ニュース

Coinbase、リスク管理対策が不足しているとして破綻した仮想通貨企業を断罪

coinbase faults banenr image main blog

仮想通貨取引所Coinbaseは、最近破産保護を申請した企業がリスク管理の基本的な要素を考慮しなかったと示唆しました。

同取引所は、Celsius、Three Arrows Capital(3AC)、Voyager Digitalなどの企業が仮想通貨の強気市場に流され、高リスクの集中につながる措置を展開したと7月20日に公開したブログ記事で述べています。

「我々は、これらの市場参加者が仮想通貨の強気市場の熱狂に巻き込まれ、リスク管理の基本を忘れていたと考えています。ヘッジなしの賭け、テラのエコシステムへの巨大な投資、3ACに提供され展開された大規模なレバレッジは、リスクが高すぎ、集中しすぎていたことを意味します」と同取引所は述べています。

Coinbaseは、最近の仮想通貨市場のメルトダウンに起因する破産申請は、このセクターに永久的な痕跡を残す可能性が高いと述べました。市場のメルトダウンは、規制圧力、高インフレ、テラ(LUNA)エコシステムのクラッシュなどの要因によって加速されました。

仮想通貨のメルトダウンの影響を予測 

興味深いことに、Coinbaseは、リスクコントロール対策の欠如により、会社への影響が予測可能であったことを認めました。例えば、取引所は、一部の企業が短期負債でオーバーレバレッジしていたことを指摘しました。

さらに、Coinbaseは、不十分なリスク管理対策が仮想通貨市場への資本流入を妨げ、それゆえ拡大を阻むかもしれないと主張しました。

「健全でよく機能する金融市場は、あらゆる経済の拡大と持続可能性に不可欠です。我々は、適切に設計されたリスク管理プログラムは、新しい資本の波を先導し、次の拡大を促進するのに役立つと信じています」とCoinbaseは付け加えました。 

市場のメルトダウンに対するCoinbaseの反応  

注目すべきは、Coinbaseが市場のメルトダウンによって影響を受け、事業の再編を余儀なくされた企業の1つであることです。同取引所はその後、スタッフの一部をレイオフするとともに、雇用の凍結を実施しました。

ブログの投稿で、同取引所は、債務超過の道を歩むことを避けるために必要な措置を取ったとユーザーに断言しました。Coinbaseは、その緩和策のいくつかは、厳格なデューデリジェンスを実施し、外部の驚きに備えることを伴うと述べました。

全体として、仮想通貨市場は最近、小さな利益を上げ、2万ドルのレベルを超えて安定したビットコインを筆頭に1兆ドルの資本金を取り戻しました。 

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 24,539.00 2.84%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,997.23 5.98%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.01%
  • bnbBNB (BNB) $ 330.60 2.59%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.08%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.559909 5.68%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.381062 1.24%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999981 0.02%
  • solanaSolana (SOL) $ 47.00 9.96%
  • polkadotPolkadot (DOT) $ 9.52 3.68%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。