ニュース

弾圧が続く中、中国の仮想通貨メディアが閉鎖される

china crypto media outlets banner image

中国の仮想通貨ニュース配信サイト「ChainNews」と「Odaily」が、11月15日と17日にそれぞれダウンしており、政府による仮想通貨の取り締まりの仕業と思われています。別の情報プラットフォームであるBlock123も同様にアクセスできませんでした。

ChainNewsは先週月曜日に、8~10時間続くサイトメンテナンスのためにプラットフォームを停止するというツイートを公開しました。しかし、その後も読者はこのプラットフォームにアクセスすることができませんでした。

水曜日には、Odaily社もメンテナンスを行い、新しいURLでサイトを更新すると発表しました。同日、「Block123」にもアクセスできなくなりました。貨幣に関するニュースサイトやアプリ「CoinWorld」も、7月の閉鎖通知を受けて北京での運営を停止しました。

ChainNews社はCoinDeskへのツイートで、ウェブサイトの更新中もTwitterとTelegramの公式アカウントは継続して活動することを明らかにしました。一方、Odaily社は、Telegramコミュニティへの参加を呼びかけるツイートを掲載しています。しかし、中国では両ソーシャルメディアの利用が禁止されています。

中国の国営メディア「Global Times」によると、中国では仮想通貨のマイニングと取引が厳しく禁止されているため、中国国内の暗号関連事業の約90%が閉鎖されているとのことです。

中国の国家発展改革委員会(NDRC)のスポークスマンであるMeng Wei氏は、「仮想通貨のマイニングは、エネルギー消費量と二酸化炭素排出量が多いのが特徴で、産業の発展や技術の進歩に積極的な役割を果たしていない」とし、「仮想通貨の盲目的で無秩序な発展は、質の高い経済社会の発展、省エネ、排出削減の促進に深刻な悪影響を及ぼす」と述べています。

NCRCは、国全体のエネルギー不足の中で、中国から仮想通貨マイニングの滞留者を排除するという約束を繰り返しました。また、同機関は、仮想通貨マイニングの取り締まりを次の段階に進めることを発表しました。

BinanceのCEOであるChangpeng ‘CZ’ Zhao氏は、Bloombergとのインタビューで、Binanceが2017年に中国から撤退して以来、中国の対仮想通貨戦争についての見解を語りました。

「ブロックチェーン業界の観点から見ると、今の中国では何もできないと思います。実際の規制、実際のブロックは2017年よりも今回の方がはるかに強力です」とCZ氏は語っています。

最新の仮想通貨のニュースや更新情報は、BTC Postでご確認ください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,469.30 1.56%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,062.66 3.25%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.13%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.1%
  • bnbBNB (BNB) $ 216.06 2.1%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.02%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.314382 0.54%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.447831 0.89%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.58 2.19%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065931 2.47%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。