぐには緩和しないことを示しており、マイニング事業を完全に根絶するという長期計画をさらに強調しています。

入札文書では、中国内モンゴル自治区が違法な仮想通貨マイニング施設の摘発に関する具体的な情報を求めていることが明らかになっており、少なくとも10分野の概要が示されています。これには、仮想通貨マイニングの生産量、マイニングハードウェアのエネルギー消費量の内訳、オペレーションを排除するための法的根拠などが含まれています。

中国の仮想通貨の締め付けが始まって以来、かなりの数のマイニング事業を行っている中国の7つの省が、特別対策本部を立ち上げました。

South China Morning Post(SCMP)紙によると、中国の河北省は、仮想通貨のマイニングと取引の取り締まりを開始した最新の地域です。この実施の理由は、金融や環境問題から国家安全保障まで多岐にわたっています。

「仮想通貨のマイニングは膨大なエネルギーを消費するため、中国のカーボンニュートラルなピーク目標に反する。その交換や取引は、国家の金融秩序を大きく乱すものであり、金融リスクも大きい。その拡散と広がりは、経済と社会の発展に深刻な影響を与え、国家安全保障を直接脅かすことになる」と河北省のサイバー空間管理局は声明で述べています。

仮想通貨マイニングを禁止する背景には、常に環境への配慮があります。これは、習近平国家主席が2060年までにカーボンニュートラルを達成するという公約を掲げたことで、さらに強化されました。

このように政府が厳しい規制を課しているため、仮想通貨マイナーはマイニングを永久に中止するか、当局に捕まるリスクを負う以外に選択肢がありません。

今後もBTC Postでは、仮想通貨の最新情報や仮想通貨のニュースをお届けします!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,993.84 1.55%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,255.29 2.38%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.15%
  • bnbBNB (BNB) $ 288.47 1.91%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.02%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999598 0.04%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.387460 1.49%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.100861 3.89%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.317063 2.48%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.909743 1.99%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。